【レビュー】ABBA VOYAGE – めくるめくレトロフューチャーの祭典

権威主義者が反体制者を恐れてドアを叩く、氷のようなエレクトロニック・トラック、「ザ・ヴィジターズ」から始まります。この曲のリードシンガーであるフリーダは、ご存知のように今夜のステージには登場しない。彼女とバンドメンバーは、スターウォーズやマーベル映画で知られるILM(インダストリアル・ライト&マジック)の緻密なCGIで作られた3Dレンダリング作品である。

しかし、フリーダの臨場感は半端じゃない。髪のうねり、歯並び、1979年のダンスの信憑性など、すべてがABBAファンの期待を裏切り、このシュールな「航海(VOYAGE)」に旅立ちたくなるようなものだ。

スタジオジブリや2012年のゲーム『Journey』を彷彿とさせるアニメのビデオクエストとして展開される「イーグル」。パフォーマー」が「衣装を変える」と言われている間、航海のテーマを水増しする以上のことを、アニメーションがここでやっているのかどうかは不明だ–このライブを現実っぽく感じさせる多くの小さなペーシングの1つである。しかし、それはABBAが現代のオーディオビジュアルを動かす者として理解されたいという願望に関係していることは確かで、彼らはそれを達成し、さらにその上を行く。

この曲では、4人の70代の若者が、スウェーデンの軽快なエンターテイメント集団と誤解されがちですが、光り輝くトロンのスーツとエレクトロニクスへのこだわりで、3Dのクラフトワークのロボットを凌駕しようと真剣に取り組んでいます。ベニーによる教会風のオルガンの下には、初期のデペッシュ・モードが誇るシンセサイザー・ラインがある。

Abba Voyageの大部分は、もちろん「チキータ」「悲しきフェルナンド」「マンマ・ミーア」「恋のウォータールー」など、過剰なプレイリストに費やされている。これはギグというより、7時45分開始の劇場公演であり、マチネーもある。このプロダクションは、世界最大のバンドの一つである彼らの全盛期のエッセンスを、若干のガラスのような表情はあるものの、実に多く再現している。120台のモーションキャプチャーカメラで撮影された4人の演奏映像は、1000人のアニメーターによってデジタル化され、65mピクセルのスクリーンに映し出されます。3,000人収容のこの会場は、折りたたみ式で、他の場所に輸送しても比較的二酸化炭素排出量が少なくなるように設計されている。サラウンド・サウンドは素晴らしく(291個のスピーカー)、10人編成のバンドは70年代、80年代のボーカルに肉薄し、生き生きとしています。下降する光のロープは、Four Tetの魅惑的で没入感のあるレイブショーから100万マイルも離れてはいないでしょう。

しかし、最も重要なのは、最終的な数字である。このベンチャー企業が収支を合わせるには、1億4,000万ポンドを回収する必要があります。このプロジェクトは、企業スポンサー、ブランド、広告の不在が目立つ、非常に高価な事業となっています。これまで、私が見た最も未来的なエラソーなギグは、2020年のビリー・アイリッシュの拡張現実ライブストリームで、巨大な高級車がステージを「疾走」し、その代償の一部を負担したのは間違いないだろう。このノスタルジックで未来志向のサーカスを、いずれは別の場所に運ぶことになる船会社がスポンサーなのだ。

ABBAの21世紀型トラベリングショーを真似する大物アーティストが現れるかもしれない、と考えるのは当然である。しかし、ABBAの懐の深さ(『マンマ・ミーア!』の数百万ドル規模か?)と細部にまでこだわったクリエイティブ・コントロールにより、少なくともこれほど確かな足取りでこの探求に取り組む人は少ないだろう。

Voyageは、マダム・タッソーにゴーファスターのストライプをつけたようなものではないのだ。北欧の上品さが、建物の外壁のパイン材から曲そのものに至るまで、あらゆるところに作り込まれている。

「ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン」と「ザ・ウィナー」は、マシンの中の亡霊が歌っているようでありながら、その殺伐とした代償を支払っている。また、アラン・パートリッジのテーマ曲「ノウイング・ミー、ノウイング・ユー」の誤用は、その破片のような痛々しさの多くを取り戻している。目を見張るような処理は、ABBAのメンバーが分裂し、抱き合い、再びバラバラになる、鏡の回廊のようだ。

https://www.theguardian.com/music/2022/jun/04/abba-voyage-review-a-dazzling-retro-futurist-extravaganza

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。