ABBA、40年ぶりに一緒に新曲を作ることへの「喜び」とその歩み

新曲「I Still Have Faith in You」の最初の一節をフリーダが歌ったとき、それはABBAが40年ぶりに新曲をレコーディングしたことを意味していました。

ベニーの息子LudvigとプロデューサーのSvana Gislaは、その時のことを鮮明に覚えています。

彼らはストックホルムのレコーディングスタジオで、アグネタ(71歳)、ビヨルン(76歳)、ベニー(74歳)、フリーダ(75歳)の4人が生涯の別れを経て再会するという歴史の流れを目撃したのです。

このセッションがきっかけとなり、11月に発売されるニューアルバムに加えて、4人の『ABBAターズ』がロンドンの3,000人収容の専用アリーナでパフォーマンスを行なう大規模なデジタルステージショーが実現しました。

来年開催される『ABBA Voyage』のプロデューサーでもあるルドヴィグとスヴァーナは、Mirror紙の独占インタビューで、この信じられないような再会と、それがどのようにして実現したかについて語りました。

★彼女たちの素晴らしい歌声
プロデューサーのSvana Gislaは、フリーダとアグネタの歌声に、スタジオにいた全員が「完全にしびれてしまった」と言い、さらにこう付け加えました。「彼女たちは本当に素晴らしかった」と。

久しぶりにマイクを握った二人には、緊張感は全くありませんでした。

「自分たちのためにやっただけです。最終的に気に入らなければ、誰にも聴かせないと思っていましたから」と彼女は言います。

「緊張している様子はありませんでした。まるで、1979年からドアを出て、40年後に戻ってきたかのようでした」と彼は言う。

スヴァーナは、最後のABBAの音楽から40年が経過したという事実が、彼らの声を何か豊かにし、さらに説得力のあるものにしたと言う。

「フリーダが最初のラインを歌う…」。「I still have Faith in you.」..あれは紛れもなくフリーダです。

「しかし同時に、彼女のABBAの歌を最後に聞いた時と今との間には、40年の時が流れているわけです」。

★カムバックのUターン
4人のメンバーは、長年にわたって新しい音楽を作る気はなかったが、それは決定的な分裂というよりも「40年間の休止」だったとルドヴィグは言う。

しかし、『ABBA Voyage』のショーに携わることで「種をまいた」のだという。

彼はこう説明する。「4人で作業した喜びが、新曲を1、2曲作ろうというアイデアに変わったのです」。

「レコーディングは非常にポジティブなものだったので、彼らはそのまま続けました。4人で作業する喜びを再び感じました」。

父親のベニーが音楽制作をやめなかったこともあり、自然な流れだった。「彼は過去40年間、毎日仕事をしてきました」「錆を落とす必要もなく、ずっと続けてきたんだ」。

★ヒゲの事情
スヴァーナは、ベニーとビヨルンが『ABBA Voyage』のショーでモーション・キャプチャー・スーツを着用した際に、40年ぶりにヒゲを剃らなければならなかったことに恐怖を感じたと笑います。

「彼らはまったく困惑した様子で、『そんなことは絶対にあり得ない』と言っていました」。

私は、コンピュータのモニターを持って立っている180人の人々を見渡して、「『申し訳ないが、ベニー、きみは髭を剃らなければならない、さもなくば皆を帰らせなければならない』と言ったのです」。

この問題で「作戦全体が頓挫しそうになった」とジョークを交えながら、こう付け加えた。「最終的に彼は髭を剃りましたし、ビヨルンも剃りました。でも、ビヨルンはその後、3週間のカヤックホリデーに行きたかったみたいで、帰ってくるまで誰にも会わないようにしていたわ」。

★スタジオにて
「でも、彼らがとても気に入ってくれたので、雪だるま式に増えていきました」とLudvigは笑う。
4人は「すぐに昔と同じような力関係になった」そうで、スタジオでも同じ場所に座るようになったそうです。

もちろん、彼らはお互いによく知っていますし、その環境にも慣れています。まるで時間が経っていないかのようでした」と語っています。

1983年に活動停止した直後に生まれたベニーの息子にとっては、特に感慨深いものがありました。「私にとって、彼らの周りには常に伝説のようなものがありました」と彼は言う。

「まるで自分のおとぎ話の中に入り込んだような気分になります」。スヴァーナは、今回のレコーディングがいかに控えめなものであったかに驚いたと言います。

「とても親密で、気取らない雰囲気でした。コーヒーカップが回ってきたり、シナモンパンが出てきたり。まるで昔からの友人のようでした。彼らはリラックスしていて、とてもプロフェッショナルでした」。

★デジタルステージショー
『ABBA Voyage』のショーを世界各地で開催するという話もありましたが、最終的にはロンドンの専用アリーナに決定しました。

「しかしすぐに、ベルリンで2晩、ハンブルグで2晩をカバーするような照明システムや音響システムを輸送することはできないと気付きました」とLudvigは言います。

その代わりに、ロンドンのオリンピック・パークにある会場の「隅々まで」は、コンサートという魔法のような体験に完璧にフィットし、その効果を高めるように設計されています」。

さて、本番は如何に!?

https://www.mirror.co.uk/3am/celebrity-news/abbas-joy-creating-new-music-24922739

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。