ビヨルンが明かす、50年のキャリアを台無しにした自信喪失感

ハイテクなABBAターとして登場したソングライター、ビヨルン77歳は、40年以上離れていたバンドメンバーと共に今週ステージに戻ってきました。しかし、スウェーデンのマエストロは、ファンからの賞賛、4億枚のレコード販売、17のナンバーワンにもかかわらず、Voyageプロジェクトは最終的に誇りに思うものであると言う。

グラミー賞受賞者は、1982年以来初めて新曲をレコーディングしたとき、バンドの魔法が1分足らずで戻ってきたことを明かした。

しかし、彼はABBAが「老人ポップスター」になるのは「面倒くさい」ので、本格的に再結成するつもりはないと認めている。

10人編成の生バンドを従えたABBA VoyageのABBAターは、金曜日にロンドンにある特注のABBAアリーナで発売される予定です。

ビヨルンはこう説明する。「私はいつも悪い自意識に悩まされ、自分に自信がありません。『Voyage』を書くことで、私はより良いソングライター、リリシストになり、より自分を信じることができるようになりました。最近、創造的に多くのものを与えてくれた。自信がついたよ」。

先駆的なABBAターのアイデアに落ち着き、音楽を作るために再結成したことは、4人のメンバー全員にとって「とても感情的」だったとビヨルンは言う。彼はシリウスのNPRラジオにこう語っている。「ベニーと僕は、せっかくABBAターがあるんだから、彼女たちのために新しい曲を2、3曲書こうと思って、彼女たちに電話して、またレコーディングする気があるかどうか聞いたんだ。そしたら彼女たちは『もちろん』と言ってくれたんだ」。

スタジオ・セッションについて、ビヨルンはこう語っている。

「最後にレコーディングをしたのは1982年の冬だった。前と同じように4人でやったんだ」
「15秒か30分でまた1982年に戻ったんだ。とてもエモーショナルだった」。

10人編成の生バンドを従えたABBA VoyageのABBAターは、金曜日にロンドンにある特注のABBAアリーナに公演初日を迎えます。

「ふと気がつくと、私たちが持っている絆、私たちがしてきたこと、私たちが一緒に持っていたものは、信じられないほどです」
「そして今、私たちはここにいる。そして、ここにいる理由があるんだ、本当に素晴らしいよ」。

https://www.express.co.uk/celebrity-news/1614229/bjorn-ulvaeus-abba-music-career-self-doubt-news-latest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。