ベニー「38万枚のチケットを売り上げた」と明かす!ABBA VOYAGE大盛況!!

バーチャルなABBAのショーに関する最初のニュースが流れたのは2016年のこと。それから6年『Voyage』はロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークにある専用の3,000席のABBAアリーナでのオープンを控えています。その過程で、ベニーとビヨルンはショーのために2曲の新曲を書き、アグネタとフリーダと再会してニューアルバムを録音、1974年に 「恋のウォータールー」でユーロビジョンソングコンテストを制し、初めて国際的名声を得たスウェーデン出身のカルテットの華 々しいカムバックとなった。

2回のプレビューを経て、5月26日(木)にはVIP招待客がショーを鑑賞し、5月27日(金)には公式オープニングナイトが行なわれます。これまで誰も見たことのないテクノロジーを駆使した唯一無二のショーが、ついに世界中のファンの目に触れることになる。アリーナのバックステージにあるプロダクションオフィスから、ベニーはVariety誌の取材に応じ、この待望の作品について語った。

Q.6年の歳月をかけて完成した『Voyage』を、つい6週間前に初めてご覧になったそうですね。この初見の感想は?
A.このプロジェクトに関わったすべての人が、素晴らしい仕事をしたのだと思いました。そう感じました。そこにいるのは私たちです。ABBAであり、とても美しく仕上がっています。僕にとって本当に重要なのは、それが十分であるかどうかではなく、僕らがそこにいないときに、観客がどう反応するかということなんだ。絵として見てくれるだろうか?絵画に拍手を送りますか?映画に拍手を送りますか?そんなことはしないでしょう。私たちがここで達成しようとしていることに、彼らは没頭してくれるでしょうか?最初の観客は金曜日に来たのですが、半分くらいしか入っていませんでした。彼らは、建物やバーをチェックし、すべてが順調であることを確かめたかったのです。一昨日の試写会は満席でしたね。そう、信じられない反応だ。私たちはその場にいたのです、約束します。私たちは実際にその場にいたのです。だから、とても嬉しい。

Q.このオープニングウィークを過ぎると、あなたは舞台上に登場しませんので、ファンの方々は、あなたのABBAターを観て感動するのではないかと思っているようです。演出を見て感動しましたか?
A.観客を見るのは、そうですね。自分たちを観るのは、それほどでもないです。だって、何が起こっているのかわかっているのですから。良いことは、私たちABBAが毎晩、同じように良いことも悪いこともするということです。

Q.この技術的に進歩したショーは、この種のものとしては初めてと言っていいのでしょうか?
A.そうです。だからこそ、私たちはこのショーに興奮したのです。本当にできるのか?5年半の間、苦しい戦いもありましたから、体力があるのはいいことです。私たちは、「せっかく始めたんだ」ということになりました。ILMの仕事から照明、音響に至るまで、すべてが驚くほど美しい。アリーナで聞いたことのないような最高のサウンドです。それが私の担当でした。つまり、音楽は私の部署、バンドサウンドは私の部署です。これに携わる人たちは皆、素晴らしい人たちばかりです。でも、テクニックはショーとは関係ないんだ。そこに座って、ステージ上のバンドを見る、これがその姿です。

Q.4人が最後にレコーディングしてから約40年、今回のショーでは2曲の新曲、「I Still Have Faith In You」 と「Don’t Shut Me Down」を初披露していますね。誰のアイディアですか?
A.僕が考えたんだ。ビヨルンと話したんだ。もし本当にステージに出るなら、新曲を何曲か追加して演奏しただろうと言ったんだ。そして、彼女たちに電話したら、イエスと言ってくれたんだ。これにはとても驚きました。新曲があればABBA Voyageコンサートにとって良いことだと、全体像を見てくれたのだと思います。それで、最初の2曲はとてもうまくいったし、彼らはまだ歌えるし、私たちはまだスタジオで音楽を作ることができるので、ついでに他の曲もやろうということになり、結局アルバム全体を作ることになったんです。

Q.2曲から5曲、そして10曲になったと聞いています。
A.そして10曲。そうなんです。12曲録ったんだけど、そのうち2曲は完成しなかった。いや、アルバムに残した方がいいと思うものを作ろうって。でも、これで終わり。これ以上はない。

Q.ビヨルンとアグネタは、もうABBAは存在しないと公言しています。そして今、あなたもそう言っていますね。もうレコーディングはしない?もう二度と?
A.絶対にないとは言い切れませんが、ノーです。この先も何もないだろう。

Q.アルバム『Voyage』が世界中で成功したことで、もっとやりたいことがあるのではと思ったのですが。
A.そう、よくやったよ。でも、ノーだ。

Q.Spotifyに「Abba A to Z」というプレイリストがあり、あなたが録音したすべての曲がアルファベット順に並んでいます。それが8時間続くんです。コンサートの上映時間である90分を埋めるために、膨大なABBAのカタログをどのように絞り込んだのでしょうか?
A.これにはかなりの時間を費やしました。(ヒット曲を)演奏しないわけにはいかないと思いましたが、コンサートにダイナミクスを持たせたかったので、観客があまり馴染みのない曲もいくつかありますが、私たちはそれが好きなので入れました。21曲ですが、いい感じです。

Q.この新しい技術によって、モーションキャプチャースーツに戻ることなく、将来的にセットリストを変更することができるのでしょうか?
A.ILM(インダストリアル・ライト・アンド・マジック)は、私たちからの情報をすべて数字で持っているので、ボディダブルを再び呼び寄せることができます。1年後くらいに何曲か入れ替えようと思って作業しても、まったく同じにできるんです。自分たちでもう一度スタジオに戻る必要はないんだ。それが彼らとの約束だ。

Q.アルバム『Voyage』には、ライヴにはない曲が他に8曲あるので、1年後、2年後に追加される可能性もありますよね。
A.かもしれませんね。私は “自由への頌歌” が好きなんです。

Q.このアルバムは、とても暗い2年間(コロナのこと)の中で、とても明るい話題でした。このアルバムの成功は、あなたにとってどんな意味があったのでしょうか?どうなるか、心配はありませんでしたか?
A.心配はしていません。できる限りのことをして、ベストを尽くしたいと思っています。本当に良い評価を受けたのは初めてだと思う。

Q.アルバムはビルボードチャートで2位となり、アメリカではあなたのキャリアで最高位となり、多くの国で1位を獲得しましたね。
A.悪くないね。だから、もちろん嬉しかった。でも、実はこの公演に来るように人々を熱狂させるためだったと言わざるを得ない。

Q.1999年、ロンドンで舞台ミュージカル『マンマ・ミーア!』のリハーサルが行なわれていたとき、ビヨルンは「この公演がヒットするかどうか、まったくわからない」と話していました。『ヴォヤージ』についても、同じようなことを考えていたのでしょうか?
A.『マンマ・ミーア!』でも、どんなショーでも、取り組んでいることは何でも同じです。プレビューがあって、リハーサルがあって、「これが私たちのできる範囲です」と言えるわけですが、ヒットするか失敗するかは、お客さんが入ってくるまでわからないんです。それを教えてくれるのが、お客さんなんです。観客との最初の出会いが、すべてを教えてくれるのです。『マンマ・ミーア!』はそうでしたね。

Q.まだ多くの人が、舞台でホログラムを観ると言っていますが、そんなことはありません。この技術をどう説明しますか?
A.これは不可能なことでした。説明するには、実際に行って見ていただくしかありません。なぜなら、私たちはデジタルで制作され、実際にステージの上にいるからです。スクリーンの上ではないのです。でも、スクリーンには映っているのですが、それを見ることはできませんし、とても美しいので、どうやって作ったのかわかりません。素晴らしいことです。ILMとプロデューサー、そしてディレクターのベイリー・ウォルシュの仕事ぶりには驚かされました。そう、これは本物なんだ。来ていただいたら、ぜひ見てください。本当にリアルで、わけがわからない。ただ、目指していたことが達成できて、やっとスタートボックスに立てたことがうれしいです。

Q.ABBAアリーナは、このショーとそのユニークなテクノロジーを収容するために特別に建設されたものです。しかし、4年後には取り壊されるかもしれないと言われています。
A.クリスマスまでやってくれるなら、うれしい。

Q.もっと長いかも?
A.もっと長いかも?この場所に市が住宅を建てる計画だから、4年か4年半か、とにかく、私がロンドン市長なら、このアリーナは美しいから残すだろうね。ロンドンには3000人収容のアリーナはありません。もし私がロンドン市長なら、このアリーナを維持し、他のショーを開催するか、あるいは私たちを走らせるでしょう。

Q.『Voyage』の次の開催地は、すでにラスベガスという話も出ていますね。
A.いずれ分かることだ。まずは、これが軌道に乗らなければならない。どれだけ魅力的な作品になるかを見極めなければならない。チケットは38万枚ほど売れました。2、3ヶ月は大丈夫でしょう。もっとチケットが売れるかどうか見なければならない。しかし、アメリカからプロモーターがやってきて、自分たちのマーケットに合うものがあるかどうかを確認するでしょう。ここロンドンは、まさにうってつけの場所だと思う。イギリスの人たちは、なぜかいつも私たちを自分たちのもののように扱ってくれて、そのことに謙虚に感謝しています。

https://variety.com/2022/music/news/abba-voyage-teicket-sales-benny-andersson-interview-1235278346/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。