フリーダ、『Voyage』、ABBAターになること、ユーロビジョンを見ないこと

フリーダがBBCラジオで、グループの再結成、ABBAターとして再現された気分、そして彼らを有名にしたソングコンテストである『Eurovision』を見ていないことについて語っています。

ゾーイ・ボールは、今朝(11日)、Radio 2 Breakfast Showの世界独占放送で、ニューアルバム『Voyage』の制作につながったセッションについて、「実は何も期待していなかったんです」と語りました。「新しいものをリリースするときは、いつも少し緊張します。

「でも、以前のインタビューでベニーが言っていたように、私たちは何かを証明する必要はありません。ですから、私たちはただ楽しむためにやっているのです。そして、人々が気に入ってくれれば、それはもちろん素晴らしいことです」。

フリーダは、今回のアルバムが数十年ぶりのスタジオ共演となったにもかかわらず、4人のスウェーデン人スターは親密な関係を保ち続けていることを明かしました。「私たちは一緒に仕事をすることをやめたことはありません。なぜなら、長年にわたってさまざまなことに関するミーティングを行ってきましたし、多かれ少なかれ連絡を取り合ってきました」「ABBAのデジタルやABBAターのアイデアが出てきたときに、ベニーがその番組で新曲を2、3曲入れようと提案してくれたのが始まりです」「他のメンバーと一緒に仕事をするのはいつも楽しいので、期待してスタジオに行きました…少し緊張しましたが、もしうまくいかなかったらリリースしなくてもいいと決めていました」。

スタジオでの作業について、彼女はこう語っています。「実際にスタジオに入って、まずリハーサルをして…歌詞とキーを確認して…ベニーが曲を作るときには、ボーカルの幅が広いので、歌い始めるとどっちが上手いかがわかるんです。でも、アグネタに有利なことを言わせてもらうと、彼女は本当に素晴らしいストーリーテリングをする人です。彼女のストーリーテリングには何か不思議な力がありますが、残念ながら私にはそれがありません。それは良いことかもしれません。というのも、私たちは歌詞や曲を異なる方法で歌っているようなものですから…私たちはお互いにとても正直です。私たちはお互いにとても正直です。私は、アグネータのようにうまくできないとわかっていることは決してしません」。

来年5月にロンドンで開催される『ABBA Voyageショー』では、若い頃の自分のABBAターとして登場しますが、彼女はこう熱弁します。「このプロジェクトに協力してくれている人たちは皆、素晴らしくてクリエイティブな人たちなので、とても良い気分です。最初は何を信じていいのかわからなかったけど、やっていくうちにだんだんわかってきました。正直言って、理解するのは難しかったけど、今は結果を見て、全体的にとても興奮しています」。

また、1974年に「恋のウォータールー」でユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝した英国との関係については、次のように述べています。「イギリスは私たちにとって、とても重要な国です。ある意味、私たちはイギリスと強い絆で結ばれていますが、それは世界の他の国とは違うかもしれません。私たちはたくさんのことを経験し、たくさんのことをしてきました。私は彼のことを “My Bloody Englishman “と呼んでいます」と答えています。

今でもユーロビジョンを見ているかと聞かれると、彼女はこう答えました。「残念だけど、見ていないわ。なぜなら、ユーロビジョンは何年もかけて大きく変化し、当時とは違ったものになっているからです。今はショーのようになっていて、とても技術的で、良い曲も出てきますが、ユーロビジョンのファンだとは言えません。言うべきではないかもしれませんけどね」。

最近、アンデルソンやビヨルンが示唆しているように、これがABBAの最後のレコーディングであるかどうかという話題については、彼女はやや異なるトーンで語っています。「今年の私たちは、おそらくこれが最後のレコーディングになるだろうと言っています。でも、私が言っているのは、わからないからあまり自信を持つなということです」。最後に彼女は、特に好きなABBAの曲として、1981年の『The Visitors』に収録されている「I Let The Music Speak」を選び、インタビューを締めくくりました。

https://www.udiscovermusic.com/news/abba-frida-bbc-radio-interview/?fbclid=IwAR0arZELYLaWVIvMjWHvM2YwFJICBf4uFjrKwGMsICD6XGH8IyenO4XjsNk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。