ABBA、没入型パフォーマンスでエルヴィスやマイケル・ジャクソンを超えることを目指す!

スウェーデンの音楽バンドABBA(の蝋人形)は、世界中で4億枚以上のレコードを売り上げた。

伝説のポップバンドABBAは、最新の没入型プロジェクトに大きな賭けに出ていると、創設メンバーのビヨルンがCNBCに語った。

『ABBA Voyage』と名付けられた待望の没入型パフォーマンスは、「40年がかりのコンサート」と称され、スウェーデンのスーパーグループのデジタルABBAターが10人の生バンドを従えて登場する。

4月下旬、英国ロンドンでの待望のワールドプレミアを前に、ビヨルンはCNBCに対し、「いろいろな意味で危険なプロジェクトだ」と語っている。

「そのリスクとは、もちろん、私が考え、願っているような体験を人々がしてくれないということです。それが一番大事なことだ。もし、人々がコンサートから、ああ、まあ、悪くはなかったけど・・・と思って帰ってくれるなら、私たちは、その人たちに、感情的になって、今まで見たことのないものを経験したと感じてもらいたいのです」。

◆ラストアルバム
ABBA(ポップアイコン)はまた、CNBCの取材に対し、多くの人に愛されているバンドの2021年のチャート上位に入ったアルバム『Voyage』(40年ぶり)が彼らの最後の作品になることを確認しました。

ABBA(アグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダ)は、1974年に「恋のウォータールー」でユーロビジョン・ソング・コンテストに優勝し、世界の舞台へと躍り出ました。

The CNBC Conversationの最新エピソードで、ビヨルンは、このアイデア(ABBAター・コンサート)が最初に浮かんだのは約5年前だと語っています。最新技術のコンサートで、1979年の全盛期のバンドのデジタル「ABBAター」コピーを作成することです。

マイケル・ジャクソンやエルビスで実験が行なわれたことがあったが、この技術の開発チームは、生きている人物に使いたいと考えていたという。

「なぜなら、頭蓋は、体の他の部分はバラバラになっても……頭蓋内の寸法は同じなので、生きている人であれば、若い頃の自分のコピーを再現するのは簡単だからです」と、ビヨルンは言った。

人間そっくりのABBAターを作るため、現在70代のメンバー4人はモーションキャプチャースーツに身を包み、スウェーデンのストックホルムに特設されたスタジオで全曲のステージを披露したそうです。

「黒地にドット柄のタイトな衣装を着て、顔にはドットがついていて、ヘルメットをかぶっているんだ。そして、私たちはそのステージに上がり、まるでイギリスの古い(テレビ)番組である『トップ・オブ・ザ・ポップス』で演奏したかのように曲を演奏するんだ」
「最初は変な感じだった。だって、周りを見渡すと、アグネタがいて、ベニーがいて、まるで昔のように。でも、最終的には楽しかったです」。

◆深いフェイク
ビヨルンは、バンドがABBA Voyageの背後にある技術で道を切り開いてきたと語った。

「私たちはこの分野のパイオニアです。ABBAターを作り、人間そっくりのデジタルコピーを作ることで、毛穴、鼻毛、すべてにおいて、しばらくすると、これは人間だ、これはデジタルではない、これは人間の映像だ、と感じるようになります」

しかし、このビヨルン(有名なスター)は、この技術が “深い偽物 “を作りたい人々によってどのように悪用されるかについて心配していると述べています。

「私は、この技術が悪用される可能性があること、そして悪用されるであろうことを理解しました。私たちのABBAターではなく、他のABBAターが、本来の人々が意図していないことを言う乗り物として使われるでしょう。ディープフェイクは今後、本物と区別がつかなくなりますから、本当に気をつけなければなりません」
「でも、どうせ誰かがやるのだから、パイオニアとしてポジティブにやって、どう使えるかを示すのがいいんじゃないかと思ったんです」。

ロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークには、3,000人の観客を収容できる専用の「ABBAアリーナ」が作られた。

ABBA Voyageコンサートは5月27日に一般公開され、ビヨルンはCNBCに対し、あまり知られていない曲や最新アルバムからの曲も含めたヒットパレードが期待できると語っている。

ABBA hope to better than Elvis and Michael Jackson with immersive performance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。