ABBA VOYAGE「史上最高のポップミュージックの数々を讃える感動的な作品」レビュー

ポップスの未来を見たような気がする……そしてそれは、奇妙なほど過去のものに似ている。

40年の時を経て、ABBAがステージに戻ってきた。1983年に活動停止したときよりも若く、すらりとしたグラマラスな姿である。

マルチメディアを駆使したCGIによる超大作で、スウェーデンのスーパーグループABBAは、ロンドンのオリンピックパークにある専用のアバ・アリーナで、ファンが通路で踊り、ステージにさえ立っていないミュージシャンにスタンディングオベーションを送るという、エンターテインメント大作でオープニングを飾ったのである。

75歳のピアニスト、ベニーは、(でも)30歳にもとても見えない。しかし「これが本当の私だ。これが本当の私だ」とベニーは言い張った。「実際、私はこんなにいい顔をしているんだ」。ポップスがこれほどまでに実存的な混乱を招くとは思えないが、幸いなことに、この最新鋭のショーを楽しむのに量子物理学の学位は必要ないだろう。

ABBA VOYAGEは「コンサート体験」と銘打たれており、10人の生演奏家をバックに、4人のバンドメンバーをコンピューターで再現した95分、20曲のセットになっている。スター・ウォーズの特殊効果を手がけたインダストリアル・ライト&マジック社のデジタル・ウィザード1000人が参加し、160台のカメラと10億時間の計算機を駆使して、いわゆる「ABBAター」を作り上げたのである。

3,000人収容の会場には、291のスピーカー、500のムービングライト、6,500万画素のスクリーン、そして「世界最大のキネティックシステム」(意味不明)が設置されています。しかし、ダンスフロアにいるファンにとって本当に重要なことは、それがマダム・タッソーのテーマパークの模造品ではなく、ABBAのショーのように見え、聞こえ、感じられるかどうかということです。これはギグなのか、それともディズニーの乗り物を飛び越えたものなのか?

それは、まるで伝説のスーパースターを間近に見ているかのような、心躍るハイテクの祭典なのです…ただし、異次元のバーチャル宇宙船の中ですが…。

私の2列後ろの席には、スウェーデンの国王と女王が、筋金入りのファンに見えるような王室仕様の衣装で座っていた。カイリー・ミノーグとソフィー・エリス・ベクスターが宗教的な啓示を受けているように見えたので、彼らが派手な動きをしたかどうかはわからないが、「ダンシング・クイーン」では立ち上がりさえした。

一方、キーラ・ナイトレイは、音楽家の夫であるクラクソンズのジェームス・ライトン(バンドリーダー)を中心に、ABBAのアレンジを見事に再現する才能あふれる若いバンドをステージ脇で陰ながら見守っているようでした。ロンドン市長のサディク・カーンも登場し、動きはなかったが、とても楽しそうだった。

そうだろう。事実上、このイベントは、史上最も高揚感のあるポップミュージックを、骨を震わせるほどの音量で鳴らすための素晴らしい口実なのだ。最初は等身大のABBAターが魔法のように現れ、まるで本物のバンドのライブを観ているかのようでしたが、次第にファンタジーになり、巨大なアグネタとフリーダがスーパーヒーローのコスプレで観客の上に立ち、彼女たちと同年代の女性が牽引するようなアスレチックハイキックを繰り広げました。

このようなトリックを自分たちのライブでどうやったら再現できるだろうかと、今のポップス界のスーパースターたちが羨望の眼差しを向けるような、映画のような演出が施されている。しかし、実際のところ、これほど壮大なことを成し遂げるのは、どのバンドにとっても不可能なことだろう。それよりも印象的だったのは、このショーが純粋に個性とつながりを生み出していることだ。正直なところ、現在行なわれているDua Lipaのツアーよりもフレンドリーで親密な感じがした。

最後に、生身の人間である七十歳のスーパースターが一瞬だけ登場し、拍手を浴びたが、急に弱々しくなり、少し崩れて、明らかに本物らしく見えた。それとも、多元的な宇宙がそうさせるのだろうか?

ABBA VOYAGEは素晴らしいし、お薦めだ。でも、やっぱり不安になる。いつか、気をつけないと、すべてのライブがこうなってしまう。

https://www.telegraph.co.uk/music/what-to-listen-to/abba-voyage-review-mind-blowing-celebration-greatest-pop-music/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。