自己紹介

東山凛太朗(ひがりやまりんたろう)

1964年4月26日東京生まれ、武蔵高等学校付属中等学校高等部、中央大学を卒業後、商社、通信社を経て、ジャーナリスト・作家に。直木賞を唯一蹴った、作家・山本周五郎は(母親方)の大叔父。

ABBA認定日本公式サイト運営、ABBAの全歌詞翻訳、ABBAのCD・DVDのほとんどの解説書執筆、映画・ミュージカル『マンマ・ミーア!』のライナーノーツ執筆、映画『マンマ・ミーア!』、DVD『ABBAザ・ムービー』『ABBAイン・コンサート』字幕監修。著書に『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』『間違いだらけの家庭教師選び』『やっぱりABBA!』『ABBAザ・ディスコグラフィ』『ABBA、CHESS、劇団四季「マンマ・ミーア!」』がある。

○○にて

電通過重労働幹部発言、中央大学元理事長不正事件、東日本震災メルトダウン、熊本地震レポートなど「年に2回スクープ男」と言われている一面も。尚、未来に生きる子供達の教育にも力を注ぎ、35年間で135名家庭教師と子供たちを教え、120名合格者(令和3年3月現在)を出している。

故・劇団四季創設者、浅利慶太氏より長年可愛がられた。昨年亡くなった女優竹内結子とは(父親方)の縁戚にあたる。本名は竹内恒雄。

・欧州以東における〝唯一〟のABBA研究家・ジャーナリスト(ABBA認定)

・ABBAオフィシャルファンクラブ代表(ABBA公認)

・日本唯一の「家庭教師・塾・予備校・教育」ジャーナリスト(家庭教師会社公認)

・日本唯一の「婚活」ジャーナリスト(結婚紹介所マリーミー代表・植草美幸氏公認)

・35年間家庭教師として135名指導(本物のプロ家庭教師として公認)

・『日本(本物の)プロ家庭教師協会』代表(設立中)

・ミュージカル『マンマ・ミーア!』は世界中で100回観劇、ミュージカル『CHESS』は世界中で30回観劇(誰もが公認)

【趣味】

・世界で一番『ABBAの記事を書いている』とギネス公認も近々あるとかないとか。

・テニス(過去にのべ500名コーチした経験あり)

・司会(結婚式、パーティなどの司会者100組)

・カフェ、読書、執筆

・旅行(ストックホルム、ゴールドコーストお気に入り)

【性格】

・まじめ、正直、純粋、不器用、考え方が柔軟

・明るい(いつも私が入るとどんなに暗いグループも明るくなる)

・僕のそばにいると「いい運をもらって」巣立っていく人がなぜか多い

【周りからの反応】

・今でも37,38歳で十分通用する(事実、40歳を超えてから一度も40代、50代と言われたことがない)

・親分肌、兄貴的存在、中村雅俊『ゆうひが丘の総理大臣』のようだとよく言われる

【希望】

・現在「お嫁さん」募集中!他薦自薦は問いません!!