ビヨルン、離婚、記憶障害……あるも、元気です!!

ビヨルンは、ベニーと共にストックホルムで音楽賞を受賞し、明るい表情を見せています。

ビョルンは今年2月、43年間連れ添った妻レナとの離婚を発表して以来、(この日が)初めての公の場となりました。

ウォータールーのヒットメーカーは、バンド仲間のアグネタ(71)とフリーダ(76)を欠いて出席し、大きな式典で盾と大きな花束が贈呈された。

ビヨルンは、ネイビーと白のプリントシャツの上に、スレートボタンのスーツを着て、シャツの首元を開けて、はっきりしたメガネをかけ、カジュアルなスタイルで登場しました。

ベニーは、ネイビーのウエストコートにインディゴのブレザージャケットを羽織り、白のシャツを着ています。

二人は客席に座ってからステージに上がり、大喝采を浴びました。ベニーはピアノでグループのヒット曲を演奏しました。

40歳のエマと35歳のアナを持つジョーン夫妻は2月、結婚生活に終止符を打ったことを発表したが、2人は「親しい友人であり続ける」ことを誓っている。別居後も、家族で休暇を楽しむことさえ続けている。

ハフポストUKに提供された声明の中で、別居中のカップルは「多くの素晴らしく、波乱に満ちた年月を経て、私たちは別々の道を歩むことにしました」と分かち合っている。

「私たちは親しい友人であり続け、孫の誕生日や他の家族の休日を一緒に祝うつもりです」。

夜も仲睦まじいと自負していた夫婦であったが、コロナによりスウェーデンで隔離されている間、ペアが衝突したことを示唆した。

ガーディアン紙によると、彼は「どれくらいの頻度でセックスをするのか」と聞かれ、スウェーデン人は「僕は75歳だけど、週に4回以上なんて無理だよ」と答えた。

しかし、「最も迷惑な習慣」について質問されると、ビヨンは「妻に言わせれば、コロナの自粛中に一日中バスローブを着て歩き回る習慣だろう」と答えたのである。

昨年9月に入り、ABBAは40年ぶりの新曲を発表した。

カルテットは、ニューアルバム『Voyage』からの最初のシングル2曲「Don’t Shut Me Down」と「I Still Have Faith In You」もリリースした。

ビヨルンとベニーは、ロンドンでこの「歴史的」な発表を行ない、『Voyageデジタル・コンサート』の様子を初めて公開しました。このコンサートでは、バンドが記録した動きをもとに、非常に細かいホログラムがステージに登場し、ヒット曲を演奏する予定です。彼らの元妻であるフリーダとアグネタは、スウェーデンから見守りました。

このニュースは、世界中のファンから、バンドが「ベストな状態に戻った」「困難な1年半の後、彼らを救うために急襲した」と興奮をもって受け止められました。

この公演は、結成当初は夫婦2人で構成され、メンバーのファーストネームの頭文字をとって名付けられたグループの結成から50年後に行なわれる。

彼らの音楽は、解散後の数十年間、舞台ミュージカル『マンマ・ミーア!』とそれに続く2本の映画のおかげもあり、どこにでもあるような存在であり続けています。

2010年、ロックの殿堂入りを果たした。

https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-10645779/ABBAs-Bjorn-Ulvaeus-looks-cheery-joins-band-mate-Benny-Andersson-receive-award.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。