ベニーがFoo Fightersの「Learn To Fly」のピアノ・カバーを公開

ベニーがDave GrohlのGlastonburyでのトップにFoo Fightersの「Learn To Fly」のカバーで応えた。

ベニーは、週末のグラストンベリーでDave GrohlがABBAのトップスを着てステージに立ったことを受け、Foo Fightersの「Learn To Fly」のピアノ・カバーを公開しました。

Grohlは6月25日(土)にピラミッドステージで行なわれたPaul McCartneyのヘッドライン・セットに参加し、ABBAのゴールドロゴがプリントされた黒のトップスを着用した。

フー・ファイターズのフロントマンは長年にわたってABBAへの愛を口にしており、9月にはバンドのためにドラムを演奏することに前向きであると語っていた。

昨日(6月28日)、ABBA Voyageのインスタグラム・アカウントに投稿された動画では、ベニーがフー・ファイターズの「ラーン・トゥ・フライ」の短いピアノ・カバーを演奏している姿が映し出されている。

演奏の最後に、ベニーはフー・ファイターズのTシャツを着ていることを明かしている。

そのグラストンベリー公演で、グロールはマッカートニーのもう一人の特別ゲストであるブルース・スプリングスティーンとともに、ビートルズの曲「The End」を演奏し、セットを締めくくる特別なパフォーマンスを披露しています。

Grohlはまた、ビートルズの「I Saw Her Standing There」とWingsの「Band On The Run」をマッカートニーと共に演奏し、マッカートニーはWorthy Farmまで足を運んでくれたFoo Fightersのフロントマンを賞賛しています。「この男はこれをやるために特別に飛行機に乗ってきたんだ」とマッカートニーは語り、グロールがロサンゼルスからのフライト・キャンセルを乗り越えてセットに間に合ったことを明かしました。

この瞬間は、3月にフー・ファイターズのバンドメンバーであるテイラー・ホーキンスが亡くなって以来、グロールがステージに登場した初めての瞬間でもありました。

一方、フー・ファイターズは先日、今年9月に開催される2つの「テイラー・ホーキンス・トリビュート・コンサート」の詳細を発表した。

フー・ファイターズはロック・アイコンの遺族とともに、ロンドンとロサンゼルスで行なわれる2つの特別なライブでホーキンスの記憶と音楽を祝う。テイラー・ホーキンズ・トリビュート・コンサート」は9月3日にウェンブリー・スタジアムで行なわれ、9月27日にはロサンゼルスのキア・フォーラムで開催予定だ。

ABBA’s Benny Andersson responds to Dave Grohl’s Glastonbury top with Foo Fighters’ ‘Learn To Fly’ cover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。