ノストラダムスの誕生日・忠臣蔵の日・南極の日「今日は何の日・12月14日」

12月14日火曜日

皆様おはようございます。体調はGOODですか?ワクチンは終わりましたか?検温しましたか?

今日は「ノストラダムスの誕生日」「忠臣蔵の日」「南極の日」です。

まず「ノストラダムスの誕生日」から。

「ノストラダムスの大予言」で有名な「ミシェル・ノストラダムス」の誕生日は1503年12月14日だったんですね。
ノストラダムスが残した「予言集」によると、1999年7月に人類が滅亡することを暗示する内容が書かれていたため、メディアでも取り上げられて、日本でもかなり話題になりました。
その当時は公害問題などで将来を不安視する日本人も多く、実際に本当に人類が滅亡するのではないかと信じていた人もいるほどです。
それではノストラダムスとは何者だったのかというと、ルネサンス期に活躍したフランス人の医師であり、占星術師、そして詩人としても活躍した人物なのです。
意外かもしれませんが料理研究家としての一面もあり、料理研究に関する著作も世に残しています。
ノストラダムスの大予言の内容については、占星術師として著した「予言集」に記載されており、当時はオカルト本としてしか認識されていませんでした。
20世紀以降になるとノストラダムスが活躍したルネサンス期の他の作品と関連付けられるなど、文学作品として評価されるようになり、現在に至っています。

チリのイースター島には現在も887体のモアイ像が設置されているそうです。
モアイ像は誰が何のために、そしてあのような巨大な石像をどのように建てたのかについてはいまだに謎のままです。
現在も研究が進められているモアイ像ですが、最近になって実は胴体があることが判明しています。
一見するとモアイ像は顔しかないように見えますが、掘り返してみるとしっかりと胴体があり、普段目にしているのはモアイ像の一部でしかないんですね。
そして、モアイ像の背中には「ペトログリフ」と呼ばれる古代文字が刻まれていたそうなんですね。
今後更に研究が進められれば、モアイ像が誰が何のために作ったものかが判明する日も近いかもしれないです。

ナスカの地上絵は野ざらしになっているのになぜ消えてしまわないかご存じですか?
実はオカルト的な要素はなく、ナスカの地上絵を管理している人がちゃんと掃除をしているからなんです。
そのため、何もせずにずっと放置していると、やがてナスカの地上絵は消えてしまうんですね。
そして、ナスカの地上絵があるナスカ平原は雨がほとんど降らない気候であることも関係しています。
年間雨量が5ミリしかないため、地上絵に雨水が流れ込んでしまい、絵が消失することはないそうです。
更に、地上絵は石灰質が長年太陽光を浴びたことによって酸化し、セメントのように硬くなっていることから、風化もし辛くなっています。

*ノストラダムスは今日(こんにち)のパンデミックを予想していたのでしょうか?そもそも2年前、中国がきちんと対応していたら、WHOに報告していたら、こうはならなかったかもしれませんよね?「研究所で新コロナの研究をしていたコウモリが逃げて、市場の人にかみついて感染した」説が一番高いですね。

次に「忠臣蔵の日」について。

なぜ12月14日が「忠臣蔵の日」なのかというと、1702(元禄15)年12月14日に赤穂浪士47人が本所の吉良邸に討ち入りし、主君の仇討ちを成し遂げたことが由来となっています。
1701(元禄14)年3月、江戸城松之廊下で播磨赤穂藩主である浅野内匠頭長矩が、幕府の礼式を司る高家筆頭の吉良上野介義央に小刀で切りかかるという事件が起こりました。
浅野には即日切腹、領地没収という厳しい処置がとられたが、吉良には一切のお咎めがなく、これが事件の発端となったのでした。
家臣たちは主君の仇を討つ為に綿密に計画を練り、翌年12月14日寅の上刻(現在の暦法では15日 午前3時ごろでしたが、当時は日の出の時間に日付が変わっていたので14日)、大石内蔵助の率いる47人が、本所の堀部安兵衛宅に集まり、そこから出発して吉良邸へ討ち入りました。
2時間の戦いの末、浪士側は一人の死者も出さずに吉良の首を取ることができきて、無事に主君の仇打ちが成功しました。
世論は武士の本懐を遂げた赤穂浪士たちに味方し、幕府は翌年2月4日、一同切腹という処置をとりました。
この事件を題材として、歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」等100種にも登る作品が作られ、現在まで語り継がれています。

この事件を題材にした数多くの歌舞伎があり、さらにドラマや映画も数多く存在していて、よく年末にはテレビで放映されていますよね。
主君のために討ち入りを成功させていじわるな吉良上野介を成敗するといった何とも痛快な物語として描かれていることが多い忠臣蔵ですが、実はかなり脚色されていて、事実と違う部分も多いって知っていましたか?
忠臣蔵が歌舞伎となったのは事件が起きてから数年経過してからのことで、観客のウケがいいようにあらゆる脚色が加えられたとされているのです。
忠臣蔵のストーリーでは赤穂藩の藩主である浅野内匠頭長矩が吉良上野介を切り付けた場所は、「松の廊下」と言われていますよね。
しかし、実際にはなんてことはない普通の白い障子の並ぶ廊下で斬り付けたのです。
歌舞伎を観劇する際に普通の廊下では見栄えが悪いことから、松の廊下に変更されて、それがあたかも本当のことだったように庶民に広まってしまったのでした。
さらに、当日の討ち入りに参加した赤穂浪士は47人だったそうですが、実際は46人しかいなかったのです。
いろは順に当てはめるためにあえて一人だけ架空の人物を増やし、47名と切りのいい数字にしたんですね。

忠臣蔵については赤穂藩による仇討ちの話として有名になっていますが、もともと悪いのは赤穂藩の方だったという話まであります。
浅野家の産業は米しかなかったため経済的に困窮していたのですが、吉良家から塩の製造方法を教わったことで救われました。
最初は大阪で商売を行っていたのですが、ある程度大阪の商売が繁盛してきたところ、なんと吉良家が商売を行なっていた江戸へと進出してきたのです。
まさに恩を仇で返すようなことをしてしまった浅野家は吉良家と揉めることになってしまい、これが原因となって浅野内匠頭長矩が吉良上野介を斬りつけたとされているんですね。
つまり仇討ちというよりは逆恨みといった方が正しいのかもしれませんね。


*日本人は「忠臣蔵」が好きですよね?どんどん脚色されて、何が本当かわからなくなっています。まあ今や「忠臣蔵」は1つの物語ですね。

最後に「南極の日」について。

なぜ12月14日が「南極の日」なのかというと、1911(明治44)年12月14日にノルウェーの探検家・アムンセンと4人の隊員が人類で初めて南極点に到達したことが由来となっています。
「ロアール・アムンセン」は主に極地へと挑んだ探検家として世界では知られています。
1911年1月14日にアムンセン隊はロス棚氷の北東部にあるクジラ湾から南極大陸に上陸して、そこにフラムハイム基地を建設しました。
その年の10月20日にはアムンセンは4人の選抜隊と共にフラムハイム基地を出発しました。
その時は4台の犬ぞりを52頭の犬ぞりにひかせて南極横断を開始したそうです。
途中に特に荒れた天候に阻まれる事もなく好転に恵まれたアムンセン隊は順調に探検を進め、1911年12月14日に人類初の南極点到達
を果たしたのでした。
帰路も特に事故などもなく、1912年1月25日には一人の犠牲者も出すことなくフラムハイム基地へと帰還しました。
実はこの時期には人類初の南極点到達を、イギリス買う軍大佐である「ロバート・スコット」と競っていました。
当初はスコット隊の方が進行ルートが有利だとされていましたが、アムンセン隊に先を越されることとなります。
アムンセンは1926年には飛行船を利用して北極点へと到達し、同行していたオスカー・ウィスチングと共に人類史上で初めての南極と北極の両極点に到達した人物となりました。

日本に住んでいると秋や冬になって気温が下がって寒くなってくると、乾燥することも重なって風邪をひきやすくなりますよね。
南極ぐらい寒くなればどれほど風邪をひきやすくなるのかというと、実は南極ではほとんど風邪をひくことがないのです。
南極ではそのあまりの寒さにほとんどのウイルスが活動を停止するか死滅してしまうことから、風邪をひくことはないのです。
これは北極も同じであって、南極と北極へ行く前に風邪をひいていたら別の話ですが、現地で風 邪をひくということはほぼないそうです。
ちなみに、風邪以外にもインフルエンザといったウイルスについても死滅してしまうそうで、気温が低いからといって病気になりやすくなることはないそうです。

実は南極にも郵便局があってしかも国内料金と同じではがきを送れるって知っていましたか?
なぜ南極が日本国内という扱いになるのかというと、南極はどこの国の領土にもなっていないからなんですね。
しかし、日本国内の郵便とは違ってかなりの時間がかかってしまい、エアメールなどではなく船で年に一度だけ輸送を行なっているそうです。
南極観測船「しらせ」という船には郵便局員が乗りこんでいて、南極隊員から郵便を預かって日 本へと運ぶこともあります。
昭和基地の住所は以下のようになっているそうです。
〒100-8799
東京都千代田区丸の内2丁目7-2 東京中央郵便局気付
「昭和基地内郵便局」昭和基地宛

*南極では「新コロナ」はないのでしょうね。南極はどこの国のものではないですが、将来は中国のモノになっているかもしれませんよ。

本日もよろしくお願いいたします。

★東山凛太朗オフィシャルサイトグランドオープン!!

https://higashiyamarintaro.net/

2020年3月29日夕方『新コロナは中国が意図的に作った菌』と書いたら『5,000本』あった記事を全部消されましたので『ゼロ』からID(アドレス)を作り直しました。『私のブログに登録』してくださった皆様には大変ご迷惑をおかけしました。改めてよろしくお願い申し上げます。

『3・11』の時『東日本震災の真実』を書いた時もブログ10,000本を民主党政権に抹殺されました。

これからも負けずに書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

*今日の記念日は他にもあります。

Copyright © STARDUST PROMOTION, INC.All rights reserved.

Copyright © Rintaro Higashiyama.Mamechishiki. All Rights Reserved.

フェイスブック版:https://www.facebook.com/seijibunka

アメーバ版: https://ameblo.jp/higashiyamarintaro/

東山凛太朗特集:https://fika.cinra.net/article/201808-abba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。