【評論】ABBAについてのガーディアンの見解「40年経っても部屋をロックする」

『マンマ・ミーア!』が再開したのはGOODニュースだ、いやいや「論点」が違う。ABBAが再結成アルバム『Voyage』のプロモーションのため、来週の金曜日に再びステージに立つのだ。このスタジアム・ショーは、ロック界の恐竜に関する古いジョークをすべて回避し、最先端のホログラフィック技術を使って彼らが曲を歌うところを撮影し、1970年代の全盛期と同じレトロスタイルに仕上げるというものだ。だから、実際に彼らがそこにいるわけではないのだ。

この番組の制作チームは、ABBAの「魂」をとらえるには5週間の撮影で十分だと息巻いていた。アルバム自体の評判が芳しくなくても、6ヶ月間の公演のためにロンドン東部にある特注のスタジアムに信者が押し寄せ、ABBAターが生バンドと一緒に演奏するのです。1974年のユーロビジョン・ソング・コンテストで「恋のウォータールー」を歌って優勝して以来、ABBAは批判されにくいバンドになった。ガーディアン紙は、彼らの最新アルバムを「音楽は結構だ」と評している。しかし、ABBAの曲は誰もが知っている。ジュークボックスミュージカル『マンマ・ミーア!』はウエストエンドで6番目に長い歴史を持つショーであり、それを原作とする映画は、英国で興行収入第20位を記録している。

ヴォヤージのコンサートが新たな前例を作ると信じている人は、過去の試みを参考にすべきだろう。1986年にデイブ・クラークがウエストエンドで上演したミュージカル「タイム」では、ローレンス・オリヴィエ卿が高さ3mのホログラムとして舞台に蘇るという不運な出来事があった。ハイジを題材にしたロック・ミュージカルのためにアルプスを再現しようとする者が現れるまで、これはミュージカル界で「山のようなスペクタクルとモグラのような内容の最もセンセーショナルなコントラスト」だったとNew York Times紙は論評している。

しかし、時代は変わり、時代精神をとらえるのが得意なABBAは、またしてもそれをやってのけたのかもしれない。この2年間で、ライブの映画館上映ですでに起こっていたハイブリッド文化への移行が加速された。テクノロジーの面では、オペラやバレエ、演劇を舞台の前に数台の固定カメラを置いて録画するという、パンデミック以前のアイデアが前時代的と思えるほど、急速な技術革新の時代であった。

2020年にデュア・リパが試行したライブストリーミングコンサートのような実験が常にうまくいくとは限らないが、それが放棄されるのは残念なことである。バーチャルな「ライブ」イベントへの動きは、個人のリスクや炭素経済についての進化した考えと合致する。ABBAのメンバー4人は現在70代。彼らやその側近は、飛行距離を稼いだり、毎夜、新たなバイラルに身をさらすことはないだろう。スパンコールとスペクタクルの割には、ABBAのスタジアムのステージには10人のミュージシャンしかいないのです。そして、より具体的なエンターテインメントを求める1970年代のノスタルジストのために、エルトン・ジョンが常に存在するのです。

Voyageは革新的な行き止まりかもしれないが、その真価は、ライブとは、その場にいる人々が一緒に楽しい時間を過ごしたいという欲求からエネルギーを引き出す共同体のイベントであることを思い出させることである。歳をとらないアイドル4人組と一緒に、再びダンスシューズを履くことができるのは、多くのファンにとって嬉しいことだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。