マネー、マネー、マネー!ビヨルン、新しいファンドに11億ドルの資金調達!!

ビヨルンとEQT ABの会長であるコンニ・ヨンソンは、音楽カタログに投資する新しいファンドのために11億ドルもの資金調達を計画していると、この問題に詳しい関係者は述べている。

このファンドは、二人が役員を務めるスウェーデンのエンターテインメント企業Pophouse Entertainmentと密接な関係を持ち、50億〜100億クローナ(5億2900万〜11億ドル)の資金調達を目標としていると、詳細は非公開であることを理由に同関係者は語っている。

立ち上げの時期はまだ決まっておらず、投資家との初期の話し合いは、銀行や音楽出版社に集中していたと、この関係者は述べている。ビヨルン、ヨンソン、そしてポフハウスの最高経営責任者であるペール・スンディンの代表者は、コメントを求めたがすぐに返答はなかった。

投資対象としての音楽カタログは人気を博している。BlackstoneとHipgnosis Song Managementは昨年、音楽著作権の取得と管理に関して10億ドルの提携を開始しました。

ロックスターのスティングは最近、キャリアを積んだ楽曲カタログをユニバーサル・ミュージック・グループに売却したが、同グループは2020年にボブ・ディランのカタログも3億ドル以上の契約として購入している。

ポフハウスは2月、エンターテインメント業界の知的財産投資に注力するため、事業を拡大すると発表した。このスウェーデン企業は、ロンドンにある『ABBAアリーナ』にも投資し、ポップカルテットのデジタルABBAターを使った通年のコンサート体験を実現しようとしている。

https://www.news24.com/fin24/economy/world/money-money-money-abba-star-private-equity-firm-chief-seek-1-billion-for-new-music-fund-20220319

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。