象徴的なポップグループABBAが40年ぶりに再結成、公演後に「タクシーを拾って」。

1970年代を支配したスウェーデンを代表するグループ、ABBAが40年後の今、初めて公の場で再結成を果たしました。グループABBAの伝説的なメンバー、アグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダは最近、ロンドン東部のストラトフォードにあるクイーンエリザベス・オリンピック・パークのABBAアリーナでアルバム『Voyage』のバーチャル・ライブのために一堂に会した。

彼らのパフォーマンスの写真はソーシャルメディアで共有されましたが、みんなの注目を集めたのは、パフォーマンス後にタクシーを呼んでいる動画でした。

その動画には、ベニーが、人目につく道路の真ん中でタクシーを呼ぼうとしている姿が映っています。タクシーを呼ぼうとしてから15秒後、ようやく車が到着し、ベニーは仲間のグループのためにドアを開けてタクシーに乗り込みます。私たちは、ベニーがABBAのボーカリストであるフリーダとアグネタをタクシーに乗せるためにドアを開けているところを見ることができます。白衣の女性たちがタクシーに乗り込むと、グループのリードギタリストであるビヨルンに乗り込む姿が映っています。

報道によると、ABBAはABBA Voyageのイベントのステージで実際に演奏していたわけではありません。映画監督のBaillie Walshは、ポップグループABBAを40年ぶりにコンサート会場に呼び戻すことに貢献した人物である。「アグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダの等身大ABBAターを使ったライブコンサートにすると決めたら、現実世界とデジタル世界をシームレスに融合させようと思いました」と、ベイリーはDeadlineに説明しています。
そのためには、ABBAをスタジオに呼んで、何週間もモーションキャプチャーのセッションを行なう必要がありました。「私たちは5週間かけて彼らを撮影し、その後、ボディダブルを使って若いバージョンの彼らを作りました」とWalsh氏は付け加えました。

https://www.wionews.com/entertainment/iconic-pop-group-abba-reunite-after-40-long-years-hail-a-cab-post-performance-493428

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。