ABBA二度とライブを行なわず、新曲も作らないことを明らかにし画期的なコンサート・シリーズを開始

FINAL VOYAGE!ABBAは二度とライブを行なわず、新曲も作らないことを明らかにし、画期的なコンサート・シリーズを開始した。

アグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダは、デジタルABBAターにバトンを渡す前に最後の再結成を行ないます。

グループでの出演も、新曲も、そして本物のミュージシャンによるライブパフォーマンスも、もうありません。

ABBAは約4億枚のレコードを売り上げ、9枚のNo1シングルを獲得し、ミュージカルをヒットさせ、史上最も期待されたミュージカルのカムバックの1つである。

しかし、イーストロンドンにある専用のABBAアリーナで画期的なコンサートレジデンス『ABBA Voyage』を開くにあたり、画期的な新しいショーでパフォーマンスをするために画期的なテクノロジーが引き継がれ、本物のシンガーにとっての終わりを告げることになる。

Bizarreの独占インタビューで、ビヨルン(77)は、引きこもりのフリーダ(76)と飛行機が苦手なアグネタ(72)が旅に出るかどうかという疑問にもかかわらず、バンドメンバー全員がそこにいることを確認した。

「そうだね。とても特別なものになるだろうから、みんな準備を整えているところだよ。フリーダは試写を観たし、アグネタはまだ観ていない。たくさんのファンの皆さんと一緒に、ショーを楽しみたいと思います。私たちはただ座って楽しみたいんです」。

ビヨルンは1971年にアグネタと結婚し、1980年に離婚している。75歳のベニーとフリーダは、1978年から1981年にかけて結婚していた。ビヨルンは、今の二人はかつてないほど親密になっていると考えています。

ビヨルンはこう説明する。

「会っているときは、より親密になっていると思う。私たちは多くのことを一緒に乗り越えてきたのです」
「何よりも、このプロジェクトのようなことをやり遂げられるという事実、そして人々がまだ私たちを関連性のある存在として見ていて、私たちの音楽を聴いているということは、私たち4人が、とてもとても特別な絆以外の言葉で表せないようなものを持っているということなんだ」。

昨年、40年ぶりとなるアルバム『ヴォヤージ』をリリースし、1位を獲得してファンに衝撃を与えたグループ。

しかし、世界中の何百万人ものフォロワーにとって痛手であることは間違いないが、彼はこのアルバムが彼らがリリースする最後の音楽であると主張している。

「そういうことをすると、人々がどう受け止めるかわからないんだ」とビヨルンは言う。

「あのアルバムをリリースしたのは、そんな誇りをもってのことだったんだ」
「ABBAの音楽はもうないと思う。あれは間違いなく私たちの最後のアルバムだったと思う」。

最新鋭のABBA Voyageショーでは、全盛期の姿をしたデジタル版のグループが、3,000人の観客の前で最大のヒット曲を披露する予定です。

このプロジェクトは5年の歳月を経て完成したもので、ホログラムの技術はこのプロジェクトには古すぎると判断され、失敗しました。

そこで、世界有数の特殊効果会社であるディズニーの派生会社インダストリアル・ライト&マジックに制作を依頼したのです。

160台のカメラでABBAをあらゆる角度から撮影し、1,000人のスタッフがABBAターの制作に取り組みました。このプロジェクトを成功させるために、1,000万時間のコンピューティングが必要とされました。

「ABBA Arenaで見られるような解像度の映画はまだありません」とビヨルンは説明します。
「昨年、このプロジェクトは世界で最も大きな映画プロジェクトだと言われました」
「当初、私を魅了したのは、境界線を押し広げ、誰もやったことのないことをやるというアイデアでした」。

では、40歳も若い自分が目の前で演じているという非現実的な体験の後、彼はどう感じたのだろうか?

ビヨルンはこう語る。

「とても感動しました。等身大のABBAターが、生身のミュージシャンと一緒にステージにいるのですから、自分をつねらなければなりません。私でさえ、本当にそこにいるような気がするんです」

★VERY EMOTIONAL

「『今のは一体何だったんだ!』という反応が共通してあるようです。ジョーズが地面に落ちていた。これは、音楽、感情、幻想が美しい質感で何層にも重なっているのです」。

20曲のセットからどのヒット曲を外すか。

ビヨルンは苦笑する。

「簡単じゃなかったよ。私たち4人の間で、何度もやり取りがあったんだ」
「好きな曲も違うし。時間がかかったけど、最終的にダイナミックでいいものに仕上がった。でも、もしツアーに出ていたら、こんな風に演奏していたかもしれないね」。

カイリー・ミノーグやサー・エルトン・ジョンなどのスーパースターが、明日のワールドプレミアのためにロンドンにやってくる予定だが、ビヨルンはABBAがトレンドになる可能性があると見ている。

「多くの有名人が来るでしょう。私と同世代の人たち、あるいは私と同年代の人たちが来て見て、『彼らは一体何をしたのだろう』と思うことでしょう。これは私のためのものなのだろうか?」。

ビヨルンは、ショーが始まった後も、技術に頼って足を休めることはないだろう。

引退後のことを考えると、彼は笑いながらこう言った。

「庭で陶芸でもしていた方がいいでしょうか?いいえ、結構です。私はソングライターであり、何よりもまず音楽起業家であり、ブーツを履いたまま死ぬでしょう」
「ベニーと私は、何らかの形で、もう少し曲を書いてみたいと思っています。私たちの中にはもっとたくさんのものがあると思うんです。他の人たちや他のプロジェクトのために書くことができるんだ」。

『マンマ・ミーア!3』は、特にビヨルンが思い通りにやるなら、そのようなプロジェクトのひとつにはなりそうもない。

メリル・ストリープとジュリー・ウォルターズ主演の第1作目は、2008年に公開され、大ヒットとなった。シェールを主人公にした続編『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』が2018年に公開された。

昨年の9枚目のアルバム発売後、アマンダ・セイフライドは新曲が別の映画のサウンドトラックになる可能性を示唆した。しかし、ビヨルンは「『マンマ・ミーア!3』はないと思う」と言う。

「前にも間違ったことがあったんだ」
「誰かが私たちが我慢できないようなアイデアを思いついて、またそれを実行する……かもしれない。でも、そんなことはないと思う」。

https://www.thesun.co.uk/tvandshowbiz/18675106/abba-never-perform-live-again-voyage/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。