プロ野球誕生の日・ボクシングデー・スマトラ島沖大地震の日「今日は何の日・12月26日」

12月26日日曜日

皆様おはようございます。クリスマスも終わり、あとは年末年始を待つだけですね。

今日は「プロ野球誕生の日」「ボクシングデー」「スマトラ島沖大地震の日」です。

まず「プロ野球誕生の日」から。

なぜ12月26日が「プロ野球誕生の日」なのかというと、1934(昭和9)年12月26日にアメリカのプロ野球との対戦の為、現存する中では
日本最古のプロ野球チーム・大日本東京野球倶楽部(読売巨人軍の前身)が創立されたことが由来となっています。
この日にメジャーリーグから選抜された選手の中には現在でも有名なゲーブ・ルースやルー・ゲーリックといった選手も含まれていたそうです。
当然ながらそれまでの日本にはプロ野球というものが存在しなかったことから、野球の技術はそこまで高いものではありませんでした。
そのため、メジャーリーガーの選抜チームと15試合対戦しましたが、全敗という結果に終わったそうです。
現在と昔ではかなり差がつけられていましたが、日本のプロ野球選手も技術を上げていった結果、海を渡ってメジャーリーガーになる選手も登場して、2017年現在ではダルビッシュ有がメジャーリーグのオールスターに選出されるなど活躍を見せていますよね。
現在でも日米の親善試合であったり、WBCなどの世界大会が行なわれていますが、昔に比べて接戦が多くなってきて、日本のプロ野球選手が世界と戦えるということも証明されてきました。
今後も更にプロ野球が発展してレベルの高い試合が見れるようになると嬉しいですよね。

普段から「サウスポー」という言葉は左利きという意味で使われていますが、
日本語に直訳すると「南の手」という意味になり、ちょっとよくわからない言葉ですよね。
実は「サウスポー」にはちゃんとした語源があるのです。
屋外の野球場などに関してはピッチャーが投球をする際に、太陽の西日でまぶしくならないための工夫として、ホームベース側に屋根がつけられていて、ホームベース自体も西に設置されています。
そして、左利きのピッチャーがマウンドで構えると、一塁側が南、二塁は東、三塁は北という方角になるのです。
つまり、左利きのピッチャーがボールを持っている手が南側を向くことが由来となって「サウスポー」と呼ばれるようになったのです。
また、もう一つの説として、「サウスポー」という言葉が誕生した当時、左利きのピッチャーがアメリカ南部出身の選手が多かったため、「サウスポー」になったという説もあります。

スポーツでよく使われる言葉に「エース」という言葉がありますよね。
野球でいえばエースピッチャーであったり、サッカーではエースストライカーといった言葉に使われています。
この「エース」という言葉の語源をかなりの人が勘違いしていて、エースの語源をトランプの最強カードがエースだから、チームの最強選手をエース呼ぶと思っていませんでしたか?
しかし、実は「エース」という言葉とトランプのエースは全く違うのです。
実は過去にメジャーリーグに在籍していたアーリー・ブレイナードというピッチャーのニックネームが由来となっています。
彼がメジャーリーガーとして活躍していた頃にはメジャーリーグは年間で65試合しかなかったのですが、全65試合に登板し、なんと64勝という成績を残したのです。
そんな彼のニックネームは「Asa(エイサ)」だったそうなんですが、その後、それぞれのチームの主力選手に対してエイサのような活躍をしてほしいことから「エイサ」と呼ぶようになりました。
そして、「エイサ」がだんだんと訛っていって「エース」という言葉になったのでした。

*今年は何とかプロ野球も無事に終わりましたね。しかし「クライマックスシリーズ」はいりませんよね?皆様はどう思われますか?

次に「ボクシングデー」について。

なぜ12月26日が「ボクシングデー」なのかというと、クリスマスの翌日であり教会が貧しくてプレゼントがもらえない人のために寄付を募り、寄付されたプレゼントの箱を開ける日が12月26日であることが由来となっています。
スポーツのボクシングと綴りが一緒のため誤解されることもありますが、スポーツのボクシングとは関係のない記念日です。
「ボクシングデー」は日本ではあまり馴染みのないものかもしれませんが、イギリスやオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ケニア、南アフリカ共和国、香港、ナミビアなどの国々で見られる風習となっています。
現在ではクリスマスも仕事に追われる使用人などに家族と過ごさせるための日となっていて、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スイスでは公休日となっています。
そのため、使用人を雇っている一家の人たちは使用人の手を借りずにこの日は全て自分の手で家事をしなければならない日となります。
その他にも、クリスマスにプレゼントの配達を行なっている配達員であったり、クリスマスに働かなければならなかった人に労いの意味をこめてプレゼントをする日にもなっています。
日本にもクリスマスにも関わらず働かなきゃいけないサービス業の人がたくさんいるため、日本でも広まってほしいですよね。

あまりイメージが無いかもしれませんが、実はサンタクロースにも家族がいることを知っていましたか?
日本ではほとんど見かけることはないですが、海外ではサンタクロースの奥さんである「ミセス・クロース」というキャラクターもクリスマスシーズンに見かけるんです。
この「ミセス・クロース」についてもサンタクロースと同様に赤と白の服を着ていて、白髪で優しそうなお婆さんという見た目をしています。
サンタクロースがプレゼントを配っている間に、奥さんである「ミセス・クロース」も子供たちのためにクッキーを焼いたり、子供たちのためにおもちゃを用意したり、ソリを引くトナカイなどの世話などをしているそうです。
「ミセス・クロース」の作業を手伝う妖精たちもいるそうで、クリスマスシーズンには子供たちのためにせっせと働いているんですね。

クリスマスツリーを飾ることについてもキリスト教の風習と関係があるように思えますが、実はもともとはクリスマスにクリスマスツリーを飾る風習はなかったのです。
クリスマスにツリーを飾るようになったきっかけは、現在の北ヨーロッパに住んでいた原住民が冬至の祭りにカシの木を飾っていたことが由来となっています。
カシの木は真冬の過酷な環境でも枯れることがなく青々とした木であることから、永遠に枯れることのない命の象徴として考えられていました。
そんな原住民にキリスト教を布教しようとした際に、カシの木がモミの木となっていき、木の三角形の頂点がキリストであり、下の2つの頂点が人間と生霊だと教えられました。
原住民達にキリスト教の信仰が広まっていったことから、そのままクリスマスにはクリスマスツリーが飾られるような風習となったのでした。

*皆様は無事にクリスマスは終えましたか?コロナ渦中であっても街は賑やかでしたね。

最後に「スマトラ島沖大地震の日」について。

2004年12月26日の現地時間午前7時58分ごろ、インドネシアのスマトラ島西方沖のインド洋で大地震が発生しました。
その地震の規模はなんとマグニチュード9.1を記録するなど、過去に発生した地震と比べてもかなり規模の地震となりました。
ほかにもスマトラ島沖で地震が発生していますが、その規模や被害の大きさから「スマトラ島沖地震」といえばこの地震を指すことが多いようです。
東日本大震災の時と同じく、津波による被害が甚大であったこともスマトラ島沖地震の特徴です。
平均で10メートルに達する津波が数回にわたって押し寄せ、その地形によっては津波の高さが34メートルに達する場所もあったそうです。
インド洋で発生した津波はアフリカ大陸東岸の国であるソマリアやケニア、タンザニアまで到達して、ソマリアでは100人以上の犠牲者を出しました。
この地震による犠牲者の総数は22万人を超えており、年末の長期休暇の時期と重なったことから、観光に訪れた多くの外国人も犠牲となったそうです。

2018年現在ではキャッシュレス決済をする人が増えてきて、お金を持ち歩かない人も見かけるようになりました。
確かにキャッシュレス決済は便利なものですが、いざという時のために小銭を持ち歩くようにしたほうがよいでしょう。
なぜなら、東日本大震災の際は、買い物では小銭しか使えなかったという報告が多数挙がっているからなんですね。
災害が発生するとお店側も営業を断念せざるを得なくなりますし、たとえ営業できたとしてもつり銭などがきれて、小銭でしか支払いができなくなります。
また、災害発生時には携帯電話がつながりづらくなるため、連絡を取るためには公衆電話を使う必要が出てきます。
停電になればキャッシュレス決済なども行なえなくなるため、3日間は家族を含めて生活できるだけの現金を、小銭で用意しておく必要があります。

地震発生直後にテレビを見ていると、すぐに津波の有無が情報として流れてきますよね。
なぜ津波の発生有無がすぐにわかるのかというと、地震の震源地で判断しているからなのです。
震源地が陸だった場合は津波は発生しませんし、海の場合には津波が発生する可能性があります。
また、海が震源地だった場合にも必ず津波が発生するものでもなく、マグニチュードや震源の深さにも関係があります。
震源が80km以上深い場合やマグニチュードが6未満の場合には津波が発生することは少なく、かなり小さい津波しか発生しないとされています。
気象庁ではこのように震源地の場所や深さ、マグニチュードなどから、津波の発生情報を3分以内に発信することを目標としているそうです。

*日本もいつ大きな地震が来るかわかりません。皆様は有事の際の準備をしていますか?備えあれば憂いなしです。

本日日曜日もよろしくお願いいたします。

★東山凛太朗オフィシャルサイトグランドオープン!!

https://higashiyamarintaro.net/

2020年3月29日夕方『新コロナは中国が意図的に作った菌』と書いたら『5,000本』あった記事を全部消されましたので『ゼロ』からID(アドレス)を作り直しました。『私のブログに登録』してくださった皆様には大変ご迷惑をおかけしました。改めてよろしくお願い申し上げます。

『3・11』の時『東日本震災の真実』を書いた時もブログ10,000本を民主党政権に抹殺されました。

これからも負けずに書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

*今日の記念日は他にもあります。

Copyright © STARDUST PROMOTION, INC.All rights reserved.

Copyright © Rintaro Higashiyama.Mamechishiki. All Rights Reserved.

フェイスブック版:https://www.facebook.com/seijibunka

アメーバ版: https://ameblo.jp/higashiyamarintaro/

東山凛太朗特集:https://fika.cinra.net/article/201808-abba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。