なぜABBAのカムバックはイギリス以外で全く盛り上がらないのか?

ABBAのカムバックからすでに1ヶ月が経過したが、盛り上がっているのはイギリスだけで、日本を始め、音楽大国アメリカなどでは全く盛り上がっていない。どうしてだろうか?

ここに一人の音楽ファンの意見がある。興味深いので今回はそれを取り上げることにしよう。

私はノスタルジアを嫌うわけではない。それどころか、私は年齢的にも世代的にも(もうすぐ60歳になるX世代)、ノスタルジーに浸っています。

デヴィッド・ボウイ、ルー・リード、ビートルズなどの祭壇を崇拝しています。ディラン・ブートレッグ・シリーズのリリースには必ず参加するし、最近ではチャーリー・ワッツが最後のドラムを叩いたときには涙を流したことも認めます。私は、自分が考えるオズ・ミュージックの黄金時代に夢中になって本を書いています。だから、他の多くの西洋人と同様に、ポップスの巨人ABBAが、誰もが彼らの “破滅 “を想定していた時期から約40年後に再登場したことに、ちょっとした興味を持っていた。

個人的なプレイリストでは必ずしも上位ではないかもしれませんが、彼らは結局のところ、「悲しきフェルナンド」「マンマ・ミーア」「SOS」などを生み出したスーパースウェーデン人です(ちなみに、私のお気に入りは、『The Trip』でスティーブ・クーガンが痛烈に批判した『ザ・ウィナー』です(同情するよ、スティーブ)」。 彼らは音楽界のマエストロであり、オーストラリアだけでも30曲以上のシングルをチャートインさせています。

そのため、彼らの新作「I Still Have Faith in You」に大きな関心が寄せられていたのは当然のことです。しかし、この曲を「BEST」と思って聴いた人は一体何人いるでしょうか?これを言うのは心苦しいのですが、私は(この曲をABBAは素晴らしいものにしたかったのは当然のことですが)この曲を彼らのベストに位置づけるのはオリンピック級の無理があると思います。確かに演奏は素晴らしいし、プロダクションも最高だが(まるでABBAな結束?)、素晴らしいメロディや時代を超えたフックのようなものを探し求めている曲だ。彼らのもう一つの新譜である「Don’t Shut Me Down」については、なぜかHerman’s Hermitsの「My Sentimental Friend」を口ずさんでしまうのでしょうか?変ですよね。まさかABBAがパクりを?

この種のカムバックには、怪しげな実績がある。ビートルズの「Free As A Bird」は、ジョン・レノンがダコタのアパートの床に捨てた曲のスケッチをそのまま音にしたようなものだった。エルヴィスの「A Little Less Conversation」は、キャリア半ばの平凡な曲をオランダのジャンキーXLという無名のアーティストがダンスに仕立て上げたものだ。そして、マイケル・ハッチェンス以降のINXSの作品は、彼らの最善の意思にもかかわらず、自暴自棄の匂いが漂っていた。そして、Queenの “新しい “バージョンについても触れないでおこう。フレディ・マーキュリーは、きっと面白くないだろう。

もちろん、「I Still Have Faith in You」やその後のアルバム、ライブが大成功を収めることを妨げるものではありません。彼らにさらなるパワーを。しかし、それでも私は、なぜABBAが自分たちのレガシーに手を加えることを選んだのか疑問に思っている。彼らの黄金時代の思い出だけでは不十分だったのだろうか?でも、ABBAターはちょっとかっこいいように思えますけどね。

皆様はABBAのカムバックを「今」どのように感じていますでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。