ABBA VOYAGE コンサートがいいかどうかは、あなた自身が実際に観てみないとわからない!?

ABBA VOYAGEのバーチャル・コンサートは、実際に観みないとわからない。

ABBAの4人のメンバーが14年ぶりに公の場に姿を現し、ロンドンで行なわれたABBA VOYAGEのプレミア公演に出席しました。

アグネタ、フリーダ、ベニー、ビヨルンの4人は、デジタル版ABBAコンサートの初日に再集結しました。

フリーダは満面の笑みでショーを見守り、ベニーは立ち上がって「ダンシング・クイーン」に合わせて手拍子をしました。

最後はカーテンコールで、観客の耳をつんざくような拍手を浴びました。

「ABBAは、私の心の中で、私たちを決して置き去りにしません」と、アグネタはレッドカーペットでBBCに語りました。

「音楽は私たちの一部ですから、(再結成は)それほど難しい決断ではありませんでした」とフリーダは付け加えました。「私たちは自分たちの音楽を愛し、歌うことを愛しているのです」。

この発表の夜には、カイリー・ミノーグ、ソフィー・エリス・ベクスター、ジャーヴィス・コッカー、キーラ・ナイトレイなど、多くの音楽界のスターが出席しました。

スウェーデンのカール16世グスタフ国王とシルヴィア夫人も出席し、本物のダンシング・クイーンが出席したことになります。

このコンサート制作は2016年から行なわれており、1970年代の全盛期のABBAの姿を再現し、「SOS」「ヴーレ・ヴー」「レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー」などのヒット曲を演奏する画期的な新技術を搭載しています。

このスペクタクルを作るために、バンドは5週間にわたりモーションキャプチャースーツを着てパフォーマンスを行ない、160台のカメラで体の動きや顔の表情をスキャンしました。

この映像は、何百人ものアニメーターや視覚効果アーティストが、全盛期のアバターを作るための参考資料となったのです。

『ABBAター』という愛称で親しまれているこのキャラクターは、3Dホログラムではないと、制作に携わった誰もが口を揃えて言う。

プロデューサーのBaillie Walshは昨年、Dazed誌に「ホログラムのショーが成功したとは思えない」と語った。「5分もすれば、それほど面白いとは思えない」と。

その代わり、キャラクターは6500万画素の巨大なスクリーンに現れ、照明やその他の効果によって、デジタル要素とアリーナの「現実世界」との境界を曖昧にするのである。

プロデューサーのSvana Gisla氏は、BBCの取材に対し、「私たちは感情を引っ張りたいのです」

「もし、あなたがここから出てきて、視覚的なスペクタクルを見たように感じたら、私たちは失敗したことになります。もしあなたがここから出てきて、笑って、泣いて、早く戻りたいって思ってくれたら、それが私たちの望みよ」と語っています。

私はショーの前にこの技術について皮肉を言っていたのですが、その効果は不思議なほどリアルでした。実際に観てみないとわからないというのが率直な感想です。

コンサートが始まると、カルテットはステージの下からライザーで “出現 “し、1981年にリリースされたアルバムのタイトルトラックである「ザ・ヴィジターズ」の不気味なエレクトリックサイコドラマへと突入します。

ベニーとビヨルンがピアノとギターを弾きながら、赤と青の羽のついたカチューシャをつけた孔雀のようなアグネタとフリーダがステージ上をくるくる回る。

モーションキャプチャーの撮影当時、メンバーは70歳代でしたが、ロイヤル・バレエ団専属の振付師ウェイン・マクレガーが若い頃の動きを再現するために協力したそうです。

アグネタとフリーダは、”贅沢な歩き方 “とでも言うべき、家庭的なダンスを披露し、一目でそれとわかると同時に、胸が痛むほどノスタルジックな気持ちにさせてくれます。

バーチャルなABBAはステージ中央に限定されるが、床から天井まで広がる壮大な光のショーが推進力のあるダイナミズムを演出している。バンドは日食の太陽を背景に「チキチータ」を演奏し、「ギミー!ギミー!ギミー!」では脈打つレーザー光線に包まれます。

ABBAターが “不気味の谷 “効果を発揮する大スクリーンから目を離さない限り、42年前にロンドンのウェンブリー・アリーナで行なわれたバンド最後のUK公演に戻ったような気分になります(もう一回見るとすべてを忘れてしまう、という表現がありますね)。

ベニーはABBAターのすべてがデジタルトリックを認めています。「為せば成る為さねばならぬ、それはもはや問題ではない」。

「これが本当の私です」と言い、観客の笑いを誘います。「私はこの歳にしては、とてもいい顔をしている 」とベニーは語ります。

「マンマ・ミーア」や「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」などの名曲から、「イーグル」や優しい「ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン」といった意外な名曲まで、多彩なABBA楽曲をミックスしたセットで、緻密に練られた10人の生バンドが音楽を盛り上げる。

また、1974年のユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝したABBAの映像が流れ、「恋のウォータールー」では観客から「アッ」という声が聞こえます。

しかし、「きらめきの序曲」「スーパー・トゥルーパー」「マネー、マネー、マネー」など、歴史のゴミ箱に捨てられた曲もあり、意外なギャップもある。

しかし、ABBAは再来場を促すために、現在のショーに登場する曲よりも多くの曲を録音していたようだ。

しかし、この先どうなるかはともかく、初日の観客は、有名人や筋金入りのファンクラブ会員で、絶句していた。

「ポップスターのザラ・ラーションは、ショーの後、BBCにこう語った。「私は4回泣きました。あんなに感じるとは思わなかった」
「全盛期の彼らを体験しているような気がして、とても感動しました」。

振付師のレズ・チャイルドも「地球外の、並外れた、素晴らしい展示会だった」と同意しています。「彼らは素晴らしい仕事をした」。

このショーのためにベルリンから来たというHanna Rossmanは、「ABBAと一緒に夜を過ごしたような気がした」と付け加えました。「そして、一番のハイライトは、彼らが最後にステージに登場したことです」。

しかし、その時点で、コンサートは彼らが言うべきことをすべて語っていたのである。

ロンドン東部にある専用のアリーナで行なわれるこの公演は、現在2022年12月まで開催される予定だ。その後、スウェーデンの真のスタイルとして、会場をフラットパックに折りたたんで移動することができる。

1983年の活動停止後、二度とツアーをしないと誓ったABBAにとって、これは完璧なソリューションです。

しかし、スターウォーズのVFXを手がけたインダストリアル・ライト&マジック社が開発したこの新技術は、彼らを再びライブの舞台へと誘うことになったのです。

「家で犬の散歩をしながら、あるいはカルボナーラを作りながら、1〜2時間、ステージで演奏できるなんて。それがすべての始まりです」。ベニーは昨年、BBCの取材にこう答えています。私たちはそのことに興味を持ちました。

そして、誰も見たことがないような壮大なものを作るというビジョンは付け加えました。「(このショーを)開いた後、生きているうちに同じことをしたいと思う人が一人や二人いるかもしれないと思うんだよね」。

では、このコンサートは世界中のABBAアリーナで再現されるのでしょうか?

ベニーは、「それはすべて、場合による」と言った。「ロンドンでどうなるか。すべてはロンドン次第だ」
「でもロンドンで成功すれば、続けられるでしょう。そう、お客さんが来てくれないなら、閉めればいいだけだ」。

今夜の証拠に、ショーは続行されます。

https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-61592104

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。