ライブミュージックの在り方を変える『ABBA2022バーチャルコンサート』!!

今こそ、フレアスカートを脱ぎ、プラットフォームブーツを履き、顔の毛を伸ばし、髪の毛を羽織る時です。なぜなら、SOS!ABBAが戻ってきたのです。ABBAは40年ぶりにアルバムをリリースするために再結成されただけでなく、1983年に活動停止して以来初めて、スウェーデンのポップバンドが再びライブを行なうことになったのです。

2022年5月、ポップアイコンのABBAは、ロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パーク近くの専用アリーナで、コンサート・レジデンシー『ABBA Voyage』を開始します。10人編成のバンドと一緒に、「マンマ・ミーア」「ザ・ウィナー」「恋のウォータールー」などの曲に加え、プラチナセラーとなったニューアルバム『Voyage』の曲も演奏します。しかし、実際にはその場にいないというのがミソです。ABBA Voyageは普通のショーではないのです。

いわゆる「没入型デジタルコンサート」で、ダンスクイーンのアグネタとフローだ、そして楽器演奏者であり作曲者でもあるベニーとビヨルンが、カスタムメイドのデジタルABBAターを使ってバーチャルにパフォーマンスを行ないます。

ABBAと、スター・ウォーズの生みの親であるジョージ・ルーカスが設立した視覚効果会社のクリエーターや技術者たちは、2年以上前からユニークなライブ音楽体験を実現するために努力を重ねてきました。ABBA Voyageでは、メンバーが60代後半から70代になった現在のバンドの姿ではなく、70年代の全盛期のバンドの姿が登場します。ABBAは、ユーロビジョンで優勝し、4億枚のレコードを売り上げた50年の音楽的遺産の幕開けとなった当時の姿を、デジタル技術で再現します。

このABBATARSはCGIホログラムではありません。CGIホログラムは、トゥパック・シャカールが殺害されてから約15年後の2012年にコーチェラのステージに登場して以来、ライブ音楽業界を騒がせてきました。その後、2014年のビルボード・アワードでマイケル・ジャクソンを生き返らせたり、最近ではロイ・オービソンやホイットニー・ヒューストンが死後にステージに立つツアーにもこの技術が使われています。

亡くなったアーティストをデジタルで表現したこれらの作品には、驚きと反発が入り混じっています。2016年に亡くなる前のプリンスは、これらを「想像しうる最も悪魔的なもの…そして私は悪魔ではない」と呼んだ。一方、オービソンとヒューストンのツアーのレビューは賛否両論で、ある評論家は「ホイットニーとの夕べ」を故人となった歌手の遺族による「残忍なキャッシュイン」と評している。

しかし、これらのホログラムには、アーティスト自身が関わっているものはありません。ABBA Voyageのディレクターであるバイリー・ウォルシュ氏によれば「これこそが今回の試みの特徴だという。これは素晴らしいことです。これは遺作のショーではありません」と彼はズームコールで語る。「生きている人たちと一緒に仕事をしていて、その人たちが多くの時間を費やして撮影され、この番組の心と魂になっています。本当に素晴らしい4人の方々とのコラボレーションは、私にとって大きな喜びでした」。

「ABBAは5週間かけて160台のカメラでモーションキャプチャーの撮影を行ない、96分のショーの時間を構成する曲を披露しました。振付師のウェイン・マクレガーが、彼らのために非常に基本的な振付をしてくれました」とウォルシュは振り返る。「2回目の撮影では、ウェインが若いボディ・ダブルを使って、彼らの動きをすべて拡張し、誇張してくれた。ウェインは、ある意味では同じ振り付けをしたのですが、それをもっと複雑に、もっと若くしたのだと思います」。

ウォルシュ氏はホログラムがABBAに適した方法ではなかったもう一つの理由として、テクノロジーが十分ではなかったことを挙げています。「ロボットのような、デジタルな感じがしたのです。信憑性に欠け、技術的にも限界がありました。ホログラムでは、使用できる光や使用方法に制限があります。ホイットニー・ヒューストンのショーはその良い例だと思います。他人の頭を体に乗せて3Dにするだけでは不十分なのです」。

この技術の可能性は非常に大きい。国際的なライブ音楽ビジネスに特化した出版物であるIQマガジンのニュースエディターであるジェームス・ハンリーは、「アイコンを永遠に生かすことができる方法です」と言います。「レコード業界では、何年も前に発売されたカタログがリパッケージされて再販されることがありますが、それと同じようなものです。レガシーを強化し、それを維持するための別の方法です」。

理論的には、マドンナ、ポール・マッカートニー、ローリング・ストーンズ、Jay-Zのようなアーティストが先を見越していれば、後世に残すために今の自分を録音し、そのABBAターに手を加えて、彼らがこの世にいなくなった後にステージ上で命を吹き込むことができるでしょう。ハンリーは、「これに全く反対する人もいると思います。でも、それに賛成する人もいるでしょうし、彼らが死んだ後もずっと生き続けられるように、今から作業をする人もいるでしょう」。

ハンリーは、もしABBAのショーが成功すれば、より多くのアーティストが後に続くことになると考えている。「例えば、デビッド・ボウイがそうですね。彼には様々な局面があり、このようなショーに適しています。できることはたくさんありますよ。ビートルズもそうかもしれません。50年も一緒に演奏していないバンドがあって、実際にキャリアの最後の4年間はツアーをしていませんでした。彼らにとって最も華やかな時期だったのです。それを再現すれば、とても素晴らしいものになると思います」。

しかし、ウォルシュは、この技術はそこまでのものではないと考えています。「人々はテクノロジーのアイデアにとても飽きてしまうと思います。オタクや私のような映画製作者にとっては非常にエキサイティングなことだと思いますが、一般の人々はそれほど興味を持っていません。彼らが実際に求めているのは、素晴らしいエンターテインメントなのです」と彼は言います。「つまり、私たちのショーの素晴らしい点は、生バンドがあることです。生バンドは常に物事に緊張感と美しさを与えてくれます。人々が歌ったり、踊ったり、泣いたりすることができれば、それは素晴らしいショーなのです」。

もちろん、証拠となるのは、ディスコ衣装を身にまとったプリンです。このABBATARSをどのようにステージに登場させるかはまだ秘密ですが、ウォルシュ氏は、このショーが何らかの形でABBAのストーリーを伝え、それぞれの曲に異なるテーマや物語を与えることを示唆しています。過去に戻って、1979年のエネルギーを現代に再現しています。「2022年に若き日のABBAが自分たちを紹介し、『今のABBAは誰だろう』と問いかけるのです」。

「願わくば、その答えがシンプルなものであってほしい。彼らは今でも偉大なポップグループである。しかし、たとえABBATARSが今後何年にもわたってコンサート来場者に悪夢を見せるような巨大な作品になったとしても、ABBAの音楽は変わっていません。それは何十年にもわたって変わらない、喜びに満ち、感情を揺さぶる、安っぽくておいしいポップスです。どんな人であっても、引き込まれずにはいられないような音楽です」。

「音楽がとても愛されていて、私たちの生活の一部になっているからこそ、現実にはショーが共同体的な体験になるのだと思います」とウォルシュは言います。ショーとは音楽のことであり、最終的にはビジュアルがケーキの上のチェリーになると思います」。

『ABBA Voyage』は、2022年5月27日にロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークで開幕します。

https://www.timeout.com/music/how-abbas-virtual-concerts-could-change-the-face-of-live-music-in-2022

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。