ビヨルン、アップルのラジオ番組で『ABBAの魔法の源』を探す!!

ビヨルンは、Apple Musicでラジオ番組を開始します。「マンマ・ミーア」や「ダンシング・クイーン」といった彼の曲が、なぜ何十年もの間、世界中の多くの人々の頭の中に残っているのかを解明したいと考えてのことです。

スウェーデンのスーパーグループのギタリスト、シンガー、そして共同ソングライターであるビヨルン、月曜日から「Apple Music Hits」で「Björn from ABBA and Friends’ Radio Show」のホストを務めます。

この限定シリーズでは、音楽と、ビヨルンの友人やコラボレーターとの会話が盛り込まれており、第1回目からは、彼の仲間であるプロデューサー、ソングライター、ロックンロールの殿堂入りを果たしたナイル・ロジャースが登場します。

ビヨルンとロジャースは、ヒット作を生み出す秘訣や、ABBAの音楽が人々の意識に残り続けている理由について語ります。

76歳のビヨルンは、「ABBAのことを知っている知的な人たちだけでなく、感情的にも知的な人たちに、なぜ私たちの曲が40年近くも続いていると思うのかを聞いてみたいとずっと思っていました。私自身、それがわからないからです」と語りました。

今回の番組は、ABBAの大規模なルネッサンスの中で行なわれます。ビヨルンとバンドメンバーのアグネタ、フリーダ、ベニーは、昨年11月に40年ぶりとなる新曲をアルバム『Voyager』を発表しました。また、今年5月にはジョージ・ルーカスの特殊効果会社インダストリアル・ライト&マジック社と共同で、ホログラムを使ったライブを開始する予定です。

ビヨルンのラジオ番組の他のゲストには、『マンマ・ミーア!』の舞台劇とその後の映画の脚本を書いた英国の劇作家、キャサリン・ジョンソンも出演予定です。

また、近々開催されるコンサートのクリエイティブ・ディレクターであるヨハン・レンク氏も別のエピソードに参加しています。これらのエピソードはすべて今週の東部午後3時に放送され、その後ストリーミングで視聴することができます。

ビヨルンは、このサービス手の番組をホストする数多くの音楽スターの中で最も新しい人物です。他には、エルトン・ジョン、ザ・ウィークエンド、J・バルビン、シャナイア・トゥエインなどがいます。

https://apnews.com/article/entertainment-music-arts-and-entertainment-nile-rodgers-d2bd5996a18a460cc5d0ff9f0447849e

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。