ベニー、健康上の「最良の」決断を下す!! 「もし××だったら今ならここにいない」

ABBAは、ビヨルン、アグネタ、フリーダ、ベニーのABBAターバージョンが登場する最新鋭の『Voyage』デジタルツアーの準備を続けているが、多くの人が、高齢のメンバーが70代まで仕事を続けることができるのか不思議に思っているようだ。75歳のベニーは、実は年をとることを楽しんでおり、若い頃に行なった「思い切ったライフスタイル」の変更のおかげで、健康な状態を保つことができていると明かしています。

2021年にバンドの再結成が発表されたとき、世界中のファンが歓喜した。ロンドンの特注スタジアムで開催される新たな「没入型ライブ体験」にも、大きな興奮が走った。このツアーの一環として、体験の主役となるいわゆるABBAターが、名声絶頂期である1970年代当時のメンバーの姿になるという。この「脱年齢化」のプロセスにも動じないベニーは、2017年当時、飲酒問題に悩まされた名声の絶頂期よりも現在の状況の方が好きだと明かしている。

加齢に対する考えを明らかにしたベニーは、次のように語っている。

「私は間違いなく幸運な男だ。もし、ABBAの頃の30歳に戻りたいか、それとも今がいいかと聞かれたら、私は今と答えるだろう」

「年をとるのは悪くない。問題は、自分がもうすぐ死ぬということ。そのことをあまり考えないようにすることだ……それは誰にとっても同じことで、死はとても民主的なものだ」。

死について考えながらも、ベニーは至って健康である。それは、アルコールをやめたからだという。

「酒は問題だったんだ。15年前(現在は20年前)には、もうやめようと思ったんだ。そうしなければ、今ここにいない」
「このことがきっかけで、多くの友人も禁酒し、同じように幸せになっています。アルコール依存症は、知らないうちに発症している。アルコール依存症になる運命にあるのか、ないのか……」。

ベニーが初めて自分がアルコール依存症だと気づいたのは、飲んでいないときに体調が悪くなり、健康な体とは全く逆のことが起こるようになったときだそうです。もし飲み続けていたら、すべてを失う危険性があったことを認めた上で、「問題があることがわかったんだ」と彼は付け加えました。

彼はこう言った。「長い間、十分に飲めば、物を失うことになる」。

今年で禁酒20年を迎えるベニーは、過去に酒が恋しいかと聞かれた際、断固としてそうではなく、酒だけでなくタバコも断ち切ってよかったと答えています。

「酒だけでなく、タバコもやめてよかったと思う。タバコをやめたこともよかった」
「40歳の誕生日にタバコをやめました。禁酒は必要なことだった。酒はすべての邪魔をする。いつも場所を取ってしまう。だから、肩の荷が下りるというのは本当にいいことだ。いい気分だよ」。

ベニーの禁煙と禁酒は、世界中の多くの健康団体から推奨されていることである。実際、米国では、アルコールとタバコは「予防可能な死亡原因のトップ」に挙げられています。

アルコールとタバコは、それぞれ単独で使用しても大きな健康被害をもたらしますが、一緒に使用すると、さらに潜在的な危険にさらされることになります。

*喫煙に関連する健康リスク
NHSは、英国では約78,000人が喫煙が原因で死亡し、さらに多くの人が喫煙に関連する病気と付き合っていると説明しています。これは、喫煙の習慣が50以上の深刻な健康状態を引き起こすリスクを高めるからです。

肺がんの10人に7人は喫煙が原因ですが、喫煙は口、喉、膀胱、肝臓、腎臓、胃など、体のさまざまな部位にがんを引き起こす可能性があります。

また、がんだけでなく、喫煙は心臓や血液循環に深刻なダメージを与え、以下のような生命を脅かす症状のリスクもあります。
https://www.express.co.uk/life-style/health/1609835/benny-andersson-abba-health-alcohol-smoking-effects-cancer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。