ABBA、レコード売り上げに大貢献!!レコード売り上げ伸びる!!!

ABBA、アデル、エド・シーランのアルバムのおかげで、英国でのレコード売上は1991年以来初めて500万枚を突破しました。

今年購入されたアルバムのほぼ4分の1(23%)がビニール製で、中でもABBAの『Voyage』が最も売れました。

レコード自体は14年連続で成長しており、2020年の売上は8%増となりました。

CDの売上は引き続き減少しました。わずか1,400万枚のディスクが購入され、これは英国でフォーマットが導入されてから6年後の1988年以来、最低の数字です。
しかし、CDの売上高の落ち込みは近年に比べて小さく、2020年には3分の1近くまで落ち込んだのに対し、12%の減少にとどまりました。

これは、ABBAやアデルなどのアーティストが、いまだにCD配信(購買)を好む年配のリスナーにアピールしていることが一因です。

音楽業界の団体であるBPIは、CDの需要減少が何年にもわたって続いてきた「底打ち」であることを期待していると述べています。

◆アナログレコードの不足
Covid社、サプライチェーンの問題、労働力不足に加えて、PVCや紙製品などの原材料の不足が重なり、製造に深刻な遅れが生じたにもかかわらず、2021年にはビニールの復活が続いています。

あるレポートでは、アデルがニューアルバム『30』の予約注文で世界のレコード工場をさらに逼迫させたとしていますが、彼女が注文した50万枚のレコードは、今年プレスされたLPの0.3%にすぎません(しかし、彼女が注文した50万枚のレコードは、今年プレスされたLPの0.3%にすぎないわけです)。より大きな問題は、レコードの需要が製造能力を2倍も上回っていることです。

結局、アデルの復活は、9月に40年以上ぶりに新曲を収録したアルバムを発表して世界を驚かせたABBAの復活に追い越されました。

『Voyage』と名付けられたABBAのアルバムは、大規模な予約キャンペーンにより、来年行なわれるスウェーデンのバーチャルコンサートのチケットへの早期アクセスをファンに提供し、発売初週に29,891枚を売り上げました。

オフィシャル・チャート・カンパニーによると、『Voyage』は今世紀のレコードで最も早く売れた作品となりました。

カセットテープの売上も、音楽市場のごく一部ではありますが、9年連続で増加しています。

2021年の最終的な数字では、過去12ヵ月間に約19万本のテープが購入され、前年比で約20%増加したことになります。

これは、2003年に「Now 54」がカセットテープで年間最大の売り上げを記録して以来、最も成功した年となりました。

しかし、この「カセットテープ回帰」には実際の需要よりも、マーケティングが大きく関係していることは間違いありません。

ほとんどのアーティストは、サイン入りカセットテープを公式サイトで販売しており、同じアルバムのCDやレコードとセットになっていることが多いのです。

ファンは、カセットをバンドルの一部として受け入れるしかないことが多く、レコード1枚ごとに公式チャートで独立した売上としてカウントされています。

全体の数字は、2020年に音楽消費の80.6%を占めたストリーミングの人気に比べて小さくなっています。

それでも、CDやレコードでアルバムを入手できることは、アーティストがナンバーワンになるために重要な役割を果たしています。

例えば、Adeleの「30」は、5週間にわたってチャートのトップに君臨していますが、その売上の75%は物理フォーマットでの購入によるものです。

それにもかかわらず、今年はストリーミングのシェアがさらに拡大したと考えられています。

BPIは、このデータと、今年の最終的な音楽消費量を1月4日に発表します。

https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-59808695

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。