ABBAの『VOYAGE』は可もなく不可もなく……

みんなが大好きなスウェーデンのバンドが戻ってきました。アグネタ・、ベニー、ビヨルン、フリーダ(アンニ=フリード)の名を冠した伝説のグループABBAは、最後のアルバムをリリースしてから40年後、再結成して最新アルバム『Voyage』を制作しました。

なぜ今なのか?ABBAのメンバーの誰かが、さらなる名声と富を急に必要としているのか?彼らのレガシーが疑われたのか?大ヒットしたシングル「ダンシング・クイーン」や大ヒットしたミュージカル『マンマ・ミーア!』の無限の印税では足りなかったのか?

それどころか、『Voyage』は、ソングライターであるベニーとビヨルンが、2016年に計画していたバーチャルな「ABBAtars」コンサート(そう、彼らの才能はポップなフックだけでなく、ダジャレにも及んでいるようだ)に、いくつかの曲を追加することを決めた結果だった。アグネタとフリーダは、アルバムのプロモーションをしないという条件で、レコーディングを承諾しました。

■タイミングのよいカムバック
このように『Voyage』は、すでにお金持ちで有名なミュージシャンが、音楽を作り続ける必要性も欲求もない状態で作ったものです。単に、人に好かれるかもしれない面白さを追求しただけなのだ。

ABBAのディスコグラフィーは、そのメロディーやフックという点で、ビートルズやビーチ・ボーイズ、マイケル・ジャクソンと肩を並べるものだ。曲がいいからこそ、バンドは改良を重ねる必要がなかった。

また『Voyage』が昨年リリースされたタイミングにも、何か因縁めいたものを感じます。80年代や90年代はもちろんのこと、00年代や10年代でも、異常にレトロで安っぽいと思われるかもしれませんが、ジャンルやスタイルが多様化している現在のポップミュージックの状況にはマッチしていると思います。テニス、TOPS、Weyes Bloodのようなバンドが、ABBAのモチーフやフックの多くを愛情を持って活用し、状態はABBA現役時よりさらにリフレッシュしているので、ABBA自身も、時代に完全にそぐわない自暴自棄な団塊の世代のように見えることなく、自分たちのことをやり続けることができるのです。

■いくつかの偉大なヒット曲といくつかの優れたヒット曲
このように考えると、彼らの最新アルバムを正しく判断することができる。さて『Voyage」はどうだろうか。素晴らしいとは言えないが、良い作品だ。確かに『VISITORS』や『SUPER TROUPER』、『THE ALBUM』、『ARRIVAL』のようなレベルではありませんが(公平に見て、バンドに関わらずほとんどのアルバムはそうではないでしょう)、いくつかの素晴らしい曲、いくつかのまともな曲、そして1つのひどく悪い曲があり、彼らの初期のアルバムの品質と一致しています。

中でも、オープニング曲の「I Still Have Faith in You」は、ファンの間でも強い思い入れがあるだろう。フリーダの独唱とベニーのピアノから、ビヨルンとアグネタとの凱旋コーラスへと展開し、全員が再結成に向けての心からの高揚感を表現しているからだ(ABBAの歌詞を引用するのはあまり意味がありません)。

この強力な基盤の上に、アルバムの残りの部分が構築されています。他の2曲は「Don’t Shut Me Down」と「Keep an Eye On Dan」です。これらの曲はキャッチーであるだけでなく、その複雑さとプロダクションは繰り返し聴く価値があります。

そして、アルバムの残りの部分を占める中程度の良い曲(スキップしない、スキップしても良い曲)があります。「When You Danced With Me」「Just a Notion」「I Can Be That Woman」「No Doubt About It」「Bumblebee」「Ode to Freedom」。過去のアルバムでもそうでしたが、ABBAはその幅広さで際立っています。定型的なダンスナンバーやソウルフルなバラードを作ることにとらわれず、すべてをうまくこなすことができるバンドです。

ただし、ABBAがアルバムごとに必ず1曲は提供する、甘ったるい子守唄を除いては。その曲とは、クリスマスをテーマにした「Little Things」という曲で、児童合唱団も参加しています。案の定、この曲はクリスマスシーズンのシングルとしてリリースされ、アルバム中最悪の曲であるにもかかわらず、今後何年にもわたって演奏されることになるだろう。

■ABBAは『Voyage』で何も証明するものがなかった
70歳を超えているにもかかわらず、フリーダとアグネタのボーカルは、オートチューンなどの電子フィルターの助けを借りずに、信じられないほどよく保たれています。実際、彼らの成熟した年齢は、初期のアルバムでは耳障りだった過剰な明るさを和らげるのにも役立っている。

ベニーとビヨルンについては、彼らのソングライティングとプロダクションも健在だが、それほどではない。せめてサウンドやアレンジに工夫を凝らしてほしいところだが、彼らは完全にリスクを回避している。彼らには、現在のアーティストを吹き飛ばし、成熟した自分たちの力を最大限に発揮し、少しモダンにするだけで、現在のポップミュージックに品位を取り戻すだけの力がある。しかし、高齢のためか、彼らは懐古主義に固執し、関連性のある最後の機会を無駄にしています。

しかし、これが重要なことではありません。また、ABBAが新しいスタイルで自分を裏切ったり、新鮮さを求めて新しいポップスターやラッパーとコラボレーションしたりするのは、グロテスクとまではいかないまでも、奇妙なことだっただろう。むしろ、自分たちが楽しんで、ファンのために音楽を作ろうと考えたのだ。

『Voyage』はもっと何かになれたかもしれないが、逆にもっと悪いものになったかもしれない。全体的には、良いポップスであり、ラジオで流れている他のすべての雑音から逃れることができ、ABBAの特別な天才性を思い出させてくれる。

https://thefederalist.com/2021/12/31/dont-take-a-chance-on-me-in-voyage-abba-sticks-to-what-made-them-famous/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。