ビヨルン、認知症?記憶喪失?「記憶が極端に少ないんだ」音楽活動での苦痛をカミングアウト!!

ビヨルンは、伝説的な音楽グループABBAの4分の1として知られるスウェーデンの歌手である。ポピュラー音楽史上最も売れた音楽家の一人であるにもかかわらず、数年前、ビヨルンは記憶喪失のため、自分の業績の半分も覚えていないことを明かした。

1974年にユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝して有名になったABBAは、2021年11月に40年ぶりのアルバム『Voyage』をリリースし、今もなお音楽を発表し続けている。このアルバムは、今年5月から12月までロンドンで開催された、バンドをバーチャル『ABBAター』としてフィーチャーしたコンサートレジデンス『ABBAtars』に付随するものです。2008年に自身のキャリアを振り返ったビヨルンは、そのほとんどを「まるで(自分が)そこにいなかったかのようだ」と明かした後、記憶喪失との闘いについてさらに明かした。1980年にバンド仲間のアグネタと離婚し、スウェーデンの音楽ジャーナリスト、レナと結婚した後(彼女とも最近別れた)、ビヨルンは昔の人生をつなぎ合わせようと、古い写真やビデオを何時間も研究していると伝えられている。

「回顧録を書くのかと聞かれる。でも、書きたくても書けないんだ。思い出が極端に少ないんだ」と、映画『マンマ・ミーア!』の公開直後、ビヨルンは語っている。

映画公開後、22年ぶりにメンバー4人が揃い、再結成の噂が流れた。

しかし、過去のキャリアを思い出すことができないビヨルンは、「真実」と「誰かに何かを言われたこと」の区別をつけるのに苦労している。

ABBAの有名なユーロビジョンでの優勝の余韻について、ビヨルンはこのように語っています。

「多くの人が、その瞬間、どこにいて、何をして、どう感じたかまで覚えている」
「でも、私は違う」
「信じられないことですが、ステージに立ったことを覚えていないんです。まるで、そこにいなかったかのように」
「インタビューでは、ズボンがきつくてアリーナに向かうバスの中でさえ座れなかったと答えています」
「でも、それが本当なのか、それとも誰かから聞いた話なのか、正直わからないんです」。

シニアライフのための組織であるウォーカー・メソジストは、長期記憶とは、名前や逸話を長期間にわたって記憶する部分を指すと説明している。また、日常的で機能的なタスクのこなし方にも関係します。

これは短期記憶とは異なり、最近の出来事や事実を記憶する能力です。

短期記憶喪失とは、最近聞いたこと、見たこと、学んだことを思い出すのに苦労している人のことです。例えば、昨晩、鍵をどこに置いたか忘れたり、会ったばかりの人の名前を思い出せなかったりすることがあります。

メイヨークリニックは、物忘れは加齢に伴いよくあることだと説明していますが、このような物忘れがあっても、充実した生産的な生活を送ることができなくなるわけではありません。

長期的な記憶喪失は、原因が可逆的であるため、治療が可能な場合があります。治療可能な原因としては、ストレス、不安、うつ、B-12欠乏、薬物、睡眠障害などがあります。

また、薬物やアルコールの乱用が続くと、物忘れがひどくなることがあり、一般に、その物質の使用期間が長くなるほど、悪化します。

ビヨルンの今後が心配である。

https://www.express.co.uk/life-style/health/1579321/bjorn-ulvaeus-health-memory-loss-dementia-alzheimers-symptoms-treatment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。