ABBA Voyageのクリエイターが語る、ショー制作の経緯と今後の展開

ABBAの新しいライブ体験『ABBA Voyage」の制作チームがNMEの取材に応じ、制作の経緯やショーとバンドの次の展開について語りました。

今週初め、イーストロンドンのストラットフォードにある専用のABBAアリーナで初演され、ファンから歓喜の声が上がったこの野心的な作品は、「デジタル」バージョンのABBA(または「ABBAtars」)が10人のライブバンド(クラクソンズのジェームズ・ライトンによる協力)と共にパフォーマンスを行なうものです。

ABBAとともにショーに取り組んだのは、Jay-ZとBeyoncéのOn the RunツアーをプロデュースしたSvana Gisla、振付師のWayne McGregor、Johan Renck(デヴィッド・ボウイの「ブラックスター」と「Lazarus」のビデオ監督)です。また、プロデューサーのルドヴィグ・アンダーソン(ABBAのベニー・アンダーソンの息子で、「And Then We Danced」、Yung Leanの「In My Head」、『マンマ・ミーア!』のプロデューサー)は、『ヒア・ウィー・ゴー』も制作しています。

「想像できるように、私たちはこのために非常に多くの研究と開発を行ないました」とGislaはレッドカーペットからNMEに語った。「私たちは、これが何であるかを理解するために2年間を費やしました。哲学的な側面にも多くの時間を費やした。これは単なるテクノロジーではなく、感情に関するものです。ABBAとその音楽の核心を理解し、それを2022年にどう伝えるかを考えたのです」

「この多くは抑制についてです。テクノロジーやあらゆるものが手に入るようになると、自制心を働かせることになります。音楽が指針となるのです」。

ギスラは、このコンサートには「音楽以外にノスタルジックなものはない」と言い、全体のアプローチは非常に先進的であると述べた。

「ABBAは1979年当時と同じように見えるが、彼らは今と未来にしっかりと根ざしている。他のすべては可能な限り前進しているのです」

「今まで見たことのないものをたくさん見ることができるはずです。アリーナの中にいるような感覚は独特で、とても没入感があります。この言葉はよく使われますが、中に入ってみると、没入型環境の能力を十分に実感できるはずです。嵐の目の中にいるようなものです」。

ショーの開催期間について尋ねると、ギスラはこう答えました。

「縁起でもないですが、もしこれが成功すれば、数年間はここにいられると思います。アリーナは移動可能で、不要になったら荷造りして出て行くことができます」

「私たちは、本当に特別なものを作ったと思っているので、観客が私たちに少し残ってほしいと願っています」。

一方、ディレクターのベイリー・ウォルシュは、自分の頭の中にある「夢」が、ついに舞台の上で観客の目に触れることになったのは超現実的だと語った。ウォルシュは、ファンが見るのは「ホログラム」ではなく、まったく別のものだと厳しく否定した。

「私たちはABBAを5週間かけて撮影したのです」

「ウェイン・マクレガーが、彼らの動きを若い身体(私たちの替え玉)に拡大し、私たちはそれらのパフォーマンスを一緒に混ぜ合わせました。そして、私たちの2022年のABBAができあがったのです」
「毎日が感動的でした。毎日、スタジオにたくさんの人がいて、まるでNASAのようでしたが、ほとんどの日はスタジオ全体が涙を流していました。本当に並外れたことだった」。

このプロジェクトのために、なぜ自分たちの会場を作る必要があったのかと聞かれたWalsh氏は、コンセプトの野心に見合うようにするために必要だったのだと答えています。

「このプロジェクトに対するABBAの野望は美しいもので、金儲けのためというよりは、むしろ創造的な野望でした」

「アリーナの建設は、その一環にすぎません。会場から会場へ移動することもなく、オーダーメイドだから、より多くの照明を使うことができる。この建物を中心にショーをデザインすることができるんだ」。

ロンドンでどれくらいの期間、ショーを開催するかについては、こう語っています。

「それはファン次第です。長い長い間、目的地であることを望みます」。

このコンセプトは、他のベテランアーティストにも真似される可能性があると言われていますが、ウォルシュは、そう簡単には真似できないかもしれないと語っています。

「ABBAは、このプロジェクトにとても深く関わっている」

「彼らはこのコンセプトの中心であり、魂なんだ。ABBAのようなバンドはそう多くはないだろう。死後のショーでは、同じような感覚は得られないだろう。ファンはABBAが関わっていること、そしてこれが皮肉な運動ではないことを知っている。これはABBAなんだ」。

振付師のウェイン・マクレガーもこれに同意し、ポップアイコンのダンスと動きを捉えるために何が行なわれたかを詳しく説明した。
「私たちは、映画で見たことがあるようなモーションキャプチャーと呼ばれるプロセスを使っているんだ」と彼は言いました。「この小さなドットを使って、あなたの体から計算を取り出します。この0と1をすべてコンピュータに取り込み、ABBAターを作るのです。これは長いプロセスです。あなたの本質をとらえ、そのうえで本当に努力しなければならないのです」
「ABBAのダンスはあえて見せませんが、彼らからダンスを学びました。ただ、しばらくパフォーマンスをしていなかった彼らに、自分らしさを取り戻させ、パフォーマンスのエネルギーを取り戻させたかったのです。そして、70年代の素晴らしい肉体を数学に変換し、その2つを組み合わせる方法を見つけるために、ボディダブルと一緒に仕事をしなければなりませんでした」。

バンドが自分の前で演奏し歌う、その数週間を楽しんでいるマクレガーは、一緒に過ごす時間を「完璧」だと表現した。

「あの素晴らしいパフォーマーたちが、自分の目の前で彼らの全カタログを歌ってくれるなんて、正気の沙汰とは思えないよ」

「彼らはとても大胆で、勇敢で、夢中でした。本当にエキサイティングだった。ABBAを何度も見ることができるこのレガシープロジェクトは、どれほど素晴らしいことでしょうか。劇場であり、パフォーマンスであり、コンサートであり、他にはないものです。本当に音楽の中にいるような感覚になり、それは素晴らしいことです」。

さらに、「このショーでは、テクノロジーが感情と結び付き、曲の感情を直接あなたの中に運んできます。観客が実際に会場に来て、見ながら踊ることができるのがいい。毎週金曜日の夜には、また戻ってくるよ!」 とコメントしています。

共同エグゼクティブ・プロデューサーのレンクは、ボウイと仕事をするというバケットリストのプロジェクトの中で、ABBAと仕事をした経験をランク付けしたが、「非常に異なる能力で」だと語った。

「私の生い立ちはすべて音楽に関するものでした」と彼はNMEに語っています。「私という存在はすべて、何らかの形で音楽なんだ。7歳か8歳の時に母親が車の中でABBAを演奏していたことから、今ここにいるまでの人生の旅は、かなり充実したものだろう?」と語った。

彼はショーそのものの詳細については口をつぐんだまま、こう言った。「ただ来て目撃していただくのが良いので、何もお話しするつもりはありません。いろんな意味でとてもユニークな体験ができるんだ。ABBAのファンであろうとなかろうとね」
「”体験 “という言葉を多用していますが、今まで行なったことのない場所に連れて行ってくれるんです」。

また、チームそれぞれに、これが本当にABBAの見納めになる可能性があると感じているのか聞いてみました。

「これが最後だと思う」とGislaは答えた。「でも、彼らは以前にもそう言っていた。私はこれが最後だと思う。作るのにかなりの時間がかかったし、我々も彼らも大変だった」 と。

ウォルシュはまた、ABBAが再び何かのプロジェクトで再結成することは「ないと思う」と述べ、レンクは「誰にもわからないよ。この4人のうち何人かは、どんな形であれ、終着駅とは思っていないはずだ。ベニーは音楽で、それが彼の人生であり、呼吸であり、毎日やっていることなんだ。それは決してやめることはない。どんなイテレーションが出てくるか、それは誰にもわからない。でも、どんな句読点もないと思う」。

AABBAのメンバー4人もレッドカーペットでNMEの取材に応じ、再結成の経験やバンドの今後の展望について語った。

このコンサートはバンドからの餞別なのか、という質問に対して、ビヨルンはこう答えている。「これがそうだと思う。そう言うのは悲しいけど、でもまた、いつでも取り戻せるんだろう?だから、答えはイエスかもしれないし、ノーかもしれない」。

一方、ベニーはジョークを飛ばしました。

「これは、あなたが見ることになるもので、あなたが得ることになるものです。それから家に帰って寝よう」と。

ABBA Voyageの5つ星レビューで、NMEはこう結論付けている。「年齢を重ねたロッカーやポッパーはこのアイデアを真似るに違いないが、ABBA Voyageの体験に近づくのは至難の業だろう。私たちは、これらの曲をまったく新しい喜びのある方法で私たちに返してくれるのであれば、新しいABBAtarの支配者を歓迎する」。

ABBA Voyage’s creators tell us how they made the show, and what’s next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。