ビヨルン、ブレグジットを必死に訴えたテリーザ・メイにうっかり馬鹿にされてしまった!?

今日、ロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークで、スウェーデンのポップアイコンのキャリアを祝うABBA Voyageが開催される。全世界で4億枚以上のアルバムを売り上げた4人組が活動停止してから40年以上が経ち、彼らの復帰はポップス史の分岐点となりました。アルバムの驚異的な売り上げとともに、グループは17曲のナンバーワン・ヒットを放ちました。

コンサートは、3,000人を収容できる専用のABBAアリーナで行なわれ、10人編成のバンドとスウェーデン人のバーチャルバージョンによってデジタルで演奏される予定です。

ABBAはイギリス国民と素晴らしい関係を築いてきたが、メンバーの一人は必死の懇願が裏目に出て、赤面することになった。

ビヨルンは、1972年から1982年にかけてのABBAの初期の隆盛期に重要なメンバーとして、バンドの輝かしい楽曲の数々を書き上げるのに貢献した。

しかし、イギリス人は欧州連合からの離脱に投票すべきかどうかという質問を受けたとき、彼のコメントは大衆の心をあまりつかめなかった。

2016年の投票に先立ち、スターはBBC Radio Five Liveでリスナーにこう語った。

「イギリスが離脱するとしたら、それが意味することは本当に悲しいことです」
「愛する人が自分の元を去るようなものだ。感情的だ」。

彼の発言は、国民投票で残留を支持したキャンペーン団体Stronger Inのスポークスマンで、同じコメンテーターのJames McGrory氏によって支持された。

ビヨルンは、「離脱キャンペーンは、英国民がEUに背を向けて、経済的安全性と世界的影響力を危険にさらすチャンスを掴んで欲しいと思っている」と付け加えた。

離脱派が勝利した歴史的な投票の後、別のインタビューでビヨルンはこう続けている。

「私たちの前には厳しい時代が待っている」
「でも、もしかしたら、アメリカの世界恐慌の時、人々は歴史上のどの時代よりもエンターテイメントを求めていたのかもしれませんね」

「悪い時代には、人々は数時間でもいいから暗い気分から逃れたいと思うものだ」。

ビヨルンは、『マンマ・ミーア!ザ・パーティー』の英国での公開を前にして、こう語りました。「私は、イギリスがヨーロッパの一部であることを望んでおり、そうあるべきだと考えています」。

https://www.express.co.uk/entertainment/music/1616345/abba-voyage-bjorn-ulvaeus-brexit-theresa-may-hologram-concert-spt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。