ABBA VOYAGE ABBAが14年ぶりに公の場に登場、コンサート初演のレッドカーペット

ABBAのメンバー4人が昨夜(5月26日)、ロンドンで行なわれたABBA VOYAGEのプレミアのレッドカーペットに登場し、14年ぶりに揃って公の場に姿を現した。


アグネタ、ビヨルン、ベニー、そしてフリーダは、ミュージシャンのABBAターが演じるショーの打ち上げのために再集結しました。

「私は何年も前からこれを夢見ていました」と、フリーダはレッドカーペットでBBCに語っています。

「私たちは自分たちの音楽を愛し、歌うことが大好きなのです」。

報道によると、ベニーは1976年のヒット曲「ダンシング・クイーン」に合わせて立ち上がり、手拍子をしたそうです。

ショーの終わりに4人組は全員ステージに上がり、ケイト・モス、ジャーヴィス・コッカー、カイリー・ミノーグなどの有名人を含む観客から万雷の拍手を浴びせられました。

196公演のコンサート・レジデンスは、ロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークに新設されたABBAアリーナで開催されています。

ABBAのデジタルABBAターは、1970年代の全盛期のスターを体現し、クラクソンズのジェームズ・ライトンによって編成された実在の人間バンドをバックに、22曲のベストヒット曲を演奏します。

このショーは、昨年11月にリリースされた彼らの40年ぶりの新曲となるアルバム『Voyage』のリリースを受けたものです。

https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/news/abba-voyage-reunite-red-carpet-b2088704.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。