春の彼岸入り・精霊の日・点字ブロックの日「今日は何の日・3月18日」

3月18日金曜日

皆様おはようございます。体調はGOODですか?3回目のワクチンは終わりましたか?検温しましたか?

今日は「春のお彼岸入り」「精霊の日」「点字ブロックの日」です。

まず「春のお彼岸入り」から。

2022年のお彼岸の入りは3月18日となります。
日本ではお彼岸にという文化が忘れられつつありますよね。
それではそもそもお彼岸とは何なのかを解説します。
お彼岸は元々は仏教用語で「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて修行を積むことで煩悩を脱して、悟りの境地に達した世界(彼の岸)に到達する」という意味があります。
仏教の世界では西の方向を「西方浄土」と呼び、阿弥陀様がいる方角であり極楽浄土の世界があるとされているため、西の方向に向かってお祈りをしていました。
そして、我々の住む此岸と仏様の住んでいる彼岸が最も近くなるのが春分の時期であるため、春分をお彼岸としてご先祖様(仏様)にお祈りするようになりました。
これは太陽が真東から昇って真西に沈むことから、此岸と彼岸が最も通じやすくなると考えられていたためです。

お彼岸は「春分の日」や「秋分の日」を「中日」として、前後の3日間を合わせた7日間となります。
お彼岸に入る日の事が「お彼岸の入り」となり、お彼岸が終わる日の事を「お彼岸の明け」と呼びます。
春分の日や秋分の日については太陽が真東から真西に沈む日であり、これは毎年必ず同じ日付と決まっているわけではありません。
そのため、春分の日や秋分の日を基準に決まるお彼岸の時期も毎年変わることとなります。
ちなみに2022年のお彼岸の時期は以下の通りです。
3月18日(金) 彼岸入り
3月21日(月) 中日(春分の日)
3月24日(木) 彼岸明け

家族などの故人が亡くなってから迎える初めてのお彼岸は「初彼岸(はつひがん)」と呼ばれています。
初彼岸だからといってこれといった特別なお参りが必要であったり作法があるわけではありません。
お彼岸の入りには仏壇や・仏具を掃除して清めるようにして、お彼岸の期間中にはお花やお供え物を供えるようにしてください。

春のお彼岸といえばぼたもちをイメージする人も多いのではないでしょうか?
これにはちゃんとした理由があります。
春には気温が温かくなりたくさんの花が咲きますよね。
春に咲く花のひとつに「牡丹(ぼたん)」がありますが、この牡丹の花を見た時にあずきの粒を牡丹に見立てたことから「ぼたん餅」、つまり「ぼたもち」になったとされています。
春の花である牡丹に見立てたぼたもちが、春のお彼岸のイメージにぴったりであることからお供えされるようになりました。

*もう「お彼岸」ですね。コロナに翻弄されて、月日を無駄にしないように日々大事にしたいですね!

次に「精霊の日」について。

なぜ3月18日が「精霊の日」なのかというと、万葉集を代表する歌人の柿本人麻呂や女流歌人の和泉式部と小野小町ら3人の忌日が3月18日であると伝えられていることが由来となっています。
「精霊」は一般的には「せいれい」と読みますが今回の記念日では「しょうりょう」と読みます。
「精霊(しょうりょう)」とは死者の霊魂を意味する言葉となります。

春の彼岸にも近い日であることから、精霊の日は亡くなった偉大な歌人たちの霊魂を偲ぶ日として伝わっています。

◆精霊の日に関係する人物(1)柿本人麻呂

柿本人麻呂は、飛鳥時代の代表的な歌人です。7代の天皇に仕え、「万葉集」に優れた歌を多数残しました。主な作品は持統天皇から文武天皇までの時代に詠まれ、その歌才から宮廷歌人としても活躍していたとされています。

中央集権国家が育つ中での儀礼的なシーンを扱った歌は、宮仕えを感じさせます。そのほかにも、恋愛・皇族関係・自然・死などを歌材に、抒情的な作風で名を残しました。雄大で重厚な世界観の歌が特徴であり、現在では「歌聖」と仰がれています。

◆精霊の日に関係する人物(2)小野小町

小野小町は、平安時代に活躍した女流歌人です。809年、出羽の国(現在の秋田県湯沢市)に生まれました。幼い頃から琴や書道、踊りなどが上手で、相当な美人だったとされています。13歳で都に上り、宮中に仕えるようになった小町は、歌の才能を開花させます。美貌と歌才に恵まれ、宮仕えの女官の中でも抜きん出た存在として、六歌仙・三十六歌仙に数えられています。特に恋愛の歌を得意とし、現代の女性にも通じるような情熱的で美しい恋の歌を多数残しました。

36歳で宮中を退き故郷に戻りましたが、小町を想う深草少将が都から追ってきます。少将は小町への気持ちを示すために毎日1本の芍薬を植えました。しかし、100本目の芍薬を植える日、少将は雨によって橋ごと川に流されて亡くなってしまいます。その死を深く悲しんだ小町は、芍薬に99首の歌を捧げたといわれています。

◆精霊の日に関係する人物(3)和泉式部

和泉式部は、平安時代中期の女流歌人です。父母ともに縁のあった冷泉天皇皇后昌子(しょうし)のもとに早くから仕えました。恋多き人生を送り、冷泉天皇の皇子である敦道親王との恋愛を140余首の歌で記した「和泉式部日記」の作者として有名です。傑出した歌才から「拾遺集」をはじめとする勅撰集に250首近くの歌を収めました。

波乱に富んだ人生を送った和泉式部にまつわる伝説は、各地の民俗信仰とも結びつき、多数の逸話が伝承されています。

小野小町は「世界三大美女」として、クレオパトラや楊貴妃と肩を並べるほどの美貌だったとして有名ですよね。
しかし、世界三大美女に小野小町を入れているのは実は日本だけだって知っていましたか?
世界三大美女なのにアジア人が2人も入っている時点で偏ってる気がしますし、そもそも日本人 ですら小野小町のことをよく知っている人なんてそんなにいないですよね。
教科書にも歌人として名前が紹介される程度であり、日本でも知名度がそんなに高くない人物が、日本以外で知られている訳がありません。
そのため、日本以外の世界では世界三大美女はクレオパトラ、楊貴妃、そしてヘレネという人物だとされています。
ヘレネとはギリシャ神話に登場する絶世の美女であり、神話上の女神です。
古代ではトロイの王子であるパリスがヘレネに恋をして略奪したことからトロイ戦争が起きたとされています。
あくまで神話上の人物であり実在したかどうかもわからない人物のため、日本ではヘレネの代わりに小野小町を世界三大美女の一人としているようです。

小野小町が絶世の美女だったのかは定かではなく、実は容姿が良いからモテていたわけではないとされています。
そもそも当時の女性はよほど男性との仲が良くならない限りは御簾や扇などで顔を隠しているため、男性側は女性の容姿を確認することが出来ませんでした。
当時の恋愛は何度も文通によって歌のやりとりを繰り返して仲を深めるもので、男女の関係になる際に初めて顔を合わせるということが普通でした。
そのため、小野小町も容姿が好まれてモテていたわけではないという事も頷けます。
それでは、なぜ小野小町はモテていたのでしょうか?
それは小野小町が才女で教養があり、特に歌の才能が優れていたためだと考えられています。
先ほど歌のやりとりによって仲を深める事は説明しましたが、小野小町はその歌の才能によって数多くの男性を虜にしたのだと思います。
顔がわからない以上、文面から伝わる小野小町の気品の良さや教養の高さなど、内面に惹かれる男性がとても多かったということですね。
男性が女性と歌のやりとりをして、相手の女性の勝手なイメージを作り上げ、さぞ美人なんだろうと思って実際に会ってみたらそうでもなかった・・・なんて事は当時では普通のことだったのでしょうか・・・。

*皆様の身近で同じ日が「命日」の人はいらっしゃいますか?僕の場合「僕の父方の祖父」「僕の母方の祖母」「僕の親戚のおじいちゃん」の命日が「2月25日」なのです。偶然でしょうか?ちなみに2月25日は菅原道真の命日です。

最後に「点字ブロックの日」について。

なぜ3月18日は「点字ブロックの日」なのかというと、1967年3月18日に岡山県岡山市の岡山盲学校の近くの国道250号原尾島交差点に世界初の点字ブロックが敷設された事が由来となっています。
岡山県視覚障害者協会によって2010年に制定されました。
目的は「点字ブロックの安全性の確保と発展」とされています。
まさか点字ブロックが日本発祥のものだったとは意外ですよね!
点字ブロックの発祥の地である岡山県岡山市250号原尾島交差点には記念の石碑が建てられているそうです。
世界初の点字ブロックが設置されてからは様々なブロック製造されましたが、視覚障害者から統一してほしいとの要望が出たため、2001年にはJIS(日本工業規格)によって点字ブロックの規定ができました。
2012年時点では世界の150ヶ国以上で点字ブロックが使用されていますが、点字ブロックの国際規格についても日本のJISによって定められています。

街中や駅を歩いていればどこにでも見かけるようになった点字ブロックです。
目の見えない方にとってはとても大事なものだと思いますが、普通に生活している人にとってはいまいち馴染みのないものですよね。
そんな点字ブロックは2種類に分類され、それぞれ意味を持っている事を知っていましたか?
今回はそれぞれの点字ブロックの意味について解説します。

◆誘導ブロック(線状ブロック)
まずは誘導ブロックについてです。
誘導ブロックについては、線が並んだ形状をしているため「線状ブロック」とも呼ばれてます。
視覚障害者の方はこのブロックの線を靴底や杖で確認しながら線の方向へ歩くこととなります。
また誘導ブロックが設置してある場合は、前方に危険の可能性がある、もしくは歩行方向を変更する必要性を予告する意味合いも兼ねています。
街中や駅に設置されているのを多く見かけますが、視覚障害者の方にとってはそれほど周囲が危険に溢れている状態であり、進路方向や近くに危険があると伝えるために設置されているのです。
街中は道路に飛び出したり障害物が多かったり、駅だとホームに落ちては大変な事になりますからね。


◆警告ブロック(点状ブロック)
続いては警告ブロックについてです。
警告ブロックは危険な場所であったり、誘導対象の施設がある場合にそれを示すために設置されているブロックです。
その見た目から「点状ブロック」とも呼ばれています。
このブロックについては文字通り危険を警告するためのものなので、階段前や横断歩道前、障害物の前、駅のホームなどに設置されています。
また、点字ブロックの方向が2方向に分かれる場合に、分岐を示す目的としても使われます。

◆黄色である意味
点字ブロックの色は黄色で統一されていますが、これにも意味があります。
そもそも目が見えない方を対象にして設置されたブロックなので、色を付けている意味がないように思えますよね。
しかし、視覚に障害を持っている人にも全く目が見えない「全盲者」と、かすかに視覚がある「弱視者」がいます。
黄色である理由は「弱視者」のためであり、黄色にすることによって「弱視者」の方でも視認しやすくなり、点字ブロックを目印にして安全に歩いてもうら事も目的としています。


*よく点字ブロックを踏みながら、耳にはイヤホンをして無造作に歩いているバカがいます。こいつらのせいで一年間に何人もの「障害者」がぶつかってホームから落ち、最悪の場合は電車にひかれます。十分に気をつけましょうね。また見かけたら注意しましょう!!

本日ハナキンもよろしくお願いいたします。

★東山凛太朗オフィシャルサイトグランドオープン!!

https://higashiyamarintaro.net/

2020年3月29日夕方『新コロナは中国が意図的に作った菌』と書いたら『5,000本』あった記事を全部消されましたので『ゼロ』からID(アドレス)を作り直しました。『私のブログに登録』してくださった皆様には大変ご迷惑をおかけしました。改めてよろしくお願い申し上げます。

『3・11』の時『東日本震災の真実』を書いた時もブログ10,000本を民主党政権に抹殺されました。

これからも負けずに書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

*今日の記念日は他にもあります。

Copyright © STARDUST PROMOTION, INC.All rights reserved.

Copyright © Rintaro Higashiyama.Mamechishiki. All Rights Reserved.

フェイスブック版:https://www.facebook.com/seijibunka

アメーバ版: https://ameblo.jp/higashiyamarintaro/

東山凛太朗特集:https://fika.cinra.net/article/201808-abba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。