ABBAがグラミー名誉賞とグラミー特別賞を受賞!!

スウェーデン・グラミス・ガラ
2021年は、すべてのABBAファンにとって大きな年でした。再結成することのなかったグループがそれを実現し、40年ぶりにアルバムをリリースしたのです。そんな彼らが、今年のグラミー賞で名誉賞と特別賞を受賞。
ABBAがブレイクした時期、グラミー・ガラは無期限の休会を迎え、1987年にガラが復活したときには、ビヨルン、ベニー、アグネータ、フリーダはすでに別々の道を歩んでいた。そのため、スウェーデンのスーパースターたちは、活動期間中、音楽ガラで賞賛されることはなかった。
事前に収録された映像の中で、フリーダは受賞のお礼を述べている。
「アグネタ、ベニー、ビヨルン、私たちが分かち合ったすべてに感謝します。そして、私たちの音楽を心に留めてくれたすべての人々に感謝します」と彼女は言い、こう続けました。最後に「音楽をありがとう」と。
審査員団は、その中で、スウェーデンの音楽輸出におけるABBAの重要な役割と、グループが数世代にわたって意味を持ってきたことを述べています。賞はゴーレル・ハンザ―(ABBAのマネージャー)によって受け取られました。
「業界全体からの多大な感謝を表すために、ABBA(2022)にグラミー名誉賞とグラミー特別賞の両方を受賞します」と委員会は発表しました。

https://www.gp.se/kultur/kultur-n%C3%B6je/miriam-bryant-prisades-j%C3%A4tte%C3%B6verv%C3%A4ldigad-1.73033023?fbclid=IwAR3HI4eU9cQ-LB9MiT8wcWa7NoQ50zLRfzYF70-lluLeKBLKgLYff5pTq0Q

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。