『マンマ・ミーア!ザ・パーティ』にビヨルン登場!!

好調なABBAパーティの初開催 – ビョルンが予期せぬサプライズで登場
ABBAのパーティーは、ストックホルムで成功を収めた4年間と同様に、人生を肯定するような素晴らしいものです。
しかし、ビヨルンが予期せず登場し、アーティストの一人にABBAの新曲を歌わせたのは、確かに一生に一度のことだった。

ヨーテボリのロンドでのショー。 音楽と歌詞。

ベニー、ビョルン、スティッグ・アンダーソンとの共演もあり。

ストーリー Calle Norlén, Roine Söderlundh.

監督: 監督:ロイーネ・セーデルランド

おそらく何年もプレイされるだろう
誰もがパーティーに憧れます。 ABBAが40年ぶりに曲を発表してから数週間後に行なわれたこのショーは、制約の後のオープニングとして、これ以上ないほどふさわしいものでした。
ストックホルムのチロルでは、このパーティーショーは4年間、800回以上の公演が行なわれました。 このショーはロンドンでも再開されました。ロンドンでは、パンデミックですべての楽しみが失われる前に規制が解除され、最近復活したのです。
ヨーテボリでは、待ちに待ってNikos Tavernaが作られました。とても美味しく作られていて、まるでギリシャの群島の中にいるような気分になります。

1,355クローネというと高く感じるかもしれませんが、これは良いコンサートのチケットとパブでのまともなディナーの値段と同じくらいです。 ここでは、すべてのものが一度に手に入ります。 美味しいギリシャ料理の数々、ダンスや歌を披露してくれるスタッフ、バーや噴水、テーブルの間、バルコニーなど、あらゆる場所でパフォーマンスを披露してくれるアーティストやミュージシャンたち。 空中ブランコもあります。 そして、誰もがABBAを歌い、ギリシャの民族音楽ならBAOのようなミュージシャンが登場する。
筋書きは単純だ。 映画『マンマ・ミーア!』の続編といってもいい。 キッキ(アンキ・アルベルトソン)は、ギリシャの群島で映画のレコーディングに取り組んでいた。 レストランのオーナーであるニコ(ミハリス・コウトギアンナキス)と恋に落ち、そこに滞在。 息子のアダム(マックス・ヤンソン)を連れてきた。アダムはマヨルカでツアーガイドをしていたときに一夜限りの恋をして生まれた。 彼とニコの娘コンスタンティナ(ソフィー・グンナルソン)は恋に落ちた。 ニコスと彼の母(ニキ・ケレクリドゥ)を困らせるが…。

すべての感情はABBAの歌で表現される
愛するカップルは恩知らずな役柄で、ほとんどが恋に夢中になっているように演じなければならず、ユーモアはありません。 しかし、ギリシャのレストランのオーナーに選ばれたKoutsogiannakisやAlbertsson、レストランのマネージャー役のSussie Erikssonは、何度も公演を重ねるうちに、Calle Norlénの書いたジョークに磨きをかけ、様々な楽しい即興を披露するのが上手になりました。
4時間近くも続く、素晴らしく人生を肯定するようなABBAのパーティーです。 バング・フォー・ザ・バックス。 そしてこの初演は、ビヨルンが予期せぬ登場をしたことで、もう少し  彼は2、3分ほど話をして、「恋のウォータールー」の自分の歌詞を冗談めかしてソーイングした後、「一緒に歌うことができない曲を-まだ」紹介した。
「まだ」と言っておこう。 ギタリスト/シンガーのミヤ・フォルケソンは、「Don’t shut me down」の完璧なバージョンを作った。

Mamma Mia! The party på Rondo i Göteborg – recension (aftonbladet.se)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。