ソロテックはABBA Voyageのコンサートに貢献しました

5月26日、ロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークにあるStufish Entertainment Architectsの設計による専用アリーナで、数年にわたる制作期間を経てABBA Voyageのショーが開幕しました。このショーは、CGIと現実の境界線を曖昧にすることでライブ音楽体験に新しい要素を加え、実際に見てみなければ十分に理解できない、これまでに見たことのないものであることが初期のレビューで確認されており、The Guardianはこれを「コピーされる運命にある、あっと驚くABBAター演技」と評価しています。

AVとエンターテイメント技術のリーダーであるソロテックは、ディレクターのBaillie Walshの指揮の下、AniaraのテクニカルプロデューサーNick LevittとテクニカルディレクターJoe Frisinaと協力し、コンサートプロデューサーSvana GislaとLudvig Andersson, Industrial Light and Magic (ILM,) and TETRO and GreenwallのFredrik Stormbyと協力してライブ作品の限界を超えることができるオーディオ、照明、ビデオソリューションを提供することに成功しました。

このプロジェクトは、ソロテックUKがハイエンド360機材サプライヤーとして、音響、映像、照明の技術と専門知識をショーに提供するために着手したものです。ソロテックは、ライブプロダクションのスペシャリストとしての経験を生かし、設計段階から設置、オープニングナイトまでのプロセスを支援し、素晴らしいイベントの実現に貢献しました。

ソロテックUKの特別プロジェクト担当ディレクター、Ian “Woody” WoodallはABBAの制作チームと緊密に連携してプロジェクトを指揮し、Paul “Macca” McCauleyは会場へのレンタル機器の設置を監督し、ショーまでの数ヶ月間、システムの技術デモのホスト役を務めました。SolotechのRobin Conwayが音響を、Oli Jamesが照明を、Alex Mulrenanがビデオとカメラを管理しました。

ABBAのメンバーは5週間かけて、ショーの95分を構成する楽曲を演奏する様子を160台のカメラで撮影し、モーションキャプチャーを行いました。この映像は、10人編成の生バンドと一緒にステージに登場したときの彼らのリアルな姿を、極めて詳細に再現するために使用されました。

ソロテックは、世界最大のフェスティバルやコンサートでの経験から得たライブプロダクションへの複合的なアプローチにより、ビデオパフォーマンスの映像から物理的な空間への変換を実現するために選ばれました。その結果、前例のない没入感のある会場環境が生まれ、技術革新を利用した独自のワークフローによってショーに新たな次元が加わりました。

ROE、VYV、Robe、L-Acousticsなどの一流メーカーから最先端の機器が選ばれ、撮影されたパフォーマンス映像を会場の至る所で使用される技術で補強しています。このショーでは、Brompton 4K Tessera SX40 LEDプロセッサーで駆動するROE Black Pearl v2 LEDスクリーンが最大級の規模で設置されているのが特徴です。Black Pearlスクリーンでは最も高いものの1つで、19タイルの高さがあります。ソロテックは、ソロテックのリアルタイムマネージドサービスソフトウェアプラットフォーム「Service+」の供給もコーディネートしました。

Woody氏は次のように述べています。「このプロジェクトは、私たちが人生の2年間を費やして取り組んだ特別なものです。これまで携わったプロジェクトの中で、最も技術的に複雑で困難なプロジェクトです。それは、その場に居合わせた誰もが、表現する言葉が見つからないという事実が証明しています。新境地を切り開くショーで、リハーサルから初日まで、技術的な要素はほぼ完璧に仕上がっています。これらは、私たちが非常に誇りに思う成果です」。

Solotech contributes to ABBA Voyage concerts 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。