「レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー」ニューリリックビデオを観てみよう!

ABBAの比類なきカタログを称える、新たに制作された最新のリリックビデオが本日(8日)到着しました。「レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー」のクリップは、Yes Please ProductionsのLucy DawkinsとTom Readdyが再び監督し、クリエイティブ・ディレクター兼コミッショナーのKelly Mahanが監修しています。

この20本のビデオシリーズは3月に始まり、すでに「チキチータ」「恋のウォータールー」「SOS」が登場しています。1年かけて展開されるこのシリーズには、大成功を収めた1992年の不朽のコンピレーション『ABBA Gold』の全曲と、同じく愛されている 「ハッピー・ニュー・イヤー」が収録される予定です。

ベニーとビヨルンが作曲・プロデュースした「レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー」は、カルテットの7枚目のアルバム『スーパー・トゥルーパー』からの6枚目で最後のシングル(世界中で異なるリリースパターンを取って)であった。1980年7月に発売された「ザ・ウィナー」のヒットからほぼ1年後に「レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー」がシングルとして発売されたのは、ABBAが世界的なスーパースターとなり、アルバムがマルチプラチナムを獲得したことが大きい。

このアップビートな曲は、1980年9月にストックホルムのポーラー・ミュージック・スタジオで録音され、リード・ボーカルはアグネタが担当した。この曲にはオリジナル・ビデオはなく、以前のABBAのシングルから編集されたプロモ・クリップが使用された。「レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー」はビルボードのダンスクラブソングチャートで首位を獲得し、イギリスでは7位を獲得した。

21世紀に入ってもグループのカタログのストリーミングとデジタル等価販売が衰えない中、この曲は2020年1月に業界団体BPIによって英国でシルバー認定され、つい最近の6月3日にはゴールド認定を受けた。『マンマ・ミーア!』のサウンドトラックに収録されたオリジナル・キャスト・レコーディングの楽曲は、2021年2月に英国でシルバーに認定された。

Watch ABBA’s Newly-Created Lyric Video For ‘Lay All Your Love On Me’

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。