『マンマ・ミーア!ザ・パーティ』ってなんだ?

ビヨルンがプロデュースし、アーティストには、ミハリス・カウツォジャンナキス、スージー・エリクソン、アンキ・アルバートソン、ソフィー・グンナーソン、マックス・ヤンソンなどが参加しています。
内容:ABBAの楽曲をベースにした食事、音楽、ストーリーで、映画『マンマ・ミーア!』のラストシーンのようなパーティの雰囲気を再現します。

ミュージカルをベースにしたショーで、2016年にストックホルムで初演されました。その後、ロンドンでも上演されています。
内容は演劇です。今のところ2022年の春まで。

『マンマ・ミーア!』では、ユーフォリアは常にメランコリーの隣に住んでいます。 それは、愛、青春、旅の思い出が生地に縫い込まれた、忠実なパーティーコスチュームのようなものです。 ABBAサウンドの中核をなすディスコのきらめき、そしてアグネタとフリーダの声が「Don’t shut me down」で再会したときに、かつてないほどの意味を感じさせる儚さ。 2021年には、文化的な生活全体からのアピールも可能になるでしょう。

2016年にこのディナーショーのスピンオフが初めてストックホルムに登場したとき、それはまるで映画のシーンのエコーのようでした。ギリシャの暖かい夜が、最終的にダンスや汗やキスで皆を団結させるたです。

パンデミックの間は、あらゆる意味で考えられないことになった。 しかし今、私たちはここロンドに突然座っている。屋根には星空が広がり、壁には緑が茂り、酒場のロマンスと貸切のキッチュの境界線となっている。
前回からあまり変わっていないが、いくつかのジョークはローカル色を増し、衣装も少し成長し、ショーはより駆け足で放たれ、観客に優しいものになったと感じる。

ストーリーは前回同様、『マンマ・ミーア!』のエピローグで、撮影後に残ったスコペロス島に上陸するというもの。ここでは、障害のある恋を描いたかなり薄い恋愛物語だが、何よりもミハリス・コウトギアンナキスとスージー・エリクソンがそれぞれ居酒屋のオーナーと厨房のマネージャーの役を演じているのが面白い。

ユーモアが長続きするのは、ドラマがほとんどギリシャのABBAの世界でずっと役を演じるための口実だからです。 エキストラと来場者の区別がつかなくなることもあるほど、観客がショーの一部になるというコンセプトは、ちょっとユニークです。 同時に、その美的感覚の幅は、クリスマスそのものに匹敵するほど驚くべきもので、聖なる「holy night」からプラスチック製のツリーの周りに小さく積まれた「The fox rushes over the ice」まで、どのように伸びていくのかを示しています。 しかし、ここでは、ルチアのような列車を経由して、新しいサーカスバージョンの「I’m A Marionette」にスライドし、さらに、爆音のエレクトリック・ギターと濡れたTシャツの80年代のノリに向かって、最終的には剥き出しの「The winner takes it all」に着地します。 これは本当に非常識な組み合わせですが、音楽と記憶が見えない網の目のようにすべてをつなぎ合わせているので、うまくいっています。

数ヶ月前のABBAの新曲が、戦争、気候危機、共産主義といったコンパクトなニュースの流れを切り裂く一筋の希望となったとすれば、今回の作品もまた、ある程度はトンネルの終わりの光となるでしょう。 なぜなら、最終的にすべてが紙吹雪とダンスで爆発するとき、あなたは「ダンシング・クイーン」「ヴーレ・ヴー」「ギミー!ギミー!ギミー!」と一体化するでしょう。 もちろん、子供じみた行動を禁止するようなことは微塵も感じられませんが、それでも新しいディオニソスの時代の始まりのような気がします。
3つのピーク
– ビヨルンは、「恋のウォータールー」の歌唱を中断して、それが愛のひどく悪い比喩であることをジョークにして、観客を驚かせる。
– 「アイ・レット・ザ・ミュージック・スピーク」「アイム・ア・マリオネット」「ザ・ウィナー」を、真っ暗な星空から、パイロ、ニューサーカス、エレクトリックギターで想像を絶するほどの爆音で盛り上げる旅にどう織り込むか。
– ギリシャに限りなく近い、美しく、ほとんど気まぐれな風景も、この体験の大きな要素です。

Recension: Mamma Mia! the party är ett ljus i mörkret (expressen.se)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です