ビヨルン激白!「ソングライティングの価値ってなんだ?」「クレジット数があまりにも……」

ABBAのヒットメーカーであるビヨルンが、Music Weekの取材に応じ、共同作曲革命について語りました。

76歳のスウェーデン人である彼は、バンドメンバーのベニーと伝説的なソングライティング・パートナーシップを結んでいましたが、ソングライティング・チームの規模が大きくなるという現代のトレンドについて複雑な心境を語っています。

Music Weekの調査によると、2019年の英国最大のヒット曲100曲の作曲に必要なクレジットされたソングライターの平均人数は4.77人でした。

素晴らしい楽曲を生み出すことができますが、時には人間味のないものになってしまうこともあります

“明らかに、それは異なる種類の書き方です “とビヨルンはMusic Weekに語りました。「すばらしい曲を作ることができますが、ときには人間味のないものになってしまうこともあります(なぜなら、心はどこにあるのか?誰がこれに責任を持つのか?15人のライターがいる場合、誰の感情を基準にすればいいのでしょうか?違った種類の文章を書くことになるのです)」。

ストリーミングの印税率をめぐる議論が続いている中、ビヨルンは、現在のビジネスではソングライターに「ほとんど」価値を置いていないと主張しました。

「15人のソングライターがいて、1つのストリームで1000ドルの報酬が得られるとしたら、彼らはタクシーを運転しなければなりません」と付け加えたビヨルンは、もし自分が2021年に18歳だったとしたら、ソングライターに金銭的な報酬が与えられていないことで、別のキャリアを選ぶことになっていただろうと述べました。「私は大学で教育を受けるつもりだったので、土木技師になっていたでしょう」と述べています。

先週、ロンドンのGrosvenor Houseで開催されたIvor Novello Awardsで記者団に語ったビヨルンは、現在のシステムが「アナログ時代の遺産」であることを示唆しました。

「物理的な製品を製造して流通させなければならず、それには多額の費用がかかります。そのため、お金のバランスがレコード会社の方に傾いてしまったのです」。一方、出版社は楽曲を制作していたので、お金の面ではそれほどコストがかかっていませんでした。

「しかし、今日ではまったく違います。今日、曲とアーティストのどちらが重要かと聞かれたら、アーティストが曲よりもはるかに重要であるとか、曲がアーティストよりもはるかに重要であるとはなかなか答えられないでしょう。どちらも同じくらい重要なので、半々だと言えるでしょう」。

The Music Rights Awareness Foundation(MRAF)の共同設立者であるビヨルン氏は、Ivorsのプラットフォームを利用して、録音物に正しいメタデータを添付することの重要性についての知識と認識を高めるための「Credits Due」キャンペーンを開始しました。このキャンペーンは、MRAFがThe Ivors Academyと共同で実施したものです。業界団体は、年間5億ポンドのストリーミングデータによるロイヤルティのギャップを指摘しています。

「これは、すべての録音物に5つの識別子が付いていることを確認するものです。IPN、IPI、ISWC、ISRC、ISNIの5つの識別子が、すべてのレコーディングに付いていることを確認することです。ですから、皆さんが実際に曲を作るときに、これらのコードが正しいかどうかを確認する責任があります。「これこそが私が人生の多くを捧げていることであり、ソングライターを音楽業界のスターにすることなのです。

ABBAの40年ぶりのスタジオアルバム『Voyage』の英国での予約注文数が、わずか3日間で8万枚を突破しました。ポリドール社から11月5日に発売されるこのアルバムは、Universal Music UKのアルバム予約注文としては過去最大のものです。

先月、ビヨルンとベニーは、ロンドンで開催されたイベントに出席し、バイリー・ウォルシュが監督を務める、10人編成の生バンドとデジタル・パフォーマンスを行なうコンサート『ABBA Voyage』の詳細を発表しました。この公演は、2022年5月27日から、ロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークにある専用のABBAアリーナで行なわれます。

ABBA’s Bjorn Ulvaeus talks modern songwriting | Talent | Music Week

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。