福の日・清水トンネル貫通記念日・シャンソンの日「今日は何の日・12月29日」

12月29日水曜日

皆様おはようございます。体調はGOODですか?検温しましたか?ワクチンは終わりましたか?

今日は「福の日」「清水トンネル貫通記念日」「シャンソンの日」です。

まず「福の日」から。

なぜ12月29日が「福の日」なのかというと、12月29日が正月を迎える直前であり、買い物や大 掃除をして正月に供える日であることが由来となっています。
「福の日」についてはおせち料理などに使われる水産練り食品などの製造・販売を行っている株式会社紀文食品によって制定された記念日となります。
株式会社紀文食品によるとこの日を「正月行事の本来の意味や謂われなどを知ることによって、福を招いてもらう」ということを目的とした記念日としています。
12月29という日付が「29(ふく)」という語呂合わせであることも、この日を「福の日」とした由来になっているそうです。
一般企業なども仕事納めをするのは12月28日が多く、12月29日からお休みが始まって、急いで正月の準備をする人が多いのではないでしょうか。
現代ではおせち料理は注文をして買うという人が多く、その家のおせち料理の味付けを代々受け継ぐということが少なくなりました。
少し手間が掛かるかもしれませんが、料理が嫌いではないという方は今年は正月に向けておせち料理の仕込みをしてみてはいかがでしょうか?

皆さんはおせち料理といえばどんな食材を思い浮かべますか?
黒豆や数の子、伊達巻き、栗金団、かまぼこ、海老、昆布巻きなど様々なものが入っていますよね。
しかし、近年のおせち料理の定番として「ローストビーフ」が入っていることが多いと思いませんか?
そもそも日本人が牛肉を食べ始めたのは明治時代以降ですし、おせち料理にローストビーフってなんだか不思議ですよね。
それではなぜローストビーフがおせち料理の定番になったのかというと、多くの人に好かれている料理であり、調理が手軽なことと長期保存向きであることが由来のようです。
他のおせち料理と違って特に縁起が良いものというわけではなく、正月の祝いの席の一品として、家族と一緒に豪華な食事を食べてほしいという願いから入れられるようになりました。
確かにローストビーフはご馳走という感じがありますし、現在ではおせち料理としてすっかり定着しましたよね。

正月飾りの定番といえば「鏡餅」ですよね。
正月が近づいてくると、スーパーなどで大量の鏡餅が売られているのを目にします。
しかし、そもそもなぜ正月に餅を飾るのかその意味や由来を知っていましたか?
正月には豊作や幸福をもたらす神様である「年神様」と呼ばれる神様が降りてくると考えられていて、鏡餅は年神様へのお供えなんです。
現在は鏡といえば四角いものですが、昔は鏡は丸い形をしていたことから、丸い餅のことを「鏡餅」としたのです。
さらに、鏡は神事に使われるなど神様が宿る神聖なものと考えられていたことも、鏡餅を飾るようになった由来となっています。

*皆様は「お正月」の用意はお済ですか?時が経つのは早いですね、コロナに翻弄されて気が付いたら……。

次に「清水トンネル貫通記念日」について。

清水トンネルとは群馬県の土合と新潟県の土樽の繋ぐトンネルのことであり、1929年12月29日に開通しました。
清水トンネルは全長9702メートルであり、開通当時は日本に存在するトンネルとしては最長のトンネルでした。
当時の技術で10キロ近くのトンネルを開通させるのは大変なことで、開通までには7年の歳月がかかりました。
そして、清水トンネル開通工事には7年間で240万人もの作業員が投入されたそうです。
また、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」という一節を聞いたことはありませんか?
川端康成の小説である「雪国」の冒頭文ですが、この一節に登場する「トンネル」とは実は清水トンネルのことなのです。
2009年2月6日には経済産業省から、笹子トンネルや柳ヶ瀬トンネルなどとともに近代化産業遺産に認定されています。

トンネルの中を走っていると、非常口が設置されていることがありますよね。
しかし、実際にあの非常口を使う機会はほとんどなく、非常口の先がどのようになっているのか知っている人は少ないですよね。
実は非常口の先は反対車線のトンネルであったり、避難通路に繋がっているのです。
必ずしも避難通路を作っておく必要がなく、トンネルの先が崩れたとしても、反対車線のトンネルに出られれば、安全に避難することが出来ますよね。
そして、場合によっては非常口が設置されていないトンネルもあります。
非常口は約750メートルの間隔で設置されるため、短いトンネルには非常口が設置されていない場合もあるのです。

トンネルの明かりが所々消えているのを見かけたことがありませんか?
明かりが消えているのは管理不足であったり、停電しているというわけではなく、敢えて明かりを消しているそうなんです。
明かりを消すことは一見すると危険に思えるかもしれませんが、実はドライバーの安全を守るために消しているのです。
トンネルの外と中では明るさに差があることから、トンネルの出入りによって目がくらんでしまう危険があります。
つまり、明かりを所々消すことにより、徐々にドライバーの目を慣れさせて、ドライバーの目がくらまないようにしているんですね。

*帰省される方は「車」」でしょうか?トンネル内はくれぐれもお気を付けくださいね。

最後に「シャンソンの日」について。

なぜ12月29日が「シャンソンの日」なのかというと、1990(平成2)年12月29日に銀座のシャンソン喫茶の老舗「銀巴里」が閉店したことが由来となっています。
「シャンソンの日」については、40年近くの歴史のあるシャンソン喫茶である「銀巴里」が閉店することを寂しく思った人たちによって制定された記念日となります。
そもそも皆さんは「シャンソン」についてはどういう歌の事を指すのかを知っていますか?
シャンソンは実はフランス語であって「歌」という意味の言葉となり、ポップスやジャズといった特定のジャンルを指すものではなく、フランス語の歌謡曲全般を指します。
本来の意味ではフランス語の歌謡曲ということになりますが、昨今の日本では1960年代までに流行したフランス歌謡曲を指してシャンソンと呼ぶことが多いです。
また、フランス語で歌われておらず、日本語でカバーされて歌われているものに関してもシャンソンに分類されています。
現在でもシャンソン喫茶を営業しているお店はあるみたいなので、ぜひ「シャンソンの日」にはお近くのシャンソン喫茶に足を運んでみてはいかがでしょうか。

日本ではおそらく知らない人はいないであろう童謡に「猫ふんじゃった」という曲がありますよね。
鍵盤楽器を習った事が無いという人でもなぜか「猫ふんじゃった」だけは弾ける人が多いですよね。
この日本でも有名な「猫ふんじゃった」については、実は海外では全く曲名が違うって知っていましたか?
例えばフランスでは「猫ふんじゃった」ではなく「カツレツ」という曲名になっているそうです。
確かにナイフとフォークでカツレツを食べる様子が鍵盤楽器を演奏している姿に見えなくもないですよね。
さらに、スペインでは「チョコレート」という曲名となっていて、ドイツやベルギーといった国々では「ノミのワルツ」、デンマークでは「王女の足」という曲名で知られています。
同じ曲なのにも関わらず、ここまで世界で違う曲名で知られているのは面白いですよね。

世界で最も歌われている曲とされているのは「ハッピーバースデー」なんですが、そもそもこの
「ハッピーバースデー」は替え歌だって知っていましたか?
元々は曲のタイトルも違って歌詞も全然違ったのですが、勝手に2番の歌詞として追加されて、それが世界的に有名になったのです。
「ハッピーバースデー」はもともとは「Good morning all」という幼稚園の朝の挨拶用に作られた曲でした。
作曲をしたのはアメリカ人のヒル姉妹という人物だったとされていて、幼稚園の園長をしていた妹のパティが作詞を担当をして、作曲は姉のミルドレッドが担当していました。
その後、1924年には出版されたとある歌集にヒル姉妹の「Good morning all」が無断で掲載され、しかも2番の歌詞まで書き加えられていたのです。
これが世界的に有名となった「Happy birthday to you」という歌詞であり、世界的にこれが広まっていったのでした。

*皆様は「シャンソン」お好きですか?日本人にはあまり馴染みがないかもしれないですね。

本日もよろしくお願いいたします。

★東山凛太朗オフィシャルサイトグランドオープン!!

https://higashiyamarintaro.net/

2020年3月29日夕方『新コロナは中国が意図的に作った菌』と書いたら『5,000本』あった記事を全部消されましたので『ゼロ』からID(アドレス)を作り直しました。『私のブログに登録』してくださった皆様には大変ご迷惑をおかけしました。改めてよろしくお願い申し上げます。

『3・11』の時『東日本震災の真実』を書いた時もブログ10,000本を民主党政権に抹殺されました。

これからも負けずに書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

*今日の記念日は他にもあります。

Copyright © STARDUST PROMOTION, INC.All rights reserved.

Copyright © Rintaro Higashiyama.Mamechishiki. All Rights Reserved.

フェイスブック版:https://www.facebook.com/seijibunka

アメーバ版: https://ameblo.jp/higashiyamarintaro/

東山凛太朗特集:https://fika.cinra.net/article/201808-abba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。