『マンマ・ミーア!』は究極のサマームービーだ!

ここ数年、夏の超大作は縮小し、ミュージカル映画もすっかり廃れてしまった!スティーブン・スピルバーグに訊いてみよう。ありがたいことに、7月の暑い時期に、汗だくになった気分を盛り上げてくれる夏映画のスタンバイが常にある。

私が初めてこの映画を観たのは、2008年8月中旬の肌寒い映画館であった。席を立つ頃には、『ヘアスプレー』に夢中だった自分を捨て、ザック・エフロンへの愛をドミニク・クーパーへの愛に切り替える準備が整っていた。それ以来、『マンマ・ミーア!』が放映されるときは、最後の混沌とした瞬間でも、映画全体でも、必ずチャンネルを合わせるようになった。

『マンマ・ミーア!』の良さは何なのだろう?何度も見返すうちに、その答えが見えてきた。キラー・サウンドトラック、夢のようなキャスト、垂涎の舞台、マンマ・ミーア!は、映画を夏の定番に変える究極の三拍子が揃っているのだ。

『マンマ・ミーア!』を観たら、少なくとも1曲は口ずさんでみてください。みんな大好きなギルティプレジャーバンドABBAの音楽のおかげで(信じてくれ、みんなABBAが好きなんだ、たとえ嫌いだと言っても)、『マンマ・ミーア!』は名曲揃いなのである。

『マンマ・ミーア!』のヒット曲はもちろんだが、誰もが楽しめる内容になっている。地味なバラードをお探しなら「ザ・ウィナー」をどうぞ。陽気なダンス曲が欲しいならもちろん「ダンシング・クイーン」です。ドリーミーでビーチな曲をお探しなら、「アワー・ラスト・サマー」一択でしょう。

「マネー、マネー、マネー」「スリップ・スルー」「SOS」(最後の曲はピアース・ブロスナンが歌うべきでないが、ストリープと一緒に歌うともっとひどい声になるので絶対にやめた方がいい)を盛り上げるメリル・ストリープが、最高のミュージカルナンバーを担っている。

とはいえ、この映画は基本的にストリープの映画だ。アマンダ・セイフライドはポスターに登場していますが、ブロスナンに向かって風の強い海辺の崖で「ザ・ウィナー」を歌ったでしょうか?いや、もういい!『マンマ・ミーア!』の出演者について、まだ語りたいことがあるからだ。

『マンマ・ミーア!』のスターたちを表現する唯一の方法は、「象徴的」であることだ。エミー賞受賞のクリスティーン・バランスキー、オスカー受賞のストリープ、オスカー受賞のコリン・ファース、ゴールデングローブ賞受賞のステラン・スカルスゲールド、ゴールデングローブ賞受賞のジュリー・ウォルターズがいるのです。『マンマ・ミーア!』の演技にふさわしい賞の評価を受けた者はいない・・・ブロスナンは残念ながらこの映画の役でラジーを受賞したが・・しかし、私の心の中では全員が黄金の像になっている(彼らにとっては本物のオスカーより意味があることは間違いない)。

さて、素晴らしい音楽と比類なきキャストが揃いました。他に何が足りないというのだろう。もちろん、そのすべてにふさわしい背景がある。『マンマ・ミーア!』は、ブーゲンビリアが咲き誇り、青い海が広がる夏のスクリーンだ。ストリープが住む島のホテルは、本人が「ボロボロだ」と言いながらも、その魅力を存分に発揮している。

でも、『マンマ・ミーア!』を繰り返し見ていると、キッチンでフェタチーズサラダを作ったり、屋上でビキニを着て日光浴をしたり、のどかな島へ誘う効果がある。

もし、夏の夜を彩る映画を次に探すなら、『マンマ・ミーア!』のストリーミング配信をお勧めします。『マンマ・ミーア!』は即席の名作であるだけでなく、2時間未満で、筋書きに注意を払う必要さえないのです。『マンマ・ミーア!』は、2時間以内で楽しめる、夏の大ヒット映画なのです。

https://decider.com/2022/08/01/mamma-mia-ultimate-summer-movie/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。