『ABBA VOYAGE』差し迫る「興奮」と近づく「緊張感」の中で!

ABBAが『ABBA Voyage』公演のオフィシャルイメージを公開しました。


ABBAは昨年11月に40年ぶりのアルバム『Voyage』を発表し、5月27日からロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークで一連の「革命的」なコンサートを開催する予定である。

昨年末、この作品の魅力的なファーストトレーラーを公開したABBAは、今回新たに4枚の写真を公開しました。

アグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダの4人のメンバーです。

昨年9月、『ABBA Voyage』ショーのプロデューサーはNMEに、「魔法のスペースサーカス」と表現されるショーに何を期待するかについて語った。

Ludwig Anderssonは「これは基本的にステロイドのコンサートです」と説明しました。Ludwig Anderssonは続けます。「このABBAターがどんなに技術的に優れていても、これは決して技術だけのものではありません。すべての音楽がそうであるように、魂へのオープンハイウェイを維持する必要があるのです。私たちは、その感情に働きかける必要があるのです」「観客が何かを感じられるようなものでなければならない。私たちは、その感情を高め、私たちが自由に使えるものすべてを使って、それを11に上げようとしているだけなのです」。

今度の『ABBA VOYAGE』ライブでは、いわゆる「ABBAtars」が10人編成のライブバンド(クラクソンズのジェームズ・ライトンの協力で結成され、リトルブーツが参加)と共に、ABBA Arenaという3000人収容の新しい専用会場でパフォーマンスを行なう予定である。

この野心的なプロジェクトに参加したことについてNMEに語ったリトル・ブーツ(別名ヴィクトリア・ヘスケス)は、ABBAと一緒に仕事をするのは「本当に感動的」だったと語り、自分はABBAの「メガファン」であると語った。

「私はディスコの大ファンだから、その曲作りが認められて一周回って嬉しいわ」”と彼女は説明した。「ABBAは今、私たちの芸術の歴史の中で伝説的な存在です」。

別のインタビューでライトンはNMEにこう語っている。「挑戦でしたが、楽しいものでした。私は彼らのバンドのファンとして気になります。もし自分が参加するのであれば、正しくやりたいと思ったんだ。このバンドは、オリジナルのラインナップと同じくらい良いものとしてステップアップしなければならなかったんだ」。

ビヨルンは最近、ABBAのカムバックは「計り知れないリスク」だと考えていると語り、こう付け加えた。「時々、朝の4時に目が覚めて『一体俺たちは何をやってしまったんだ』と思うんだ」。

ビヨルンはサンデー・タイムズ紙に、他のミュージシャンも『Voyage』の番組をよく見ているだろうと予想している。「多くのアーティストが僕らを研究することになるだろうね、間違いなく」「名前は挙げないけど、何人かは思い当たるよ」「誰が最初になるんだろうね。コメントすることはできないよ」。

『ABBA Voyage』は5月27日にロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークで開幕します – チケットや詳細情報はこちらでご覧いただけます。

New images revealed of ‘ABBA Voyage’ digital avatars

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。