ビヨルン、マーティン、モリンダ―「ブラックボックス」解決策を発明!!

ビヨルン、マックス・マーティン、ソングライターでプロデューサーのニクラス・モリンダーは、音楽業界の「ブラックボックス」に対する解決策を発明したと言っています。そして、それは無料です。

毎年、全世界で推定6億5500万ドル(5億ポンド)相当のロイヤリティが、データの不備により正しい権利者に支払われていません。

ABBAのビヨルンは、何億ドルものロイヤリティが権利者の銀行口座ではなく、業界のいわゆる「ブラックボックス」に収まっているという問題に取り組むため、2021年に「Credits Due」キャンペーンを立ち上げ、クリエイターに作品に対する報酬が支払われるようにしたのです。

BMGは、この取り組みにコミットした最初の国際的な音楽会社の1つとなり、SoundCloud、Hipgnosis、Kobalt Music Publishingなどもこのキャンペーンの支援者に名を連ねています。

現在、Credits Dueは音楽業界の注目を集めており、ウルヴァエウスは音楽のデータ不足の問題を解決するためにさらに一歩前進しています。

ビヨルンは、スウェーデン人プロデューサー/ソングライターであるマックス・マーティンとニコラス・モリンダ―と共同で、不十分なクリエイターデータ収集に直接対処することを目的とした技術を開発しています。

このトリオが開発した新しいデータツールは、「Session Studio」と呼ばれています。

すでにSpotifyとYouTubeという2つの著名な投資家から100万ポンド(130万ドル)以上の資金を獲得しており、他にもProToolsメーカーのAvid、Universal Music Group、DDEXなどが支援を行なっています。

ニクラス・モリンダー氏はMBWに対し、不正確なメタデータは現代の音楽ビジネスにとって、音楽の作り手と投資家の双方にとってビッグデータの問題であると語っています。

「日々リリースされる膨大な量の新曲の多くは、メタデータがほとんどなく、リンクされた識別子が欠落しているため、音楽業界に大きな問題を引き起こしています」と彼は言います。

ニクラス・モリンダーはこう付け加えます。「このような問題があるために、毎年多くのロイヤリティが未確認のまま、音楽を作った人たちに支払われないのです」。

セッションは、数年前にマックス・マーティン、ニクラス・モリンダー、ABBAのビヨルンが「音楽業界のデータとお金の流れのギャップを埋める」ために立ち上げたAuddlyを進化させたものです。

「日々リリースされる膨大な量の新曲の多くは、メタデータがほとんどなく、リンクされた識別子がないため、音楽業界に多大な問題を引き起こしています」。
ニクラス・モリンダー

Sessionと無料のSession Studioアプリによって、マーティン、モリンダ―、ビヨルンは、このアイデアを世界的に広め、音楽制作者が制作の時点で正確な楽曲データを取得できるようにすることを目指しています。

巧妙なことに、Session Studioは実際にデジタルオーディオワークステーション(DAW)に組み込まれており、クリエイターが作業に取り掛かると同時に、権威ある楽曲情報とデータを取得することができるのです。

このプラットフォームでは、作曲家やプロデューサーは、独自の「クリエイター・クレジット」システムによって、スタジオ内の複数のクリエイターにクレジットを割り当て、将来的に各クリエイターが受け取るロイヤリティの分配を設定することができます。

モリンダ氏は次のように説明します。「セッションのプロフィールを持つクリエイターは、すべての情報を確実に把握することができます。楽曲をリリースするとき、セッションは、音楽エコシステムの下流にあるレーベル、出版社、協会に、正しい情報がすべて添付された必要なフォーマットでリリースを送ることができます」 。

モリンダ―、マーティン、ビヨルンは、共同声明で次のように述べています。「革新的な技術を用い、業界のパートナーと協力することで、私たちは、正しい人への登録、クレジット、支払いを必要とするすべての人に開かれた、信頼できる参照ポイントを作り出しています」
「これは、曲のアイデアからリリースまで、そしてそれ以降も、すべての関係者の時間、労力、お金を節約し、すべての人にとってよりよい音楽活動を実現するものです」
「私たちは、音楽を愛する気持ちと、音楽を作る人への情熱のためにやっています。そのため、Session Studioはクリエイターに無料で提供されており、今後もクレジットやメタデータの収集・管理に対して課金されることはありません」。

ここでモリンダは、セッションの設立理由、音楽ビジネスにおけるいわゆる「ブラックボックス」収入の問題にどう取り組んでいるか、そして「業界の創造力とクリエイターへの報酬を変革する」ことへの期待をMBWに語っています。

Q.セッションの起源について教えてください。なぜ設立されたのですか?
「私は15年以上プロデューサーとソングライターとして活動していますが、音楽クリエイターの成功を支援する素晴らしい取り組みがたくさんあることを知っています。しかし数年前、私は何か重要なものが欠けていることに気づきました。それは、クリエイターが常に公正にクレジットされ、補償されることを保証する技術です」

「私が出版社を経営していた頃、楽曲や録音情報、メタデータの誤りや欠落という大きな問題に直面し、この問題は特に顕著になりました。一緒に仕事をしているアーティストやクリエイターは素晴らしい音楽を作っているのに、全員のクレジットと報酬を確認するために必要な正しいデータを入手することができなかったのです。特に、楽曲が録音されてから数日、数週間、数ヶ月、あるいは数年経ってから情報が送られてきた場合はなおさらです」

「私は、ビヨルンとマックス・マーティンとともにセッションを設立し、クリエイターのために、必要な楽曲や録音情報をバックグラウンドで黙々と取得する無料のコラボレーションツールを提供することにしました」

「その時、私は、クリエイター自身から、創作の時点で曲や録音の情報を取得しなければならないと思いました。しかし、クリエイターは音楽に集中したいのであって、管理画面やメタデータを見たいわけではありませんから、情報を取得する技術が必要でした」
「そこで私は、ビヨルン・やマックス・マーティンとともにセッションを設立し、必要な楽曲や録音情報をバックグラウンドで黙々と取り込んでくれる、クリエイター向けのコラボレーションツールを無償で提供することにしました」。

Q.セッションはどのように機能するのですか?
「私たちは、クリエイターが音楽を作ることに時間を使いたい、管理者を避けたいと考えていることを知っています。しかし、すべてのクリエイターが公平にクレジットと報酬を得るためには、5つの情報が必要であることも知っています。作曲家と出版社のIPI、音楽作品のISWC、レコーディングのISRC、演奏者のIPN、そしてISNIです」
「そこで私たちは、ウェブ、デスクトップ、モバイルアプリのSession Studioを作り、クリエイターに無料のコラボレーションツールを提供し、さらにバックグラウンドで必要な情報をすべて収集するようにしました」

「Session Studioは、歌詞、ボイスメモ、メモなどのコラボレーションツールを提供するだけでなく、ProToolsやAbletonなどのすべてのDAWと完全に統合されており、あらゆるレコーディングの貢献を取り込むことができます」
「アーティストやパフォーマーが(直接またはリモートで)トラックに貢献した場合、DAW上で直接SessionのStudio Check-in機能を使い、携帯電話で『スキャンイン』するだけで、彼らのクレジットがトラックに追加されるようになります」。

Q.セッションと他のプレイヤーとの違いは何ですか?
「クリエイターが必要なクレジットを得るために、フォームを提供する会社があります。しかし、先ほども申し上げたように、クリエイターは何時間もかけてフォームに記入することを望んでいませんし、何を記載すればいいのかわからない場合もあります」

「クリエイターは、何時間もかけてフォームに記入することを望んでいませんし、何を記載すればよいのかわからないこともあります」

「セッションは、クリエイターのプロセスを合理化しますが、もう一つの重要な差別化要因は、数週間、数ヶ月、数年後ではなく、制作の時点で早期に識別子がリンクされるように、私たちが先導していることです」。

Q.セッションが音楽クリエイターのために解決する課題は何でしょうか。
「クリエイターは、音楽制作に集中したいし、集中すべきです。私たちは、データの取得、(音楽エコシステムへの)注入、クレジットの負担を、クリエイターの肩から下ろしたいと考えています」

Q.セッションは、収集団体にとってどのような課題を解決するのでしょうか?
「セッションのユニークなクリエイターID検証プロセスにより、作詞家、出版社、アーティスト、プロデューサー、演奏家は創作の時点で特定されるので、関係者全員が登録の時点で同じ音楽作品と録音を参照することになります」

Q.セッションは、収集団体とどのように連携しているのですか?
「セッションは、CISAC、SCAPR、およびその会員と、クリエイターIDの検証プロセスについて密接に協力しています」。

Q.2022年のセッションについて、他の計画や立ち上げはありますか?
「私たちは、音楽エコシステムの下流で正しいクリエイターデータを取得し注入するという問題を解決するために、業界全体のステークホルダーと膨大な数のパートナーシップを結んでいます」

Q.セッションは、ビヨルン、マックス・マーティン、そしてあなたという音楽業界の著名人3人が共同設立した会社です。この3人が共同創業者であることは、会社やミッションにとってどのような意味を持つのでしょうか。
「ビヨルンとマックスがセッションに参加した理由はただひとつ、『すべての音楽クリエイターに公正な評価と報酬を与える』という私たちのビジョンに共感してくれたからです」
「私たちのアプリを成功させるためには、音楽業界全体からの一定の協力が必要です」

「もちろん、尊敬するクリエイターの存在も、私たちの活動を後押ししてくれています。私たちのアプリを成功させるためには、音楽業界からの一定の協力が必要です」。

Q.ビヨルンは、9月にメタデータに焦点を当てた「credits due」を発表しました。このキャンペーンは、これまで音楽業界からどのような支持を受けてきたのでしょうか?
「反応はとてもポジティブです。セッションはもちろんCredits Dueキャンペーンの大きなサポーターです。Credits Dueは、クリエイターが公正にクレジットされ、報酬を受けるために必要な5つの識別子について、業界を教育することに焦点をあてています」
「Credits Dueが業界の認識と協力に取り組む一方で、セッションは無料のSession Studioアプリを通じてこのビジョンを達成することに焦点を合わせています」。

Q.セッションは11月にスポティファイとユーチューブから100万英ポンドの助成金を受け取りました。この2社から支援を受けた意義と、この資金をどのように活用する予定ですか?
「SpotifyとYouTubeは、クリエイターが常に公正に評価され、報酬を得られるようにするというセッションのミッションに賛同し、助成金を提供しました」
「DSPはクリエイターを支援したいと考えており、セッションの革新的なモバイル、デスクトップ、ウェブアプリが、音楽クリエイターがシームレスにコラボレーションし、いつ、どこで、誰が何をしたかを記録し、重要な情報をグローバルエコシステムの業界パートナーに配信し、ロイヤリティ配信者に比類ない正確さを促進する究極のコンパニオンツールを提供すると認識しました」。

Q.メタデータ以外で、作家、プロデューサー、レーベル、出版社にとって現在最大の課題は何でしょうか?
「大きな課題のひとつは、権威あるデータと情報へのアクセス、コミュニケーション、透明性です。業界の誰が悪いというわけではありませんが、業界のデータや情報がサイロ化しているため、膨大なスケールで不正確な情報が生み出されています」
「業界データ、情報のサイロ化により、巨大なスケールで不正確さが生み出されています」
「パンデミックの結果、クリエイターがさらに分散しているため、リモートコラボレーションは、権威あるデータを取得する問題を悪化させています。セッションは、クリエイターからリリースまで、業界全体で権威あるデータを共有することを可能にします」。

Q.今後、音楽ビジネスに最も大きな影響を与えると思われるテクノロジーは何でしょうか。
「間違いなく、クラウドは究極のツールキットです」

「新しい優れたテクノロジーは生まれては消えていきますが、大量のデータを大規模に処理するクラウドの能力は、業界へのプラスの貢献という点で他の追随を許さないままです」。

Q.今日の音楽ビジネスについて、あなたならどんなことを変えたいですか?
「音楽ビジネスは多くの点で素晴らしいのですが、改善すべき点は、コミュニケーションとデータ共有の効率と効果です」
「標準化が進んでいないところでは、データの津波が発生し、混乱を招きます」
「標準化がなされていないところでは、データの津波が発生し、それが混乱を招くこともあるのです」。

Q.クリエイターが正当な評価を受けるために、どのようなアドバイスがありますか。
「もちろん偏見もありますが、クリエイターの皆さんには、ぜひSessionに登録していただきたいと思います。完全に無料です」。

Max Martin, ABBA’s Björn Ulvaeus, and songwriter and producer Niclas Molinder say they’ve invented the solution to the music industry’s ‘black box’. And it’s free.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。