ビヨルン、離婚!!

ビヨルン(76歳)と妻のレナ・カラスヨ(73歳)が41年の結婚生活の末に離婚しましたが、「親しい友人であり続ける」「家族での休暇を楽しみ続ける」ことを誓いました。
水曜日に、結婚して41年になる二人の関係に終止符を打つことを決めたことを確認しました。

しかし、2人の子供を持つ2人は、別居後も「親しい友人であり続け」、家族で休暇を楽しむことを誓っています。

ハフポストUKに寄せられた声明によると、別居中の二人は「多くの素晴らしい出来事があった後、私たちは別々の道を歩むことにしました。私たちは引き続き親しい友人であり、孫の誕生日やその他の家族の休日を一緒に祝うつもりです」と述べています。

ビヨルンとレナの離婚は、ABBAが40年ぶりにアルバム『Voyage』をリリースするために再結成した際に、元妻でバンドメンバーのアグネタ(71)と再び仕事を始めてからわずか数ヶ月後のことでした。

ビヨルンは、最初の妻アグネタとの間にリンダ(48歳)とピーター(44歳)の子供をもうけていますが、2番目の妻レナとの間にも娘のエマ(40歳)とアンナ(35歳)をもうけています。

アグネタは、天使のような顔をした内気な19歳の時に、5歳年上で当時人気フォークグループのメンバーだったビヨルンと出会いました。

瞬く間に恋に落ちた2人は、2年後の1971年、ABBA結成の前年に結婚しました。その後、リンダとピーターという2人の子供が生まれました。しかし、結婚から6年が経過した頃、結婚生活は深刻な問題を抱えていました。

1979年、ABBAの名声が最高潮に達したとき、彼らは離婚し、健全なABBAのイメージが一気に吹き飛んでしまったと一部のABBAファンの間で騒がれました。

別れてから1週間もしないうちに、ビヨルンはアグネタそっくりのスウェーデンのテレビ司会者、レナ・カレルソと恋に落ちました。

二人は、ビヨルンのABBAの仲間であるベニーとフリーダの家で開かれた新年のパーティーで出会ったのです。
そして、2年後の1981年に結婚し、2番目の妻との間にさらに2人の子供をもうけました。

当時、ビヨルンとアグネタは別れたことを「幸せな離婚」と表現していましたが、現実はそうではありませんでした。アグネタは後に「どうにもこうにも我慢ならなかった」と告白しています。カウンセリングにも通っていたとのことでした。

別れの苦しみは「ザ・ウィナー」というヒット曲で不朽のものとなりましたが、ビヨルンが元妻に「私がかつてあなたにキスしたように、彼女がキスするかどうか教えてください」という悲劇的な歌詞を歌うように頼んだのは、意図的に残酷なことをしているのではないかと多くのABBAファンは長年、この曲を聴くたびにそう思ったようです。

1990年、アグネタはスウェーデン人外科医のトマス・ソネンフェルドと2度目の結婚をしました。この結婚は、アグネタの強い希望で秘密裏に行なわれ、3年後に破綻してから世間に知られるようになりました。

https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-10543517/ABBAs-Bj-rn-Ulvaeus-76-SPLITS-wife-Lena-Kallersj-41-years-marriage.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。