ABBA VOYAGEショーの舞台裏と、その見事な視覚効果に迫る

私はアグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダが特注のABBAアリーナのステージ床からスポットライトを浴び、歓声に包まれる姿を最初に、幸運にも目にすることができました。

その光景の瞬間に忘れがちなのは、私が見つめているABBAのメンバーが本物ではないということだ。もちろん、この有名な4人が70年代のスパンコールのついた服を着て、ずっと若い頃の自分に似ていることを考えれば、それは体感的に明らかだ。

しかし、スウェーデンの伝説的ポップミュージシャンがABBAターの形で不滅の存在であることを知りながらも、そのリアルさを無視することはできない。

例えば、スパンコールに光が当たって輝く様子や、流れるような髪の動き、ステージを上下する特徴的なシンプルなダンスなど、ちょっとしたディテールが、有名な4人が実際にはこの部屋にいないことを常に意識させるのです。

90分のショーは、新旧のABBAファンにとって、未来的な驚きとノスタルジックなタイムカプセルのようなものです。待望の再演は、196公演のレジデンスの幕開けであるだけでなく、不滅の音楽における最新技術の進歩と、驚くべき視覚効果の偉業を披露するものです。

しかし、それはどのように行なわれるのでしょうか?

◆映像のトリック
これはホログラムではありません。平面スクリーンに映し出された3次元のABBAターなのだそうです。

このABBAターを作ったのは、スターウォーズの生みの親であるジョージ・ルーカスが設立し、ジュラシックパークやマーベル映画などの特殊効果を手がけるインダストリアル・ライト&マジック(ILM)社です。

ILMのチームは、約1,000人の視覚効果アーティストがABBAのショーを担当し、最先端のモーションキャプチャ技術とパフォーマンス技術によって、何カ月もかけてバンドのデジタル版を丹念に作り上げました。

各メンバーが演奏し、モーションキャプチャースーツを着たまま、200台のカメラで数十の角度から録画されるのに数百時間が費やされました。

「ご想像のとおり、コンサートの間、一貫して演奏できるリアルなデジタルヒューマンを作るのは、今でも非常に複雑で時間のかかるプロセスです」と、クリエイティブディレクターのBen Morris氏は言います。
「まず、3Dスキャンデータに基づいて、それぞれの『現在』のABBAの顔の非常に正確な静止モデルを構築します。このモデルの多くは、チューリッヒにあるディズニーリサーチスタジオの同僚と共同で開発されたものです」

「この最初の手続き的ステップに続いて、私たちのグローバルなアニメーターチームが最終的なディテールを磨き上げ、各楽曲の全期間にわたる一貫性を確保します」と述べています。

70代になると、30代の頃のようには踊れなくなるのはよく知られている。そのため、高度な訓練を受けた若いパフォーマーたちが、ABBAターの身体的要求の高いダイナミックな動きを取り込み、パフォーマンスを提供することになったのです。

「これらのプロセスと並行して、私たちは入手可能なあらゆるアーカイブ資料を使って、若いデジタルアバの顔と体を作り始めました」とモリスは付け加えます。
「難しいのは、現在のパフォーマーの顔や体の動きを、若いデジタルABBAターに移植するときです。もし、パフォーマンスの対応関係を正確に合わせないと、アバターが一瞬でモデルから外れてしまうので、それを避けることが目的でした」。

「さらに、これまでで最も複雑なデジタルコスチュームも作成した。デジタル衣装担当者は、数え切れないほどのクチュール衣装を丹念に再現しました。これらはすべて、このプロジェクトのために数々の有名デザイン事務所がデザインした本物の衣装をベースにしています」とMorrisは言います。
「縫い目やスパンコールの一つひとつを細部まで正確に再現し、コンピューターで何度もシミュレーションして、生身のパフォーマーと同じように体の動きに正確に反応するようにしました」。

その結果、10人の生バンドと一緒にステージで演奏する4人の等身大の3D映像が、まるで生身のABBAであるかのような説得力を持つようになったのです。

◆アリーナ効果
ABBAのデジタル・ツインがステージ上で見られるだけではありません。例えば、超大型のキネティック・システムは、動く鏡、レーザー、照明を制御しています。オーディオシステムは、客席に設置された291個のスピーカーで、完全にあなたを包み込みます。

このショーの本質は、最終的に物理的なものとデジタルを統合することですが、このプロダクションのユニークな点は、ショーの物理的なもの(照明や特殊効果)を事前に設計しなければならないことです。

これは、ILMが個々の楽器を撮影し、その色温度と実際の光源やレーザー源、その他の効果を再現し、その後、デジタルの世界でそれを作成するためです。その目的は、一方が他方に溶け込み、ABBAターが同じ身体性で演奏しているように見えるようにすることです。

Peek behind the scenes of the Abba Voyage show and its stunning visual effects

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。