フリーダが『Voyage』評論家に怒りをぶちまけ、ツアー参加者に注文をつける!!

フリーダ(アンニ=フリード・リンスタッド)は、BBC Radio 2にゾーイ・ボールと出演し、ニューアルバム『ABBA Voyage』と今後のライブについて語りました。フリーダは、アルバムに寄せられたネガティブなレビューのいくつかに反撃したいと考えていたのは明らかです。


ABBAは9枚目のスタジオアルバム『Voyage』をリリースし、ファンを喜ばせました。このアルバムは、1981年の『The Visitors』以来、40年ぶりにリリースされたもの、つまり『ABBAの凱旋』のような威力があり、熱心なファンはこのアルバムがどのように仕上がっているかを楽しみにしていましたが、レビューはあまり良いものではありませんでした。

フリーダはBBC Radio 2のゾーイの番組で、ABBAの遺産について率直に語りました。

彼女はこう言いました。「私たちの音楽を聴いて、人々が心の中で何かを感じるようなバンドとして記憶されたいの。
「私は、人々に安らぎと幸せを与えたバンドのメンバーとして記憶されたいのです。私たちは彼らのためにそこにいて、彼らのためにやったのです」。

フリーダは、彼女のニューアルバムを “くだらない “と評した批評家たちを非難しないわけにはいかなかった。

フリーダはこう続けました。「でも、私たちはそんな人たちのことは気にしません!」と続けました。

ゾーイは「いいえ、気にしていません!」と笑いました。

このアルバムには否定的な評価が多く寄せられましたが、その中にはThe iの評論家ケイト・ソロモン氏が2つ星をつけたものも含まれています。

評論家のケイト・ソロモンは、「この試みには『サウンド・オブ・ミュージック』のような雰囲気があり、すでに失われたものを取り戻そうとする、少しダサくて感傷的すぎる試みだ」と書いています。


ガーディアン紙のジュード・ロジャースも、このレコードを非難しています。過去を痛切に振り返るというよりも、『Voyage』の残りの部分の多くは、終局的にそこに留まっているように感じられる。[ソングライターのビヨルンは最近、これらの曲は『絶対に流行に左右されずに』書かれたものだと言っていた。その結果がこれだ」。

「1978年にボツになったシングル『Just a Notion』は初期のジャングリーなABBAを思い出させるが、それ以上のものではない」や「Bumblebee(気候変動について普遍的なことを言おうとする素朴な試み)などの曲を含めると、彼らの品質管理を疑ってしまう」。

このような批判にもかかわらず、ABBAはAbbatarsという形で今後数ヶ月の間にバーチャルツアーを行ないます。

ABBAのバーチャル・プロジェクションが、20代の自分としてファンの前に現れます。

 

https://www.express.co.uk/entertainment/music/1519800/abba-anni-frid-lyngstad-interview-voyage-abbatars

https://www.express.co.uk/entertainment/music/1519800/abba-anni-frid-lyngstad-interview-voyage-abbatars

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。