ポップス史上最大のカムバックを果たしたABBAとは?

1974年、ABBAは、4人のメンバーの頭文字をとって名付けられたスウェーデンの小さなポップバンドである。そのABBAが、ナポレオン戦争に終止符を打った1815年のフランス軍の敗北を歌ったスウィンギーな曲で、『ユーロビジョン・ソング・コンテスト』で優勝しました。

糸で操られた人形、少女のキス、祝福、歓喜、ブームバンバンなどで構成されるユーロビジョン・コンテストでは、このような題材はあまり目立たない。しかし、「恋のウォータールー」は、退屈な歴史の授業、木彫りの学校教師、埃をかぶった教科書への賛辞ではない。それは、戦いというメタファーを通して語られる、男への永遠の愛に身をゆだねた女性の物語だった。知っていましたか?また、この曲は、世界で最も愛されているポップグループの一つが音楽シーンに登場したことを示している。

誰もがABBAのお気に入りの曲を1曲は挙げるでしょうし、ダンスフロアを最も嫌う人でも、結婚式で1、2杯飲んだ後に、「ダンシング・クイーン」をこっそり歌ったことがあると告白するでしょう。

約2年間のロックダウン、休暇の禁止、強制的なホームステイ、醜い髪型などを経て、このニュースを聞いて喜ばない人はいないでしょう、ABBAが復活したのです。

確かに、半世紀近く前に気まぐれなポップスを作っていたことで知られる70代の4人組が、現代のポップスシーンで生き残ることができるかどうかは疑わしいと思っていました。しかし、彼らはそれをやり遂げているように見えるし、実際、ヘレグド(スウェーデン語で「良い神」の意)、彼らは大成功を収めている。

ニューアルバム『Voyage』は発売1週間で100万枚以上を売り上げ、ロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークで行われる来年のコンサートのチケットは1枚数百円で売られています。これはもう「マネー、マネー、マネー」の世界?何度でも言いましょう。

ABBAは、おそらくポップス史上最大のカムバックを果たしています。

全盛時の実働は約10年と、同時代の他のグループに比べて短く、1990年代初頭に映画やミュージカル『マンマ・ミーア!』で一時的に復活した以外は、このファブ4人(おそらく、ビートルズにひっかけている)は静かに過ごしてきました。一時的に復活したことを除けば、ファブ4は静かに過ごしてきました。

彼らは70年代に、愛のチャンスを掴むこと、フランスの川辺を歩いてクロワッサンを食べること、真夜中の寝室に見知らぬ男を忍び込ませることなどを歌ったアップビートなアンセムで、ポップスターダムの目まぐるしい高みに上り詰めました。

その後、80年代初頭には、愛をテーマにした泡のような曲が、バンド自身の結婚生活の苦悩を反映して、人間関係の破局を描いた退屈な物語に変わり、1982年、レコードの売り上げが低迷する中、ABBAは最後の作品を発表しました。「ザ・デイ・ビフォア・ユー・ケイム」は、退屈な女性が『ダラス』を見ながら中華料理を食べて恋人を待つ、という退屈なシンセポップの物語で、これ以上の落ち込みようがあるだろうか?

しかし、40年後、ABBAは再び大きな存在となった。首都に特注のアリーナを建設して、おそらく数年に渡ってライブを開催するほどの規模だ。

ソーシャルメディアでの反応を見ていると、ファンは新作に夢中になっているようです。

このアルバムは、70年代に彼らが提供していたクリームや砂糖、ジンジャーブレッドを詰め込んだバイキング料理のようなものではありませんが、スウェーデン産の発酵したニシンのような臭みはなく、マーケティングもABBAのトレードマークである洗練されたメロディーに匹敵するほど巧妙です。

これは、ポップス史上最大のカムバックなのだろうか?時間が経てばわかることですが、新型コロナが収まれば、来年のショーが始まるときには、ABBAのアリーナには人が集まるでしょう。

しかも、ABBAは姿を現す必要がありません。

コンピュータ化されたABBAターホログラムが観客を煽り、その間にベニー、ビヨルン、フリーダ、アグネタがゆっくりと給料を受け取るのです。

好むと好まざるとにかかわらず、ABBAは自分たちが何をしているのかを知っているし、これまでに見たものが何かをもたらすものであるならば、彼らはまだうまくやる方法を知っているのだ。

https://www.express.co.uk/entertainment/music/1528154/ABBA-comeback-voyage-pop-career-arena-concert

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。