ABBA、A36、NEIKEDら「スウェーデン政府音楽輸出賞」にノミネート!!

ABBA、A36、NEIKED、Julia Karlsson & Anton Rundbergが政府の音楽輸出賞にノミネートされました。

政府音楽輸出賞は1997年に創設され、毎年、前年度に国際的な成功を収め、スウェーデンの音楽輸出の成功とスウェーデンの好イメージに貢献したアーティストに授与されます。受賞者は、3月23日に外務省でアンナ・ハルベリ対外貿易・北欧担当大臣より発表されます。

政府音楽輸出賞のほか、スウェーデンの音楽輸出に長年にわたって貢献した人に贈られる特別賞、スウェーデン音楽の国際化に特に重要な功績を残した人に贈られるHonourable Mentionも授与される予定です。

「音楽産業はスウェーデンの音楽輸出の成功に貢献するだけでなく、スウェーデンを創造的で革新的な国として地図に刻み込むことにもなります。だからこそ、スウェーデンの音楽現象に貢献したアーティストを政府が毎年表彰することが重要なのです」と、ホールバーグ氏は語ります。

審査委員会は、2021年度政府音楽輸出賞に以下のアーティストを推薦しました(アルファベット順)。

A36
スウェーデン語の歌詞を持つラッパーのA36は、フランスに影響を受けたヒップホップにもかかわらず、理論上、聴衆が限られています。2021年、彼はこの枠組みを最大限に活用した。本名Geivar Hasado ShlaimonのA36は、Samma gamla vanligaという曲で北欧の国々で広く成功を収めました。4月にリリースされたこのシングルは、とりわけTikTokで流行したおかげで、夏の間、スウェーデンのチャートで6週間も1位を獲得したのです。その後、北欧の他の国々も、パルティーレ出身のスウェーデン系アッシリア人のラッパーに夢中になる番でした。Samma gamla vanligaはノルウェーで3位、デンマークで12位、フィンランドで4位を記録しました。さらに、フィンランドではこの曲のローカルリミックスがリリースされ、1位を獲得しました。スウェーデン語で演奏するアーティストで、東の隣国でトップ5入りしたのは、バンドのケントが最後でした。北欧を拠点とするグローバリズムを強調するため、A36はデンマークのラッパーBrancoとノルウェーのヒップホップ・アーティストKamelenと共にこの曲のスカンジナビア・リミックスも制作しています。

ABBA
BBCがニュース放送を変更して、新しいポップソングを初公開することはめったにないことです。しかし、ABBAが40年ぶりに新曲を発表したとき、まさにそれが起こったのだ。突然、歴史に残る偉大なポップアーティストたちが帰ってきたのです。ABBAのアルバム『Voyage』は、ポップス史上最も偉大で、最も驚きと称賛に満ちたカムバックであっただけでなく、新しい記録も打ち立てました。このアルバムは18カ国で1位を獲得し、アメリカではアルバムチャートで首位を獲得し、ドイツでは最も売れたアルバムとなりました。彼らは(スウェーデン出身アーティストの中で)英国で最も成功しました。2021年秋にABBAが達成した10回より多く1位を獲得したのは、ビートルズと他の6アーティストだけです。『Voyage』は、英国で21世紀史上最も早く売れたアルバムとなりました。ロンドンで開催予定の、話題の壮大なABBAターを使ったショーのチケットは、わずか3日間で25万枚を売り上げました。このショーは2022年春に初演される予定です。ABBAは結成から50年、アルバムは4億枚以上売れている。アグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダが1972年に始めたことは、スウェーデン音楽の世界的な成功の巨大な第一歩となったのです。

ユリア・カールソン&アントン・ルンドベリ
作曲家デュオのユリア・カールソンとアントン・ルンドベリは、2021年最大のヒット作の一つをリリースしました。オランダのDJ兼アーティスト、ティエストとの「The Business」。この曲はグラミー賞にノミネートされ、Spotifyだけで8億回近くストリーミングされました。この曲は、Vimmerby(Julia)とLidköping(Anton)出身のデュオが、ÖrnsköldsvikのMusikmakarna作曲プログラムで勉強中にコラボレーションを始めて以来、いかにトップへとまっすぐに進んできたかを強調するものです。2015年、カールソンとルンドベリはDenniz Pop Awardsでルーキー・ソングライター/プロデューサー賞を受賞し、初めて業界から認めらましたが、これは主に、前年にスウェーデンのアーティストGalantisのグラミー賞にノミネートされた世界的ヒット曲Runaway(U&I)を共同作曲したことが理由です。その後、ストックホルムとロサンゼルスにそれぞれ拠点を置くカールソン&ルンドベリは、アラン・ウォーカーとサブリナ・カーペンターの「On My Way」やカーリー・レイ・ジェプセンの「Party for One」を制作し、世界中の人々にアプローチしている。2021年、アメリカの音楽雑誌「ビルボード」は、ダンス/エレクトロニックというジャンルの中で、スウェーデン人デュオを世界で3番目に優れたソングライターとして挙げています。

NEIKED(ネイキッド)
スウェーデンの音楽集団NEIKEDは、イギリスのポップアーティストMae Mullerとシカゴ出身のラッパーPolo Gと共に、「Sexual」、そして2021年の最新作「Better Days」というキャッチーなダンスヒット曲で世界的成功を収めました。彼らは共に、TikTok、ダンスフロア、ラジオ、ストリーミング・プラットフォームに最適なサウンドを作り上げました。個人的な成功に加え、彼らはMaroon 5、Macklemore、Zedd、Jess Glynne、Rudimentalなどのアーティストと仕事をしています。スウェーデンでは、Miriam Bryantを長年にわたってプロデュースしています。NEIKEDのVictor RådströmとMikael Rabusは、ÖrnsköldsvikのMusikmakarnaプログラムで学び、現代のヒット音楽のあるべき姿を世界に示しているのです。

 

https://www.government.se/press-releases/2022/03/abba-a36-neiked-and-julia-karlsson–anton-rundberg-nominated-for-the-governments-music-export-prize/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。