【レビュー】ABBA Voyageコンサートレビュー

ABBAが何年も何十年もかけて自分たちのブランドを築いていくのを見るのは興味深いことだ。1983年にグループが別々の道を歩んだ後、市場には『Golden Hits』『The Story of ABBA』『Hits Hits』『Absolute ABBA』等と名付けられた安っぽいコンピレーションが徐々に溢れるようになった。その頃、個々のバンドメンバーが心配していたのは、ABBAのレガシー(ティム・ライスと作ったベニー&ビヨルンのミュージカル『CHESS(チェス)』のような様々なプロジェクトで忙しかった)だったので、グループの録音作品に関する何らかの「戦略」となると、ほとんどチェックアンドバランスがなかったのである。小切手さえあれば、誰でもABBAのヒット曲をコンピレーション用にライセンスすることができるように思えたのです。あまりに多くの楽曲が、お粗末な形で発表されたため、ABBAはむしろ悪い印象を持たれてしまった。ウーリーズの棚に並んだ粗悪なコンピレーションは「バーゲン・ベースメント」と叫ばれ、あまり良い印象は受けませんでした。

ポリグラムがポーラー・ミュージックを買収した後、1990年代初頭に変化が起こりました。Polarは1963年にスティッグ・アンダーソンとBengt Bernhagによって設立されたスウェーデンの小さなレーベルでした。彼らはABBAで大成功を収め、バンドの世界的な人気を獲得しましたが、国際的な経験のない小さなレーベルであったため、彼らの(賢明な)モデルは、ABBAのアルバムのリリースを世界中の他のレーベルにライセンスアウトすることでした。ポーラーは、活動停止後のコンピレーションのためにスタジオ録音をライセンスアウトすることに罪悪感を抱いていたが、結局1990年代初頭にライセンスは失効させられ、すべてを支配するひとつのコンピレーションのためのデッキを片付けることになったのだ。『ABBA Gold』である。

ポリグラムの幹部は、すべてのヒット曲がシンプルに、そしてプロフェッショナルにパッケージされた1枚のCDコレクションには、強さと魅力があることを認識していた。また、人々のABBAに対する認識も変わりつつあった。1992年夏にはErasureが「Abba-esque」EP(ABBA Goldの3ヶ月前に発売)で英国ナンバーワンシングルを獲得し、1994年には2本の映画(P.J. HoganのコメディドラマMuriel’s WeddingとStephan ElliottのThe Adventures of Priscilla, Queen of the Desert)で、ABBAの音楽を大きく活用し国際的に成功を収めることができた。アメリカではグランジが、イギリスではブリットポップが流行し、ABBAが再びクールになったというのは大げさだが、ベニーとビヨルンがポップソングを書く方法を知っていると指摘し、自分はABBAがかなり好きだと言うことはもはや社会的に許されないことではなくなったのだ。

1999年のミュージカル『マンマ・ミーア!』は、すべてを次のレベルへと押し上げた。四半世紀近く経った今でも、このいわゆるジュークボックスミュージカルは、ロンドンのウエストエンドで上演され、世界50カ国以上で上演されている。この作品は2本の映画を生み、そのうちの1本は、英国で歴代13位の興行収入を記録した映画です。『マンマ・ミーア』は、文字通り何十億ドルもの収益を上げている。ABBAは人気だけでなく、今や金儲けの産業になっていたのだ。

4人のメンバーはこの成功を喜んだに違いないが、一つ重大な問題があることをよく理解していた。新しいミレニアムを迎え、今やABBAに飢えた一般大衆は、1970年代に彼らが愛したヒーロー、アーティストのライブを見ることに非常に慣れてきていたのである。ポール・マッカートニー、ザ・フー、エルトン・ジョン、ローリング・ストーンズのようなアーティストたちは、世界中のスタジアムやアリーナで最高額の料金を支払って演奏し、ファンをタイムスリップさせて大きなノスタルジアの旅をさせてくれた(もちろん、「新しいアルバム」からも数曲演奏してくれたが…)。クイーンでさえ、ABBAのように過去20年間に重要なブランド構築を行ってきたが、完売のライブを行うことに成功している、しかもフロントマンのフレディ・マーキュリー抜きで!

しかし、ABBAは断固とした態度で臨んだ。彼らは再びライブをすることに興味はなかったし、今もない。多くの人が気づいていないのは、全盛期のABBAでさえ、比較的頻繁にツアーを行なっていたことだ。驚くべきことに、イギリスでの彼らの成功の度合い(彼らは9回イギリスのシングルチャートでトップに立った)を考えると、1974年にユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝してから1983年に活動停止するまでの間に、彼らはイギリスで15回しかお金を払う観客の前でライブをしなかった!これは、彼らが自分たちのことを自分たちの音楽だと考えていたことが大きい。これは、彼らが自分たちをスタジオ・バンドだと考えていたからであり、プロモーション・ビデオは、レコードを買う人々の前に出るための好ましい方法となった。特にアグネタは、小さな子供を育てながらツアーをするというチャレンジを楽しめなかったのだ。全盛期から45年、4人のメンバーは70代になり、「昔のABBA」のステージを見たいとは誰も思っていないし、必要とも思っていない、ましてや自分たちなど!という結論に達した。

もちろん、それでもファンからの要望やプロモーターからの再結成とツアーのオファーは止まりませんでした。そこで6年ほど前、メンバーがいなくても何らかのライブができるのではないかというアイデアが持ち上がった。その代わりに、ABBAの「ABBAター」、つまりグループのデジタル版みたいなものが、ライブの観客の前で自分たちの曲をステージで演奏できるかもしれない、というのです。ABBAは完全に納得していたわけではありません – 彼らはこのアイデアが「極めて曖昧で不正確な表現」だと思っていました – しかし、「(このアイデアを)追求し、それがどこにつながるか見てみたいという強い衝動」があったことは認めました。

過去にもアーティストをホログラムで表現したことはあったが(10年前、アメリカのラッパー、トゥパック・シャクールは死後16年経った2012年のコーチェラ・フェスティバルでこの形で登場した)、「ABBAtars」として知られるものはホログラムではなく、それをはるかに超えたものになるであろう。ABBAtarsは、ベニー、ビヨルン、アグネタ、フリーダを非常に細かくデジタルで再現し、3次元で表現し、照明と環境を正確に制御することで命を吹き込むものです。最大の課題は、その技術が存在せず、既存の会場で上演できるようなショーではないことがすぐに明らかになったことです。ABBA Voyageは専用のアリーナを必要とし、人々はこの会場まで足を運んでマジックを体験しなければならない。

プロデューサーのルドヴィグ・アンダーソン(ベニーの息子)とスヴァナ・ギスラ(ベニーの息子ではない)は、1970年代にジョージ・ルーカスが設立した映画視覚効果会社インダストリアル・ライト&マジックをプロジェクトに招き、多くの研究開発が行われた。その結果、同社の100人の「マジシャン」と「優秀な科学者」がストックホルムで5週間を過ごし、ABBAの4人のメンバーと直接作業をして、モーションキャプチャースーツやその他の関連技術によってABBAtarsに命を吹き込むことに成功しました。このプロジェクトには1億4,000万ポンドが費やされたと伝えられています。彼らはそれを成し遂げることができたのか、それともABBAのグレイビー・トレインが急停止して、ホワイト・エレファント(とキャッスル)という駅の側線に停車してしまうのか。リスクは非常に大きい。

ABBA Voyageの初公演に参加したが、本当に壮観な夜で、見事なライブ・スペクタクルであることを報告したい。ABBAtarsが驚異的に優れていることは、信じられないような、思わず息をのむような、万雷の拍手、多くの叫び声、涙、パートナーや仲間を見つめ、「見ているものが信じられるか」と興奮しながら笑う観客の反応からも確認できた(私がこのレベルの会場内ラブを経験したのは、2014年8月にハマースミス・オデオンでピクセルフリーのKate Bushがステージ上を歩いていたときだけだ)。

ABBA Voyageは、ある種のワンダーランドのようなものだ。90分間、あなたは信じられないことを信じている。この夜を楽しむには努力が必要なのではと懸念していたが、実は不信感の停止は簡単なのだ。なぜか?なぜなら、全盛期のABBAが目の前に立っているのだから。脳は現実ではないと言いたげだが、あなたの心は、愛、喜び、後悔、悲しみといった感情のデータバンクは、オーバーロードでトリップしているのだ。あなたの人生のサウンドトラックが、目の前で点滅しているのです。この夜は、感情的にも(ハンカチを持って)、肉体的にも(ダンスシューズを持って)、あなたを感動させることでしょう。

ABBAのスターたちは、まるで本物のようだ。左はギターのビヨルン、右はピアノのベニー、真ん中はアグネタとフリーダ。彼らは互いの周りを動き回り、腕を相手の肩に回す。髪の毛は宙を舞い、スカートは吹いてひらひらする。6500万画素のフラットスクリーンに映し出された映像を目の当たりにしているとは、とても思えないし、最終的にはどうでもよくなってしまう。私はまだ信じられません。ショーが始まると、3000席のアリーナの照明はとても低くなります。しかし、一緒に座っている人が見えなくなるほど低くなるわけではありません。しかし、他の観客と一緒にABBAを歌い、泣き、踊るという共同体験は、プロデューサーのスヴァナ・ギスラにとって非常に重要であり、私もその理由を理解しています。真っ暗だと孤立してしまいますからね。このようなディテールの違いが、すべての違いを生むのです。

ちょっと無機質に聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。音楽はすべて専属のバンドによる完全な生演奏です。ステージの左側、ABBAターがいる場所の少し下にいるバンドがよく見えることもあれば、ABBAに焦点が当たって、バンドはまるでウエストエンドのミュージカルのピットにいるオーケストラのように隠れていることもある。ボーカルについては、ABBAが歌っているのでライブではありませんが、マルチトラックからボーカルステムを取り出したわけではなく、新たに録音されたように聞こえます。しかし、ここで重要なのは、彼らのサウンドは素晴らしく、あなたが知っている大好きな歌を正確に再現している一方で、誰かがABBAのゴールドのCDをバックにかけるようなことはないということです。

ショーは非常に注意深くシークエンスされ、構成されています。1981年の『ザ・ヴィジターズ』のタイトル曲(イェーイ!)の脈打つシンセサイザーが流れ始め、4人のメンバーが光のビームでシルエットになると、ショーの盛り上がりと始まりは当然ながらとてもエキサイティングなものになります。また、アリーナの壁の半分近くを囲む巨大なスクリーンは、従来のコンサートで見られるスクリーンの役割と同じように、ステージ上のABBAターの「クローズアップ」を映し出すこともあります。

いくつかの曲では、ABBAtarsはステージ上にまったく存在せず、むしろ巨大なシームレススクリーンの周りに彼らのビデオスタイルの投影を見ることができます。これは「ノウイング・ミー、ノウイング・ユー」のパフォーマンスで最初に起こり、その後「レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー」では「TRON」スタイルの衣装(昨年のABBA Voyageアルバムの限定版のパッケージで見られたもの)を着たグループが映し出される。しかし、後で考えてみると、これは実にうまいやり方だった。プロデューサーとディレクターのBaillie Walshは、あのABBBtarsを「生で」見ることのできる「魔法」を効果的に滴下しているのである。テンポをコントロールして、見ていて飽きないように蛇口をひねったり消したりしている。考えてみると面白いことです。ペット・ショップ・ボーイズのニール・テナント(クリス・ロウだったかな)が、「コンサートで一番盛り上がるのは、最初にステージに上がるときで、そのあとは坂道を転げ落ちるようなものだ」と言ったことがあります。彼の言うことは、ある程度は正しい。ピンクフロイドが1990年代にレーザーを使いまくり、U2やロジャー・ウォーターズが最近華やかな視覚効果を駆使しているのには理由がある。ステージ上の4人を見ているだけでは、たとえそれが素晴らしいABBA(のスター)であっても、その間は退屈になるかもしれない。ライブで演奏される曲を聴くことも大切ですが、視覚的な刺激も大切で、ABBAは印象的で象徴的なプロモビデオがあるように、常に視覚的なバンドでした。

そのため、時々、曲はアニメーション(例えば「イーグル」や「ヴーレ・ヴー」)を伴っていたり、ABBAのメンバーが実際のサイズではなく大きなスクリーンで「ステージ」(注意:これはすべてスクリーンなのだ!)に映っていたりするのだ。「レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー」と「サマー・ナイト・シティ」の間には、大画面の映像とバンドオンステージの間の移行が見られる息を呑むような瞬間があり、それはむしろあなたの心を混乱させるものです。

また、プロデューサーはステージ上のパフォーマー(ABBAtarsのことです)の「現実」を尊重しています。例えば、見事な「ダンシング・クイーン」がそのままショーの締めくくりとなる「ザ・ウィナー」につながるが、バンドは全員同じ衣装を着たままなのは、着替える機会がなければ、それこそ実生活でもそうだからだ。前述のように、アニメーションやプロジェクションもこの目的のために役立っており、パフォーマーが「ステージの外」で衣装を変える時間を確保し(これについてはショーの中でジョークがあります)、再び彼らを見たときに新しい衣装の意味を理解することができます。目の前でボタンをクリックするだけで衣装が変わるような技術もありますが、それでは不信感が払拭されませんから。

このショーは、照明と効果の点でも見事です。アリーナに座って、何もない空間から舞台上の4人の人物をただ見ているということはほとんどありません。会場内には様々な質感や層があり、それが体験を盛り上げ、間違いなくABBAtarsの外観を引き立てる役割を担っているのだろう。ドライアイスのように光る柱、暖かく輝く光のビーズなどがあり、しばらくすると何が本物で何が本物でないかを確認するのに苦労するほどです。

不満な点は?いくつか、肩の力を抜いて楽しめるものがあります。若い」ABBAが「Don’t Shut Me Down」や「I Still Have Faith In You」を歌うのは意味がわからないが、そもそもこれらの曲は失われたABBAの名曲のように聞こえるので、それで済んでいるのだろう。巨大なスクリーンは、彼らが演奏するABBAtarsを「撮影」して映し出すのですが、時折、私たちが「ステージ上」で直接見ることのできる人物よりもABBAが「リアル」でなく見えてしまうことがあります。「I Still Have Faith In You」でバンドがスパンコールのついたキラキラした衣装を着ていたとき、「ビッグスクリーン」では、冒頭のいくつかの曲よりもずっとよく見えたと思うのです。アリーナは比較的親密な雰囲気で、ABBAtarsが演奏しているときにはスクリーンは必要ないほどでした。また、ABBAtarsがもっと近くで、正面から、あるいは別の角度から、どのように立ち上がるのか、ぜひ見てみたいと思います。

ショーの間、ABBAの各メンバーはちょっとしたソロ・スポットを持っていて、そこで観客と話したり関わったりします。しかし、本物のパフォーマーであれば、その音を静めるために一時停止することが何度もあったのに、ABBAtarsはもちろんそんなことはしないので、彼らは話し続け、観客の興奮のために彼らが話すことを少し見逃してしまうのです。1974年のユーロビジョン。ソング・コンテストでイギリスが「恋のウォータールー」に「null points(無効点、0点)」を与えたことをビヨルンが観客に思い出させる楽しいコーナーがあり、その後に当時のパフォーマンスの映像が流れる。私は、これがきっかけとなって、1974年当時の格好をしたABBAtarsがこの曲を「続けて」演奏するのではないかと思っていたのですが、そうはいきませんでした。歴史の一部を再現する機会を逸したような気がしました。プロデューサーは、それではギミックが多すぎると思ったのかもしれない。

セットリストが堅いままなのか、それとも収録曲の微調整や実験をするのか、興味深いところです。「マネー、マネー、マネー」「スーパー・トゥルーパー」「きらめきの序曲」「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」「テイク・ア・チャンス」など、大ヒット曲がたくさんあるのですが、「マネー、マネー、マネー」「スーパー・トゥルーパー」「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」「テイク・ア・チャンス」などは欠番になりました。少なくともこれらの曲のいくつかはABBAtarの演奏にしたのではないかと思うほどである。

ショーの内容だけでなく、全体的な体験がスムーズで楽だ。ABBA Voyageアリーナはイーストロンドンのストラットフォード近くに建設され、文字通りDLR(Docklands Light Railway)鉄道網のPudding Mill Lane駅に隣接している。ここは現在、(2012年ロンドンオリンピックのおかげで)再生中のクリーンでモダンな地域です。私はショーが始まる30分前の午後7時15分に到着しましたが、周りにはたくさんの人がいましたが、中はガラガラで、施設は素晴らしく、バーやトイレに行列ができないほどたくさんありました。だから、有名なコンサート会場では、好きな曲を演奏している間、飲み物を買うために15人も待たされるような地獄はないのである。歳をとればとるほど、こういうことが大事になってきますね。また、ショーが終わるのも午後9時半と早いので、終電を逃してパニックになることもない。

結論から言うと、ABBA Voyageは体験すべき旅である。テクノロジーは驚きを与え、ショーは観客を喜ばせる大成功を収める。私は若すぎて1970年代のABBAのライブを見ることができなかったが、不思議なことに、この新しいショーは同じコンサート体験に純粋なマジックの層を追加したものであり、それよりも優れているに違いないと思う。

というのも、同じようなコンサート体験に、さらに純粋なマジックが加わっているからだ。「今まで見た中で一番良かったかもしれない」と、ショーの後、電車の中でおしゃべりをしていた女性が言った。今回ばかりは、「他にはないコンサート」という宣伝文句が的中してしまった。

https://superdeluxeedition.com/reviews/abba-voyage-concert-review/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。