【再報告】ABBAを支援する企業がSwedish House Mafiaの楽曲の権利を購入

ABBAのメンバー、ビヨルンが設立したスウェーデンのポフハウス・エンターテインメントが、エレクトリック・ミュージックのパイオニア、スウェディッシュ・ハウス・マフィアのバックカタログを取得したと発表した。

ABBAがロンドンで開催予定のバーチャルコンサート『Voyage』や『Mamma Mia the Party』、ストックホルムでの「Avicii Experience」などのイベントを手がけるPophouseは、Swedish House Mafiaのマスターレコーディングと出版カタログを取得したと発表した。

今後、メンバーと共にジョイントベンチャーを設立し、Swedish House Mafiaブランドを世界的に展開していく予定です。

David Bowie、Neil Young、Shakiraなどのチャート上位のアーティストが楽曲の権利を売却しており、販売やマーケティングによる将来の収入は、アーティストではなく新しい所有者に入り、一回限りの支払いが行なわれることになる。

2012年にリリースされた「ドント・ユー・ウォリー・チャイルド」が最大のヒット曲となったスウェディッシュ・ハウス・マフィアは、4月にニューアルバムをリリースし、7月からワールドツアーを開始する予定だ。

Pophouseは、楽曲の権利にいくら支払ったかは明言しなかった。

https://www.reuters.com/lifestyle/abba-backed-firm-buys-rights-swedish-house-mafia-songs-2022-03-29/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。