(中編)『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』について「本音」で語ろう!!

◆ABBAのワンリクエスト
アグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダからなるバンド、ABBAなくして『マンマ・ミーア!2』、そして『マンマ・ミーア!2』のフィナーレはありえません。しかし、最初のクライマックスとなるラストシーンで彼らの音楽カタログのほとんどを使い切ってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?ABBAに歌詞の書き直しを依頼し、ABBAが同意した場合にはその要求に従うのです。

パーカー:ほとんどのミュージカルでは、例えば『サウンド・オブ・ミュージック』の場合、ジュリー・アンドリュースとクリストファー・プラマーが恋に落ちる場面など、曲の中で本当のことが起こります。ジュリー・アンドリュースとクリストファー・プラマーが恋に落ちる場面です。歌が実際の物語で、その間の部分は間奏的で、できればウィットに富んだ面白いものにしたい。しかし、ジュークボックス・ミュージカルの本質は、一般的にはその逆です。確かに1作目では、盛り上がって、止まって、歌を歌って、歌が終わって、ドラマを続けていく。それは素晴らしいことですし、第1作目では明らかにうまくいっていました。しかし、ベニーとビヨルンのリクエストは、彼らが愛し、誇りに思っている第1作を否定するものではありませんが、歌をもう少し統合してほしいというものでした。そこで私は、”それならば、私を助けるために、いくつかの歌詞を書き直してもらえないだろうか “と言いました。

カーティス:この映画のトーンは、ABBAを聴くとどうなるかを見事に反映しています。なぜなら、ABBAには完全な無邪気さとノスタルジーという2つの要素があるからです。そして、この映画はその無邪気さ、喜び、シンプルさを反映していると思います。深くて浅くて喜びに満ちていますが、実はむしろ深くて、むしろ賢明なのです。

パーカー:1作目では、歌えない人を雇うという驚くべき決断をしました。ドム・クーパーが歌えないまま登場したのを覚えています。ドムのようなハンサムな若者がたくさんいて、彼のように素敵で、本当にいい男で、本当にいい俳優なんだ。でも、きっと歌える人を見つけることができたでしょうね。

クリスティン・バランスキー(ターニャ役):この作品全体に、何かとても皮肉な雰囲気があることを、みんな理解してくれたと思います。私たちは皆、ミュージカル・コメディのベテランではありませんでした。ミュージカルをやったことはありますが、自分のキャリアが主にミュージカル・コメディだったとは言えません。

ステラン・スカルスゴード(ビル):1作目に僕とコリンがキャスティングされたとき、自分たちが歌って踊るからキャスティングされたのではないことはわかっていました。私たちがキャスティングされたのは、可愛くて面白いはずのビンボー人としてでした。本当にコミュニティ・シアター・プロジェクトのようでした。自分で考えたものが受け入れられるものとそうでないものがあり、絶対に安全で自由だと感じることができます。

パーカー:見事なまでに民主的でしたね。『マンマ・ミーア!』のプロデューサーであるフィリダ・ロイドが行なったことは並大抵のことではありません。しかし、私たちは常に考えていたのですが、自分たちが戻ってきて、皆さんがより大きな規模で戻ってきたいと思うのであれば、ハードルを少し上げようと思っていました。率直に言って、私にとっては歌が重要でした。驚くような歌唱力である必要はありませんでしたが、オーディションではある程度の能力が求められました。

◆レジェンドたちの集い
メリル・ストリープ、コリン・ファース、ステラン・スカルスゴード、ピアース・ブロスナン、クリスティン・バランスキー、ジュリー・ウォルターズ、アマンダ・セイフライド、ドミニク・クーパーといった初代『マンマ・ミーア!』のキャストは、本作で強烈な絆を深めていました。しかし、リリー・ジェームズ、ジェシカ・キーナン・ウィン、ヒュー・スキナー、アレクサ・デイヴィス、ジョシュ・ディラン、ジェレミー・アーヴァインといった新キャストは、自分たちが何をしなければならないのかをわかりませんでした。彼らはすぐにリハーサルに入り(中には他のプロジェクトから引き抜かれた者もいた)、そこですぐにお互いに恋に落ちるというシーンもあった。パーカーは、「このようなことで嫌な思いをするのはつらい」と言っていた。誰かの機嫌を損ねるようなことは絶対に許さない。あなたは自分のやっていることに関心があり、自分の望むものを実現するための最善の方法について意見が合わないこともあるので、大変な日もあります。でも、これは『マンマ・ミーア!2』なんだ。楽しめないのであれば、ショービジネスから足を洗うべきだといつも心がけていました。

ジェシカ・キーナン・ウィン(若き日のターニャ):この映画の多くはクロアチアのヴィス島で撮影されました。しかし、シェールとの歌とダンスのシーンは、イギリスのシェパートン・スタジオで撮影されました。 大人のサマーキャンプのようです。

アレクサ・デイヴィス(若き日のロージー):私たち6人は緊密な連携をとっていました。

ジェームズ:私たちは7週間この島にいて、みんなバカ騒ぎしたり、自分の居心地のいい場所から飛び出したり、太陽の光が降り注ぐ海辺でABBAを歌ったりしていました。それはとても不思議なことでした。その後、年配のキャストが来たのですが、彼らもまったく同じ絆を持っていることがわかりました。

パーカー:年配のキャストとは呼ばないんですね。レガシーキャストと呼んでいますね。

ジェシカ・キーナン・ウィン:レジェンド・キャストと呼んでいます。

バランスキー:フィリダとオルは、レガシーキャストに素晴らしいパフォーマーたちを集めました。みんな面白くて、経験豊富で、しかもゲーム感覚でやっている。そして、私たちは一緒に過ごすことが大好きでした。撮影がないときは、一緒に楽しく食事をしたり、ちょっと飲みすぎたりしていましたね。

クレーマー: まるで大家族の結婚式に参加しているようでした。オリジナルのキャストが若い頃の自分に会うのはとても興味深いことでした。

ジェシカ・キーナン・ウィン:クリスティンに初めて会ったのは、クロアチアで撮影していたときで、撮影開始から2ヶ月ほど経っていました。私たちはフルコスチュームで撮影していたのですが、アマンダ・セイフライドが “ジェシカ、クリスティンはあそこにいるわよ “と言ったんですね。私は振り返りました。太陽が彼女を照らしていました。彼女も振り返りました。私たちは抱き合いました。魔法のようでした。映画のワンシーンのようでした。彼女はとても温かくて、”あなたを見て。ああ、あなたは私なのね”と言いました。

バランスキー:彼女は素晴らしい仕事をしたと思います。彼女は若いターニャに非常に近いと思います。撮影現場では、まるで鏡を見ているような日がありました。彼女は、私が着ていたあの素晴らしい紫のドレスを着ていました。彼女はかつらをかぶっていました。かつらがなければ、必ずしも「ああ、瓜二つだ」とは言えないでしょう。でも、彼女がカツラをかぶったとき、特にあの紫のドレスを着たとき、それはもう大変でした。

ジョシュ・ディラン(ヤング・ビル):ステランとはリーディングスルーで会ったのですが、とても怖かったです。彼の前でスウェーデン語のアクセントを使うのは初めてだったからね。でも、彼は素敵な人で、よく一緒に過ごしました。私は主に彼の本質を見極めようとしていました。彼は、ラース・フォン・トリアーとの仕事やDogme 95のシーン全体、そして彼のプロセスについて、実に気取らずに話してくれました。私は、「これはすごい!」と思いました。彼はちょうどスナッフを飲んでいました。スナッフって何か知ってる?スウェーデンのたばこだよ。ディップしてた 彼は “ディッパー “だよ。

スカルスゴード:彼が私に似ているとは全く思わなかったが、どうでもいいことだ。どうせ全部おとぎ話なんだから。つまり、それらは映画ですらないんだ。ただのパーティーですよ。

デイヴィス:ジュリー・ウォルターズは、地球上で最も好きな人です。だから、彼女の隣に座って、どれだけ愛しているかを伝えたんです。10分間、彼女の印象を演じ続けました。でも、それはやりすぎでした。誰かが撮ってくれた写真の中に、私の後ろにアマンダがいて、彼女はその瞬間、とても興奮しているように見え、ジュリーはただ怖くて逃げ出したいように見えました。次の日、私は本当に二日酔いだったのですが、実際にオルが訪ねてきました。そして私は、「ひどかった?」と言ったら、「すごく悪かったのを覚えているよ」と言った。すると彼は、「本当にひどかったけど、きっと大丈夫だよ」と言ってくれました。

パーカー: レガシーキャストと若手キャストが揃い、島で一緒にクロアチアに行った後は、レガシーキャストが若手キャストよりもひどい行動をとるかどうかを競い合うなど、みんなでわいわいと楽しい時間を過ごしました。

ジェシカ・キーナン・ウィン:ジュディはクロアチアで大規模なパーティを開いていましたが、私が生きている間には二度と起こらないだろうと感じています。

ディラン:ほとんど毎週末、ジュディ・クレマーは大規模なパーティーを開いていました。”ちょっと飲みに行こうか “ではなく。島の使われていない砦を占拠して、豪華絢爛なパーティーを開催していたのです。退廃的で素晴らしく、誰もが本当に自由で楽しい時間を過ごすことができました。

デイヴィス:最初のイベントは、とても素晴らしかったです。山のてっぺんにある古い廃墟のようなお城でのイベントでした。とんでもないことになっていました。

ジュディ・クレーマー:今の世界では遠い昔の話ですが、そうですね、とても良いパーティーでした。絶え間なく続いていました。

アンディ・ガルシア:いや、そのパーティのことは知らないな。

スカルスゴード:最初のショーでの僕のプレイメイトは、間違いなくコリン・ファースだった。コリンやドミニク・クーパーとよく出かけていましたが、彼はパーティーが得意です。

カーティス:この島には私たちしかいませんでした。だから毎晩、2つの競合するレストランで食事をしていました。私はピアース・ブロスナンのレストランに入りましたが、華やかな若者たちはその隣にいました。

キーナン・ウィン:でも、あるとき、みんなでこのレストランに集まったとき、停電と大雨で大洪水になったことがありました。私たちは外のテラスに座り、ろうそくとクラッカーを用意して、それぞれの家に帰れるように嵐が過ぎるのを待つしかありませんでした。

ジェームズ:レストランの前を歩くと、みんな座って食事をしたり、ワインを飲んだりしていますよね。すると、アマンダがパドルボードで海の前を横切っていくのが見えるんです。”ヘイ、アマンダ “みたいにね。

ガルシア:つまり、たまにディナーに行ったんだよ。

ディラン:それは本当に奇妙なほど素晴らしい経験で、私にとっては少し両刃の剣でした。というのも、それは私の最初の仕事の一つだったので、”社会人の世界ではこうなんだ “と思っていたからです。

ジェシカ・キーナン・ウィン:コリンとピアースが若いキャストに何度も何度も言っていたことがあります。「『マンマ・ミーア!』で得られるこのチャンスは、常にあるわけではない。仲間意識と才能と喜びに溢れた稀有な逸材だ。キャリアの中で二度と経験できないかもしれない貴重なダイヤモンドだ」と。

◆メリルとクリスティーンのひととき
“Meryl “とは間違いなく友達です。実際、私が募金活動をしていて、お互いにコネチカット州の車で行ける距離に住んでいるので、メールを交換したばかりです。私たちは、女友達として一緒に過ごすのが大好きです。二人とも、もっと一緒にいたいと思っています。マンマ・ミーア!1』でつながったとき、私たちはもっと早くから友達になっておくべきだったと思いました。なぜなら、私たちは結婚した女性であり、結婚生活を維持し、子供を育て、通勤し、演劇や映画に出演するという、最も困難なことをしていたからです」。Byクリスティン・バランスキー

An Oral History of the ‘Mamma Mia: Here We Go Again’ Ending (vulture.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。