「ウォーク・ザ・ライン」審査員、「ABBAは時代遅れ」発言で出演者も視聴者はびっくり仰天!?

「ウォーク・ザ・ライン」の視聴者は、あるABBAの名曲がヒットしなかったことで、ツイッターでSOSを送っています…少なくとも審査員の一人にはヒットしなかったようです。

マヤ・ジャマが司会を務めるこの番組は、サイモン・コーウェルがプロデュースするITVの番組で、出場者のグループが50万ポンドの賞金獲得を目指して競い合います。

今夜(12月16日)の放送では、22歳のシンガーソングライター、ジェイミー・ハンナが、スウェーデンのグループのヒット曲「ザ・ウィナー」を自分なりにアレンジして心を込めて歌いました。その際には、素晴らしいグリッターシルバーのスーツを着用しました。

1980年代の曲を超メランコリックにアレンジしたジェイミーの歌声は、4人の審査員のうち3人を納得させました。クレイグ・デビッド、ゲイリー・バーロウ、ドーン・フレンチはこの美しいパフォーマンスに満足しているようでしたが、アレシャ・ディクソンはそうではありませんでした。

ブリテンズ・ゴット・タレントの審査員である彼女は、新コロナウイルス感染予防のため自宅からウォーク・ザ・ラインに参加しました。

彼女がジェイミーのパフォーマンスで問題としたのは 彼の声やステージでの存在感ではありません。ディクソンは選曲を評価していなかったのだ。

彼女は、ABBAのパワーバラードを「時代遅れ」と判断し、Barlowの眉毛が額から離れて天井に向かってしまうほどでした。

https://www.digitalspy.com/tv/reality-tv/a38542024/walk-the-line-alesha-dixon-abba-comment/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。