アラン・パートリッジがコールドプレイと一緒にエキセントリックなカバーを歌い上げる

俳優でコメディアンのスティーヴ・クーガンが、ウェンブリー・スタジアムでケイト・ブッシュとABBAのヒット曲を歌うために、アラン・パートリッジに扮してバンドに参加し、コールドプレイのファンを驚かせた。

56歳のハリウッドスターは、バンドのリードシンガーであるクリス・マーティンの横でステージに上がり、日曜日にブッシュの最近のチャート再エントリーとなった『ランニング・アップ・ザット・ヒル』を歌ったのだ。

スティーブは、背中に「Snow Patrol」と書かれた赤いサテンのジャケットを着て、妄想癖のあるDJ兼トークショーの司会者アランに扮して登場しました。

インスタグラムにシェアされた動画の中で、コールドプレイは「ウェンブリーの大合唱を与えてくれたアラン・パートリッジに感謝する」と書き込んでいる。

バンドと一緒にアリーナの中央に立ったアランは、「丘を駆け上がったり、道路を駆け上がったり、それはすべて心肺機能を高めるものだ」と話し始めた。スパイダーマンでもない限り、ビルを駆け上がるのはどうだろう」。

クリス、この曲は何だと思う?走ることだけではないはずだが?

ミュージシャンは、この曲は問題を克服するためのものだと信じていると答え、アランは、この曲は比喩だと答えました。

コメディアンはクリスと一緒に歌詞を口ずさみ、観客は1985年のヒット曲に合わせて大合唱しました。

ウェンブリー公演の最後に、アランは「正しい靴を履いていることを確認してください、おやすみなさい、そしてアハ!」と叫んでいました。

アランとギターを弾いていたクリスは、スウェーデンのスーパーグループ、ABBAの「ノウイング・ミー、ノウイング・ユー」をエキセントリックなデュエットで披露したのでした。

この公演は、ColdplayのMusic Of The Spheresワールドツアーの一環として、北ロンドンの会場での5日目の夜を締めくくりました。

先週、コールドプレイとナタリー・インブルーリアは、ロンドンのウェンブリー・スタジアムでのコンサートでオリビア・ニュートン=ジョンにオマージュを捧げています。

バンドのフロントマンで歌手のナタリーは、1978年のロマコメミュージカル『グリース』の代表曲『サマーナイト』をジェイコブ・コリアーと一緒にアコースティックでデュエットしました。

クリスはジョン・トラボルタの内面を表現し、ナタリーはオリビアが演じたサンディのセリフを歌った。

https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-11137401/Alan-Partridge-joins-Coldplay-eccentric-cover-Kate-Bushs-Running-Hill-Wembley.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。