ABBAデビュー当時からの『本当のABBAファン』たち!!

最後のシングルから約40年が経過していますが、ABBAは2つの新曲「I Still Have Faith in You」と「Don’t Shut Me Down」でチャートに戻ってきました。この新曲は、11月にリリースされる10曲入りのアルバムに収録されています。

にも関わらず『昔からの』『本当のABBAファン』は心から喜んでいません!!

どうしてないのでしょうか?

筆者と同じことを感じていた「ある人物」の論文を紹介します。

なお、ここに出てくる「私」は東山凛太朗ではありません!!念のため。

ABBAは、1982年末に「短い休養」と称して活動していました。しかし、新曲をリリースするのに時間がかかったにもかかわらず、ABBAの人気はかつてないほど高まっています。これは、コンピレーションアルバム『Abba Gold』(1992年)や映画『マンマ・ミーア!』(2008年、2018年)の成功によるところが大きいです。数字がそれを物語っています。ABBAは全世界で約4億枚のレコードを販売しており、『ABBAゴールド』は他のどのアルバムよりもチャートのトップ100に入っていた時間が長いのです。では、ABBAの持続力の背景には何があるのでしょうか?

私が現在行なっている博士課程の研究では、21世紀のABBAファン、特にABBAの長期的なファンについて調べています。私は、ABBAのファンを一枚岩の種族として紹介したり、強迫観念にとらわれた狂った若者として病的に扱ったりする、典型的なメディアや学術的な描写を超えて考察しています。私はABBAファンの異なる、しかし絆のある構成に焦点を当て、彼らのファンダムがバンドとファンの相互愛情関係としてどのように理解されるかを探ります。

実際、ABBAの最も熱心なファンは、時には困難な状況下で、彼らが世間の意識に留まることを助けてきました。私は、ABBAの「カムバック」は彼らのサポートなしには不可能だったと信じています。

◆ABBAのファンダム
ABBAファンダムの複雑さのひとつは、その波の違いです。1970年代から1980年代初頭にかけての長年のファン、ファンの間ではしばしば「オールディーズ」と呼ばれていますが、これはABBAのオリジナルの活動期間(1972年から1982年)にABBAを知り、愛していた人たちのことです。最近では、『ABBAゴールド』や『マンマ・ミーア!』シリーズが、若い世代(「ゴールディーズ」や「モルディーズ」と呼ばれることもある)にABBAの音楽を紹介しています。

GoldiesとMoldiesは、それぞれの方法でABBAファンを表現しています。ABBAのソーシャルメディアでの人気がそれを証明しています。彼らの公式TikTokページの動画は、最初の5日間ですでに3000万回近く再生されています。

オールディーズは、現在の若いファンとはかなり異なる道のりを歩んできました。1980年代は、ABBAファンの「暗黒の時代」と呼ばれています。1980年代は、ABBAファンの “暗黒の時代 “と呼ばれています。時代の変化とともに音楽の好みも変化し、ABBAは以前のような成功を収めることができませんでした。

ABBAの人気が下がるにつれ、多くのオールディーズがいじめられ、時には殴られることもあった。もはや、ABBAのファンであることは社会的に認められていないのである。このようなプレッシャーにもかかわらず、オールディーズは非常に忠実で、何年も辛抱強く新曲を待ち続けた。

◆新曲
最近、ABBAの新曲が2曲発表されたことで、オールディーズが大喜びするだろうと考えるのは簡単だ。しかし、現実はもっと複雑である。

ほとんどのファンはソーシャルメディアで喜び、興奮と喜びを投稿した。しかし、一部のオールディーズにとっては、新曲が出るというABBAの2018年の発表は、少なすぎ、遅すぎと感じた。

私がプロジェクトの一環として一緒に仕事をしたあるファンは、当時、Facebookにこう書いていた。”これまで何度も絶対に起こらないと言われ、ファンはそれを待って死んでしまった…このことにとても興奮するべきだが、そうではない。”

この失望感は、ファンダムを相互関係と考えれば理解できる。オールディーズは、数十年にわたってABBAに精神的にも経済的にも貢献し続けた。あるファンは、ABBA関連の買い物に5万ポンド以上使ったと見積もっているほどだ。しかし、この間、オールディズはABBAから新曲を受け取ることはなかった。オールディーズの中には、長年にわたってABBAに多くのものを与えてきたのに、活動休止中には何の見返りも得られなかったと感じる人もいた。

すべてのABBAファン、特にオールディーズは何十年もの間、空っぽのコップで飲んでいたのである。ようやく忠誠心と希望が報われた。バンドが約束した「新曲2曲」はアルバム1枚となり、2022年春にはロンドンでバーチャルな「ABBA Voyage」ショーが開催されることになった。

今のところ、ファンの反応はほとんどポジティブです。この新曲がどれほど「ABBAらしさ」を持っているかについては、人によって意見が異なりますが、全体的に見て、ABBAファンは1982年以来初めてABBAの新曲を熱心に聴きながら、効果的に「Thank You for the Music」とバンドに歌い返しています。

シャニカ・ラナシンヘは、ロンドンのロイヤル・ホロウェイ大学音楽学部の大学院研究員である。

この記事はThe Conversationに掲載されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。