ABBA、『Voyage』が最後のアルバムと発表!!

ABBAのビヨルンは、最近リリースされた『Voyage』が彼らの最後のアルバムになると語っています。

ビヨルン、アグネタ、フリーダ、ベニーの4人からなるスウェーデンのポップ・バンドは、2021年に40年ぶりの新曲アルバム『Voyage』で再結成を果たしている。ビヨルンは『Voyage』がグループとしての最後の旅となり、この4人での最後のプロジェクトの後、メンバー4人での出演やライブ・パフォーマンスはもうないと語った。

「もうABBAの音楽はないと思う」。とビヨルンは最近のインタビューで語っている。「これは間違いなく僕らの最後のアルバムだと思う」。

ビヨルンはさらに、「ああいうことをすると、人々がどう受け止めるかわからないんだ。そんな誇りをもって、このアルバムをリリースしたんだ」。

2021年末にリリースされた『VOYAGE』は、ABBAにとって10枚目のイギリスでのナンバーワン・アルバムとなり、1981年にリリースした8枚目のアルバム『ザ・ヴィジターズ』以来、40年以上ぶりのアルバムとなった。

現在、クイーン・エリザベス・オリンピック・パークにある特注の「ABBAアリーナ」で、4人のメンバーのABBAター、つまり「ABBAtars」(1979年頃)が10人の生バンドとともに行なう一連のホログラム・ショーのキックオフが予定されています。90分のショーでは、ABBAのヒット曲の数々に加え、「Don’t Shut Me Down」 や「I Still Have Faith in You」といった新しいVoyageの楽曲もセットリストとして披露される予定です。

ABBAターによるショーですが、プレミアにはABBAの4人のメンバーのほか、サー・エルトン・ジョン、カイリー・ミノーグなど、長年のファンも参加する予定です。

現在77歳のビヨルンは、「とても特別なものになるだろうから、みんなで準備を進めているところだ」と語っています。「フリーダは試写を観たけど、アグネタはまだ観ていない。私たちは、たくさんのファンの皆さんと一緒にショーを楽しみたいと思います。私たちはただ座って楽しみたいだけなのです」。

ビヨルンは、デジタル化された若き日の自分が演奏するのを見るのは「とても感動的」だと認めている。

「とても感情的になる時がある 」とビヨルンは語った。「等身大のABBAターが生身のミュージシャンと一緒にステージにいるのを見ると、自分をつねってみたくなるんだ。私でさえ、本当にそこにいるような気がしてきます。『あれは一体何なんだ?』という反応が共通にあるようです」「ジョーズが地面に落ちていたんだ」さらに「『これは音楽、感情、幻想が美しい質感で何層にも重なっている』」と付け加えました。

ABBA Say ‘Voyage’ is Their Final Album

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。